『ライオンは今夜死ぬ』三浦友和、川上弘美、奈良美智ら各界の著名人が共感!


映画情報どっとこむ ralph ヌーヴェルヴァーグを代表する名優ジャン=ピエール・レオーを主演に迎え、諏訪敦彦監督が『ユキとニナ』から8年ぶりに撮り上げた、仏日合作作品『ライオンは今夜死ぬ』が、2018年1 月20日(土)より、YEBISU GARDEN CINEMA ほか全国順次公開となります。
南仏を舞台に、死を演じられない年老いた俳優ジャンが、訪れた屋敷でかつて愛した女性の幻影と再会し、地元の子どもたちと共に映画制作をすることになる。やがて残された時間、ジャンは「死」と向き合い「生」の歓びを再び知っていく心温まるストーリー。劇中でジャンが語る「死とは出会いである」などの台詞は、脚本に書いてあったものではなく、ジャン=ピエール自身の言葉で語った「死」と「生」に対する考えです。

「死」をテーマのひとつとしながらも瑞々しい「生」のエネルギーに満ち溢れた本作に勇気づけられたという各界著名人からのコメントが続々と到着しました!

映画情報どっとこむ ralph ★70歳から80歳は人生のクライマックス!?「豊かな人生を生きる」ヒントがここにある!

老いた名俳優が問う「難題がある。どうやれば死を演じられる?」さらりと答える女性がいる 「演じてはだめ」だから、この映画は美しい
――三浦 友和さん(俳優)

映画の中に、こんなに「死」という言葉があふれているのに、画面の中にはなんと「生」がうつくしく輝いていることだろう
川上弘美さん(作家)

映画作りをしている子供たちとの出会い。彼らは年老いた主人公の心の旅の先導者。死なんて無縁と思える子供たちの感性は、主人公の心を解き放っていく。死への考察は、受け入れることで新たな世界へと人生を導いてくれる。
奈良美智さん(美術家)

何と可愛い、詩情溢れる映画なんでしょう。「70歳から80歳は人生のクライマックス」と言う老俳優と子供たちの創造の秘密基地!ユーモアと哀愁が美しく戯れる、極上のワインのよう!ずっと酔っていたい。
加藤登紀子さん(歌手)

なんとステキな映画なんだ。
生と死と恋と思い出が溢れ、美しい光の中で子ども達とライオンと観客が一体化する。
すごい!
鎌田實さん(医師・作家)

映画情報どっとこむ ralph ★即興演出がもたらす奇跡の瞬間を切り取った本作に各界から賞賛、そして嫉妬の声!

フランスの美しい景色が全編に溢れている。若い時に映画を撮ってみたいというとても素直な感覚を思い出してしまった。映画って良いなっていう素朴な気持ちです。
高橋幸宏さん(音楽家)

ドキュメンタリーか?フィクションか?という議論は、もうとっくに無効だと思う。でも、ジャン・ピエール・レオーの動き、表情1つ1つは、まさしくドキュメンタリーに他ならない。
ホンマタカシさん(写真家)

映画はフレームの外を存在させることもさせないこともできる。この映画はそれを駆使して軽やかに人間の真実の瞬間をつくり出してる。映画という形式に久しぶりに嫉妬しました。
岡田利規さん(演劇作家、小説家、チェルフィッチュ主宰)

★スクリーンを通して新たなジャン=ピエール・レオーに出会う!

青い森にて、狂おしく取り残されるジャン=ピエール・レオーの瞳に、生の悲しみと死の歓びが、はなれがたく灼きついていました。映画を作り出す時間に生命の満ち欠けが込められていました。映画を作り、そして映画をまなざす私たち自身が、こどものように新しい命を得ては、こどものようなあなたを何度も愛す。
山戸結希さん(映画監督)

偏屈そうなジャン=ピエール・レオーが子供たちに囲まれて、わちゃわちゃとにぎやかに映画を作っている。それだけで胸がいっぱいになり、涙が流れてしまった。
山内マリコさん(作家)

これは、ヌーヴェルヴァーグを「人生」として生きたジャン=ピエール・レオーの映像による「失われた時を求めて」だ!
鹿島茂さん(フランス文学者・明治大学教授)

映画情報どっとこむ ralph 誰にでも訪れる「老い」と「死」を演じた名優が悩み抜いて見つけた答えに、心豊かな人生を生きるためのヒントがあるかもしれません。
ストーリー
南仏コート・ダジュール。死を演じられないと悩む、年老いた俳優ジャン。

過去に囚われ、かつて愛した女性ジュリエットの住んでいた古い屋敷を訪ねると、幽霊の姿となってジュリエットが彼の前に現れる。さらに、地元の子ど もたちが屋敷に忍び込んできて…子どもたちからの誘いで突然はじまった映画撮影。撮り進めるうちに過去の記憶と向き合い、残された時間、ジャンの心に生きる歓びの明かりがふたたび灯されていく。
1月20日(土)より、YEBISU GARDEN CINEMAほか全国順次公開

***********************************

監督・脚本:諏訪敦彦
出演:ジャン=ピエール・レオー、ポーリーヌ・エチエンヌ、イザベル・ヴェンガルテン
2017 年/フランス=日本/103 分
配給:ビターズ・エンド
© 2017-FILM-IN-EVOLUTION-LES PRODUCTIONS BAL THAZAR-BITTERS END
関連記事:


良かったらランキングUPにご協力ください。
にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へにほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ