至極のサスペンス『トレイン・ミッション』邦題&公開日決定


映画情報どっとこむ ralph 始発駅から終着駅までの105分。いつもの通勤電車で、定年間近でリストラされた男に突如降りかかる、逃げ場なしの危険な罠。

「100人の乗客から1人を捜し出せ。報酬は10万ドル。」

1月12日より全米公開され、初登場作品中No.1を獲得。巨匠スティーヴン・キングをして、「傑作!!ヒッチ・コックとアガサ・クリスティが交錯したような至極のサスペンス」(※1月14日Twitterより)と言わしめた本作。日本でも期待の声が高まる中、この度、『トレイン・ミッション』の邦題で、3月30日(金)より全国公開することが決定しました!

映画情報どっとこむ ralph 10年間勤めてきた保険会社を、60歳で突如リストラされたマイケル(リーアム)。

途方に暮れながら帰路についた彼の前に見知らぬ女が座り、乗客の中から〈ある人物〉を探し出せば、10万ドル支払うと持ちかける。ヒントはわずか3つ。マイケルは100人の乗客から1人を特定するのは無理だと諦めかけるが、妻と息子の命が危ないと脅され、元警官のスキルを駆使して“捜査”を始める。やがて〈ある人物〉に関する機密情報が明かされ、物語は壮大な陰謀へと疾走していく。終点というタイムリミットが迫るなか、絶対絶命の窮地に陥った彼は、標的を見つけ出すことができるのか?果たして、この謎≪ミッション≫に隠された真の目的とは。

公開されたポスタービジュアルでは、


「この謎が、解けるか?」という挑戦的なキャッチコピーが掲げられ、伏線と思わしきワードが散りばめられる。駅のホームに立ちすくむマイケル(ニーソン)の鬼気迫る表情からは、ただならぬ緊迫感が漂い、課せられた謎≪ミッション≫が一筋縄ではいかないことを暗示させる。

爆炎に包まれる通勤電車の中、頭脳と肉体を限界まで駆使して挑む、マイケルの壮絶な戦いの行方に期待が高まるばかりだ。

通勤電車という“日常の空間”が突如“危険な罠”へと変わる、始点から終点までのリアルタイム・サスペンス、遂に日本上陸!

トレイン・ミッション

は、3月30日(金)TOHOシネマズ 日比谷 他 全国ロードショー。

映画情報どっとこむ ralph
STORY
10年間勤めてきた保険会社を、60歳で突如リストラされたマイケル。いつもの通勤電車で帰路につき、常連客に挨拶しながらも、頭の中は住宅ローンと息子の学費のことでいっぱいだ。そんな彼の前に見知らぬ女が座り、「乗客の中から、ある重要な荷物を持った人物を捜して欲しい」と持ちかける。ヒントは3つ。常連客ではなく、終着駅で降りる、プリンと名乗る乗客。高額な報酬に抗えず、元警官の経験を生かし捜し始めるが、次から次へと襲いくる罠、深まる謎、さらには、妻と息子が人質に取られたことを知る。やがて、プリンが国家をも揺るがす重大事件の目撃者であることを突き止め、ようやく6人にまで絞り込んだ時、巧妙に仕組まれていた恐るべき陰謀が明かされる。

***********************************

監督:ジャウマ・コレット=セラ『ロスト・バケーション』
出演:リーアム・ニーソン『96時間』シリーズ/ヴェラ・ファーミガ『ディパーテッド』/パトリック・ウィルソン『オペラ座の怪人』/サム・ニール『マイティ・ソー バトルロイヤル』/エリザベス・マクガヴァン『タイタンの戦い』/ジョナサン・バンクス『ビバリーヒルズ・コップ』/フローレンス・ピュー
提供:ポニーキャニオン・ギャガ
配給:ギャガ(GAGAロゴ)
関連記事:


良かったらランキングUPにご協力ください。
にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へにほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ