松たか子が歌う「つなぐもの」『嘘を愛する女』主題歌MV到着!


映画情報どっとこむ ralph 長澤まさみと高橋一生が出演する映画『嘘を愛する女』(1月20日公開)の本編映像を使用した松たか子が歌う主題歌「つなぐもの」のMVが、この度解禁。
松たか子が8年ぶりにリリースしたオリジナルアルバム『明日はどこから』に収録された新曲「つなぐもの」は、作詞を松たか子のデビュー曲「明日春が来たら」を手掛けた坂元裕二、作曲を松たか子ということもあり、アルバム収録曲の中でも話題の1曲となっている。その新曲「つなぐもの」のミュージックビデオは、主題歌に起用されている映画「嘘を愛する女」の映像で全編構成されている。さらにこのミュージックビデオでしか見ることのできない公開前の映像がふんだんに使用されています。


嘘を愛する女

1月20日(土)全国ロードショー

公式サイト:
http://usoai.jp/

物語・・・

その姿は世の女性が憧れる理想像。食品メーカーに勤め、業界の第一線を走るキャリアウーマン・川原由加利(長澤まさみ)は、研究医で面倒見の良い恋人・小出桔平(高橋一生)と同棲5年目を迎えていた。ある日、由加利が自宅で桔平の遅い帰りを待っていると、突然警察官が訪ねてくる。

「一体、彼は誰ですか?」

くも膜下出血で倒れ意識を失ったところを発見された桔平。なんと、彼の所持していた運転免許証、医師免許証は、すべて偽造されたもので、職業はおろか名前すらも「嘘」という事実が判明したのだった。
騙され続けていたことへのショックと、「彼が何者なのか」という疑問をぬぐえない由加利は、意を決して、私立探偵・海原匠(吉田鋼太郎)と助手のキム(DAIGO)を頼ることに。調査中、桔平のことを“先生”と呼ぶ謎の女子大生・心葉(川栄李奈)が現れ、桔平と過ごした時間、そして自分の生活にさえ疑心暗鬼になる由加利―。

やがて、桔平が書き溜めていた700ページにも及ぶ書きかけの小説が見つかる。そこには誰かの故郷を思わせるいくつかのヒントと、幸せな家族の姿が書かれていたのだった。海原の力を借りて、それが瀬戸内海のどこかであることを知った由加利は、桔平の秘密を追う事に……。

なぜ桔平は全てを偽り、由加利を騙さなければならなかったのか?

そして、彼女はいまだ病院で眠り続ける「名もなき男」の正体に、辿り着くことができるのか―。

***********************************

監督:中江和仁
脚本:中江和仁・近藤希実
製作:「嘘を愛する女」製作委員会
制作プロダクション:ROBOT
配給:東宝
出演:長澤まさみ 高橋一生 DAIGO 川栄李奈 黒木瞳 吉田鋼太郎
Ⓒ2018「嘘を愛する女」製作委員会
   
関連記事:


良かったらランキングUPにご協力ください。
にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へにほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ