『悪と仮面のルール』玉木宏インタビューとメイキング特別映像


映画情報どっとこむ ralph 2018年1月13日(土)から公開することになりました、映画『悪と仮面のルール』。
このたび、玉木宏が本作について語るインタビューと、本編撮影中のメイキング映像、本編映像で構成された特別映像が完成した。本作の監督である中村哲平が、玉木へのインタビュー、編集を自ら手がけたスペシャルなものです。
今回解禁となる特別映像でも、玉木宏自身が本作への思い入れ、見どころを語る。完成披露舞台挨拶での発言と合わせて、本作への期待度が高まるものとなっている。

映像は、久喜文宏が過去を捨て“新谷弘一”となるために整形手術を受け、初めて包帯を取るシーンから始まり、玉木宏が本作について語るインタビューに続く。
玉木宏、本作について原作を読んだ時から「文学的な要素が強い」という印象を持っていたと言い、「善悪について語られる作品」「人間の根底にあるものを考えさせられる作品」だと、本作の重厚なテーマの魅力を語る。

本作は、監督・キャスト・スタッフ全員が原作に惚れ込み、その世界観をそのまま映画にするために想いを一つにして作り上げた作品。玉木は脚本、リハーサル、撮影現場とあらゆる段階で自らアイディアを提案し、主人公・久喜文宏を繊細に表現した。中村哲平監督と玉木が、撮影現場で演出について真剣に語り合う映像も収められている。

映画情報どっとこむ ralph そして、作品の中で「一つピークに持って行こうと思ったのは、香織に対してのピュアな恋愛観」と語り、本作のラブストーリーとしての魅力についても語る。顔を変え、過去を捨て、全てを賭けて初恋の女性・香織を守ろうとする文宏を「人を本当に好きになってしまったら、自分だったらどうするだろう?」と考えながら演じたと振り返り、“邪“となるために生まれた久喜文宏が「香織という存在があったからこそ、善意が生まれた」「その結果、悪事をおかしてしまう」と、初恋の女性への一途な想いを秘めながら、善悪の間で葛藤する久喜文宏というキャラクターについて語っています。

悪と仮面のルール

2018年1月13日(土) 新宿バルト9ほか全国ロードショー
顔を変え、過去を捨てた殺人者 全ては初恋の人を守るために――。
11歳の久喜文宏は、この世に災いをなす絶対的な悪=“邪”になるために生まれたと父から告げられる。やがて、父が自分を完全な“邪”にするために、初恋の女性・香織に危害を加えようと企てていることを知り、父を殺害して失踪する。十数年後、文宏は顔を変え、“新谷弘一”という別人の仮面をつけ、香織を守るために殺人を繰り返していた。そして、文宏の過去を知る異母兄の幹彦や日本転覆を企むテロ組織が香織を狙い始めたと知った文宏は、ついに自身の背負わされた運命に立ち向かうことを決意するが―。
***********************************

玉木宏 新木優子 吉沢亮 中村達也 光石研 村井國夫 柄本明
原作:中村文則「悪と仮面のルール」(講談社文庫)
監督・編集:中村哲平 脚本:黒岩勉
主題歌:Uru「追憶のふたり」(ソニー・ミュージック アソシエイテッドレコーズ)
2017年/カラー/5.1ch/138分  
(C)中村文則/講談社 (C)2017「悪と仮面のルール」製作委員会
企画制作:PlusD  
配給・宣伝:ファントム・フィルム

関連記事:


良かったらランキングUPにご協力ください。
にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へにほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ