二階堂ふみ、吉沢亮『リバーズ・エッジ』がベルリン国際映画祭パノラマ部門のオープニング作品に!


映画情報どっとこむ ralph 生きることにもがく若者たちの姿を鮮烈に描く、行定勲監督、二階堂ふみ、吉沢亮ら人気と実力兼ね備えた若手俳優たちが出演する衝撃の青春映画『リバーズ・エッジ』。

世界三大映画祭のひとつであるベルリン国際映画祭のパノラマ部門のオープニング作品として、今年のベルリン国際映画祭の開幕を飾ることが発表となりました。
ベルリン国際映画祭は今年で68回目を迎える歴史と伝統ある映画祭で、パノラマ部門は世界中から良質の作品を幅広いジャンルで集めた部門。

このオープニングに邦画が選出されるのは、2007年の山田洋次監督『武士の一分』以来。

行定監督は2010年に『パレード』で、第60回ベルリン国際映画祭国際批評家連盟賞を受賞。昨年も『ジムノペディに乱れる』(16)が批評家週間に出品されるなど、今回で5 度目の選出となり、最新作の『リバーズ・エッジ』も注目を集めることが予想されます。

映画情報どっとこむ ralph これにあわせて、行定勲監督と主演の二階堂ふみ、吉沢亮が、映画祭の主会場のレッドカーペットに登場することが決定!

歴代のスターたちが踏みしめてきた歴史あるレッドカーペットの開幕を二階堂、吉沢らが華やかに彩ることになる。『リバーズ・エッジ』はレッドカーペット後にCINEMAXでオープニング上映となり、二階堂らはQ&Aにも参加する予定。


今年のベルリン国際映画祭では、「RADWIMPS」の野田洋次郎や夏木マリ、村上虹郎、渡辺謙ら日本人キャストも多数参加するウェス・アンダーソン監督による『犬ヶ島』が映画祭自体のオープニングを飾り、同じパノラマ部門には黒沢清監督の『予兆散歩する侵略者 劇場版』が正式出品されることも発表されている。

映画『リバーズ・エッジ

は、2月16日(金)より全国ロードショーです。

movie-riversedge.jp

***********************************

出演:二階堂ふみ 吉沢亮  上杉柊平 SUMIRE 土居志央梨  森川葵
監督:行定勲
脚本:瀬戸山 美咲
原作:岡崎京子「リバーズ・エッジ」(宝島社)
主題歌:『アルペジオ(きっと魔法のトンネルの先)』 小沢健二(ユニバーサル ミュージック)
作詞・作曲:小沢健二
© 2018「リバーズ・エッジ」製作委員会/岡崎京子・宝島社  
関連記事:


良かったらランキングUPにご協力ください。
にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へにほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ