兜甲児の盟友ボスが贅沢解説!『劇場版 マジンガーZ / INFINITY』特別映像完成


映画情報どっとこむ ralph 1970年代一世を風靡した永井豪原作の巨大ロボットアニメ「マジンガーZ」が映画で超復活します!

いよいよ明日!『劇場版 マジンガーZ / INFINITY』は、2018年1月13日(土)より全国公開となります。

主人公・兜甲児の盟友ボス(CV:高木渉)が贅沢解説!
マジンガーZをよく知らないビギナーにも、優しく丁寧にマジンガーZを紹介する<だいたい3分でわかる!マジンガーZ特別映像>が完成しました。


(注意:権利関係に伴い、2018年度をもって公開を終了)

映画情報どっとこむ ralph また映像では、かつてマジンガーZと共に世界を救った、兜甲児(CV:森久保祥太郎)の盟友・ボス(CV:高木渉)を特別ゲストに迎え、ボスが「マジンガーZが戦う理由」、「マジンガーZの強さの秘密」、「マジンガーZイチオシの武器」、「なぜまたDr.ヘルと戦うのか」などなど、マジンガーZについての様々な質問を、ボス節全開で次々と答えていきます。
そしてアクションだけでなくドラマ要素も気になる「マジンガーZ」、そんな本作でも常に微妙な甲児とヒロイン・弓さやか(CV:茅野愛衣)の関係性についての質問では、「(甲児とさやかが)ラブラブ!?そんなハズねぇだろ!!(さやかは)オレの事が好きなはずだ!」と、さやかに好意を寄せるボスらしく若干嫉妬しながら解説する場面も。

TVシリーズから10年後の世界を描く本作では、マジンガーZのパイロットを辞めて研究者となった甲児と、光子力研究所の所長にまで上り詰めたさやか。二人の関係は一体どうなっているのか!?

二人の行方、そして「お正月から大暴れだわさ!!」と劇中での大活躍を期待させるボスとボスが乗り込むロボット・ボスボロットの活躍も気になるところ!
本作の劇中映像だけでなく、懐かしのTVシリーズの映像も交え、“3分でわかる!”と謳いながら、時間をオーバーする大雑把な性格のボスっぷりも全開の楽しくマジンガーZを学べる映像に仕上がりました。

映画情報どっとこむ ralph 1月13日(土)、日本が誇る伝説のロボットアニメ「マジンガーZ」の”完全復活”の瞬間、そして新たな伝説誕生の時を、是非劇場で見届けてください。

劇場版 マジンガーZ / INFINITY

2018年1月13日(土)全国ロードショー

mazinger-z.jp

物語・・・
あれから10年―。新たな運命が人類を待ち受ける。それは神にも悪魔にもなれるー

かつて悪の科学者Dr.ヘル率いる地下帝国によって滅亡の危機に瀕した人類は、兜甲児が操るスーパーロボット・マジンガーZや光子力研究所の仲間の手によって、悪の野望を阻止し、平和を取り戻した。
あれから10年-。パイロットを離れ、祖父や父のように科学者の道を歩み始めた兜甲児は富士山の地中深く埋まった超巨大構造物と謎の生命反応に遭遇する-。そして、時を同じくして現れる機械獣や宿敵Dr.ヘル。新たな出会い、新たな脅威、そして新たな運命が人類を待ち受ける。かつてのヒーロー・兜甲児の下す未来への決断とは。
再び人類の未来を託されたマジンガーZと人々の激闘を描く、壮大なアクション巨編!

***********************************

森久保祥太郎 茅野愛衣
上坂すみれ 関 俊彦 小清水亜美 花江夏樹 高木 渉 山口勝平 菊池正美
森田順平 島田 敏 塩屋浩三 田所あずさ 伊藤美来 朴璐美 藤原啓治 石塚運昇 
石丸博也 松島みのり /おかずクラブ(オカリナ・ゆいP)/ 宮迫博之

原作:永井 豪
監督:志水淳児
脚本:小沢高広(うめ) 
キャラクターデザイン:飯島弘也 
メカニックデザイン:柳瀬敬之 美術監督:氏家 誠(GREEN)
CGディレクター:中沢大樹 井野元英二(オレンジ)  
助監督:なかの★陽 川崎弘二 音楽:渡辺俊幸
オープニングテーマ「マジンガーZ」水木一郎
エンディングテーマ「The Last Letter」吉川晃司
アニメーション制作:東映アニメーション 配給:東映
©永井豪/ダイナミック企画・MZ製作委員会
    
関連記事:


良かったらランキングUPにご協力ください。
にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へにほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ