木村文洋監督最新作『息衝く(いきづく)』公開日決定 予告編&メインビジュアル解禁


映画情報どっとこむ ralph 社会と個のあり方と関わりに鋭く問題を投げかけてきた木村文洋監督『へばの』(’08)、『愛のゆくえ(仮)』(’12)最新作『息衝く(いきづく)』の公開日が2月24 日(土)に決定、ポレポレ東中野、以降 全国順次公開となります。

これを受け、予告編とメインビジュアルが解禁となりました。


映画情報どっとこむ ralph 本作は混迷する国。
宗教団体で育ったよるべなき子供たち。

20年後、彼らは失踪したカリスマ宗教家に会うために再会した。
子供の頃、見上げた空の先には何があったのか―

これはわたしたちの希望を紡ぐ「この国」の物語

と本作に対し、宗教学者:島田裕巳 さん、小説家の木村友祐さんからも本作への真摯な推薦コメントが到着しました。

島田裕巳(宗教学者)
親と子と信仰。これは、三位一体の関係にある。そんな関係が成立してしまうのも、その背景には貧しさがあり、社会 の矛盾があるからである。社会は冷酷で、その矛盾を弱者に押し付けてくる。弱者は居場所を失って、新宗教に逃 げ場を求める。 その組織は果たして、そうした矛盾から人を救い出してくれるのだろうか。 それは、映画が提起する重要な課題だ。

木村友祐(小説家)
息衝く』を観ながら、おれはこんな小説が書きたかったんだと全身がざわつき、高ぶり、軽い嫉妬をおぼえていた。 息ができない現代日本の空気感を生々しくとらえながら、それでも〝まっとうさ〟を希求する本作の純真なたたずま いに、胸打たれずにはいられない。

映画情報どっとこむ ralph 『息衝く』
物語・・・
3.11、数年後の夏を迎える、東京。参議院選挙が始まろうとしていた。この国にとって幾度目か、そして則夫、 大和にとって―果たして幾度目の「忙しい夏」なのか。彼らはカリスマ・森山の失踪後、久しくして“種子の会”選挙に呼び 戻される。「原発廃炉が争点となるか」、その言葉を幹部との人質に交わしながら。活動に邁進する大和。一方、則夫は、幼少 期に核開発が始まった青森県・六ヶ所村に妹と父とを残してきた記憶に決着をつけられず、母・悦子との最後の時間を目前に していた。そのさなか、かつて想いを抱いていた慈と再会する―

URL: ikiduku.com


***********************************

監督:木村文洋
脚本・プロデューサー:桑原広考 中植きさら 木村文洋
脚本:杉田俊介 兼沢晋
撮影:高橋和博
撮影・照明:俵謙太
俗音:近藤崇生
助監督:遠藤晶
編集:上田茂
音楽:北村早樹子
録音・ミックス:葛西敏彦
宣伝美術:大橋祐介
宣伝・配給協 力:岩井秀世
製作・配給:team JUDAS 2017
関連記事:


良かったらランキングUPにご協力ください。
にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へにほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ