映画「星めぐりの町」豊田市先行上映舞台挨拶 小林稔侍+黒土三男監督が登壇


映画情報どっとこむ ralph 小林稔侍が76歳にして初主演した愛知県豊田市が舞台の映画「星めぐりの町」が、1月27日の全国公開に先駆け、1月20日(土)、イオンシネマ豊田KiTARA、ミッドランドスクエアシネマ、トヨタグランドの3館で先行公開を迎えました。

そして!

撮影地となった豊田市のイオンシネマ豊田KiTARAで、主演の小林稔侍と黒土三男監督が舞台挨拶を行いました。


日時:1月20日(土)
場所:イオンシネマ豊田KiTARA
登壇:小林稔侍、黒土三男監督

映画情報どっとこむ ralph 昨年の4月、豊田市全域でロケ撮影を行った映画「星めぐりの町」。豊田スタジアムでの撮影をはじめ、通行人やお店のお客さん、消防団など、様々なシーンで500人以上の市民の皆様がエキストラとして参加。と、言うことで、本日は撮影当時を思い出していただくために、主演の小林稔侍さんが劇中の衣装で登壇し、

小林さん:タキシードは似合わなくても、ジャンパーは似合うんですよね。

と観客の笑いを誘った。

初主演の初日とあって、かなり緊張した面持ちの小林さんだったが、感想を聞かれると、力強く

小林さん:嬉しい! 嬉しいです!本当に嬉しい!

と心の叫びと感謝の気持ちを豊田市民に伝え、観客も感動する場面があった。そして「蝉しぐれ」から13年ぶりの監督作品の初日を迎え

黒土監督:本作品は多くを語らない物語です。見ていただいた人がどう思っていただけるか、ドキドキしています。

と緊張している様子をみせた。

映画情報どっとこむ ralph 本作品の魅力を聞かれ

小林さん:人と人とのめぐり逢いで人生は変わる。この映画は清々しくもあり、熱くもあり、色々な見方ができると思いますが、僕はタイプは違うけど任侠映画のように観終わって映画館を出るときのような爽快感があると思うんです。なのでこの映画を見ていただいた方に元気が出て、明日への生きる力を感じていただけたら嬉しいです。

と語った。また

監督:この人を撮りたいと思える俳優は少なくなってきたが、小林稔侍さんはずっと撮りたいと思っていた人。誠実な人柄が演技ににじみ出ていて、こういう役者は日本の誇りだと思う。そんな稔侍さんとご一緒できて本当に光栄です。

と小林さんへの尊敬と確かな信頼を感じさせるコメントしました。

映画情報どっとこむ ralph また初日を祝ってファンの方から花束をプレゼントされるサプライズもあり、会場は大いに沸いた!

映画「星めぐりの町

1月27日(土)より丸の内TOEI他全国公開

物語・・・
震災で家族を失った少年が、唯一心を開いたのは、優しい手をした豆腐屋だった。
明日を生きる勇気となる、心温まる物語。

妻を早くに亡くし、一人娘の志保と二人暮らしをする主人公の島田勇作。京都で豆腐作りの修行を積んだ勇作は、毎朝じっくりと手間と時間をかけて美味しい豆腐を作り、町の主婦や料理屋に届ける生活を続けていた。そんなある日、勇作の元に、警察官に付き添われ、東日本大震災で津波により家族全員を一瞬で失った少年・政美がやって来る。亡き妻の遠縁にあたるという政美。突然の不幸により心に傷を抱える政美を、勇作はただ静かに見守り続ける。
自然に根差した自給自足の勇作との暮らしの中で、薄皮が一枚、また一枚とはがれるように、少しずつ心を再生させていく政美。しかし勇作がひとりで配達に出ている最中、町が大きな揺れに襲われ、一人で留守番をしていた政美は震災の恐怖がよみがえり、姿を消してしまう。

***********************************

出演:小林稔侍/ 壇蜜 荒井陽太/神戸浩 六平直政/平田満/高島礼子

脚本・監督:黒土三男『蝉 しぐれ』
音楽:羽岡佳
エグゼクティブプロデュサー:岩城レイ子/プロデュサー:中尾幸男
製作:豊田市・映画「星めぐりの町」実行委員会
配給・宣伝:ファントム・フィルム
制作プロダクション:エース・
プロダクション/ケイセブン/宣伝協力:プリマステラ
(c)2018 豊田市・映画「星めぐりの町」実行委員 会/上映時間 1 時間
48 分/カラー/ビスタサイズ/5.1ch
関連記事:


良かったらランキングUPにご協力ください。
にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へにほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ