いろいろ乗り越え『オール・ザ・マネー・イン・ザ・ワールド』英アカデミー 助演男優賞ノミネート!


映画情報どっとこむ ralph アカデミー賞の前哨戦として知られる英国で最も権威のある映画賞である第71回英国アカデミー賞のノミネーションが発表され、『オール・ザ・マネー・イン・ザ・ワールド(原題)』にて、大富豪ジャン・ポール・ゲティを演じた名優クリストファー・プラマーが、助演男優賞にノミネートされました。

セクハラ問題により降板したケヴィン・スペイシーのピンチヒッターとして急遽代役で演じたにもかかわらず、見事乗り切り、アカデミー賞有力俳優に上り詰め、まさに映画俳優としての実力を見せつける形となりました。


映画情報どっとこむ ralph “世界中のすべての金を手にした”と言われた大富豪ジャン・ポール・ゲティ(C・プラマー)。

愛する17歳の孫ポールが誘拐され1700万ドル(約47億円※)という破格の身代金を要求されたゲティは、こともあろうかその支払いを拒否。彼は大富豪であると同時に、稀代の守銭奴だったのだ。離婚によりゲティ家から離れ中流家庭の人間となっていたポールの母ゲイル(M・ウィリアムズ)は、息子のために誘拐犯のみならず世界一の大富豪とも戦うことに。一方、一向に身代金が払われる様子がないことに犯人は痺れを切らし、ポールの身に危険が迫る。しかし、事件は思いもよらぬ展開へと発展していく。昨日まで普通の母親だった人間が、世界中の金(All the Money in the World)を手にした男と手段を選ばない犯人グループにどう立ち向かうのか?息子の命を救えるのは母の愛か、金の力か?重厚なドラマと最後まで目が離せないスリリングな展開に期待が高まる(※事件が発生した1973年11月当時の為替レート1ドル=278.263円で算出)。

出演は、実力派のミシェル・ウィリアムズ、マーク・ウォールバーグに加え、アカデミー賞受賞のケビン・スペイシーがゲティ役で出演・・・するはずだった。しかし、ハリウッドの大プロデューサー、ハーベイ・ワインスタインのセクハラ告発に端を発した一連の騒動から派生し、12月の全米公開を目前に、あろうことかケビン・スペイシーの降板劇が発生。お蔵入りすらささやかれた本作だが、急遽、オスカー俳優のクリストファー・プラマーをゲティ役に抜擢。ミシェル、マーク、そしてスタッフが一致団結して短期間での再撮影を敢行、この再撮影には1000万ドルもの費用がかかったが、C・プラマー以外のキャストはなんとギャラなしで臨んだ。

また、ハリウッドでは、ゴールデングローブ賞授賞式にて女優たちが黒いドレスを着用するなど、セクハラ問題に対して抗議したが、こうした動きにも負けない今回のクリストファー・プラマーとリドリー・スコットの再撮影という決断は、今後も注目を集めそうです。

2018年初夏 全国公開です。

***********************************

監督:リドリー・スコット
出演:ミシェル・ウィリアムズ クリストファー・プラマー ロマン・デュリス チャーリー・プラマー and マーク・ウォールバーグ

脚本:デビッド・スカルパ
原作:ジョン・パーソン ”Painfully Rich: The outrageous Fortunes and Misfortunes of the Heirs of J.Paul Getty”

配給:KADOKAWA
©2017 ALL THE MONEY US, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.

関連記事:


良かったらランキングUPにご協力ください。
にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へにほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ