モーリス・ベジャールに指導をうけた東京バレエ団 上野水香登壇『ダンシング・ベートーヴェン』イベント


映画情報どっとこむ ralph 天才振付家モーリス・ベジャール没後10周年にあたる今年、ベジャールの代表作のひとつ「第九交響曲」の舞台裏を捉えた感動のドキュメンタリー『ダンシング・ベートーヴェン』がいよいよ12月23日(土)よりヒューマントラストシネマ有楽町、新宿武蔵野館、YEBISU GARDEN CINEMA他にて公開!

この度、公開に先駆けて、12月19日(火)試写会を実施。この奇跡のステージにメインダンサーの一人として出演した東京バレエ団プリンシパルの上野水香さんを迎えて舞台挨拶を行いました!
日本でただ一人、モーリス・ベジャールに直接指導をうけ、かの「ボレロ」を踊ることを許された女性である上野さんならではのベジャールとの思い出、そして本作の魅力など貴重な話も次々語られたイベントとなりました。またあわせて本作が今年度のスペイン・ゴヤ賞最優秀ドキュメンタリー部門にノミネートされたことも発表されました!

日時12月19日(火)
会場:ニッショーホール
登壇:上野水香さん(東京バレエ団プリンシパル) MC:八雲ふみねさん (映画パーソナリティ)

映画情報どっとこむ ralph 上野水香さんはまず本作を観たときの感想を

上野さん:(当時)こんなことやったなぁ、とあの時の記憶が蘇りました。本作はモーリス・ベジャール・バレエ団と東京バレエ団の共同制作という形で公演が実現する過程を追ったドキュメンタリーですが、貫いているのは“大きな愛”だと思いました。現在のベジャールバレエ団の芸術監督をされているジル・ロマンさんも愛情深い方で、ベジャールの作品に対しても、またダンサーやバレエそのものに対する大きく深い気持ちをいつも感じていました

と話します。また実際に直接モーリス・ベジャールから指導を受けたことがある上野さんは

上野さん:ベジャールさんの作品『ボレロ』を踊った時に直接指導を受けたことがあります。最初、写真の印象だと怖い方なのかなと緊張していたけど、お会いしたらとても穏やかで、細かい指導をしてくださって。お手本として踊っていらっしゃるのを見ると、どんどん引き込まれていくのがベジャールさんの眼なんです。あのベジャールさんの青い眼、とても奥深くて海や空が広がっていくようで、それがなによりも印象に残っています。

と当時を振り返り・・ さらに、

上野さん:ベジャールさんのバレエは古典だけでなくコンテンポラリーの要素も入っている、まさしく“ベジャールさん”というジャンルなのではないかと思える独特の振付をされていますが、彼から一番最後に言われたことはクラシックのベースになる基礎の部分を絶対に崩さないで踊ることが大切で、そう踊ってほしい、と言うことでした。

と上野さんならではの思い出を語ってくれました。

映画情報どっとこむ ralph 続けて「第九交響曲」については

上野さん:2つのカンパニーが一緒に舞台にたち、ズービン・ベータ氏率いるイスラエルフィルが一同に介する壮大なイベントで、話を聞いたときには鳥肌が立つほどでした。普段の公演で生演奏の場合はオーケストラピットで演奏するのですが、それとは異なり、本公演ではオーケストラと合唱団が舞台の上後方の台にのるという形なんですね。踊っていると後ろから音楽が聞こえてきて、まるで音に包まれている、不思議な感覚がありました。ベジャール作品の特徴として音楽と動きが一体化されている、目で見る音楽という感があります。より視覚的に表現されているのが本作だと思います。

と観客にその魅力を語ります。

最後に・・・

自身トップダンサーであり続ける秘訣を聞かれると、

踊ることが大好きで、お客さんに喜んで頂くことが幸せで、ただそれだけ、シンプルにそれだけをやってきました。ただ主役としてトップに立ち続けることの大変さは毎日感じていて、いい意味でどんどん変わっていく存在でありたいと思います。またどの世界で生きていても大変なことはあると思うので、好きだということが何よりも力になると思っています。本作から感じたこともその「愛」なんです。

と力強くコメント。上野さんはじめとする一流のトップダンサーたちが奇跡のステージ実現にむけてどう向き合っていったのか、本作への期待が高まるトークイベントとなりました。

映画情報どっとこむ ralph 21世紀のバレエ史上最高傑作と呼ばれながらも2007年のベジャール亡き後、再演は不可能とされてきた「第九交響曲」。

しかし2014年に東京バレエ団創立50周年記念シリーズ第7弾として、東京バレエ団とモーリス・ベジャール・バレエ団の共同制作という空前絶後の一大プロジェクトが実現!本作は、総数80人余のダンサーに、世界的指揮者ズービン・メータ率いるイスラエル・フィルハーモニー管弦楽団、ソロ歌手、合唱団を加え、総勢350人に及ぶアーティストの力を結集した、その舞台裏に密着した感動のドキュメンタリー。

ダンシング・ベートーヴェン

ヒューマントラストシネマ有楽町、新宿武蔵野館、YEBISU GARDEN CINEMAほか12月23日(土)、全国公開!
物語・・・
様々な想いを抱えながら、ダンサーたちは伝説のステージへと挑んでいく――。
スイス、ローザンヌ。『第九交響曲』出演のために過酷な練習に取り組むモーリス・ベジャール・バレエ団のダンサーたち。第二幕のメインをジル・ロマンから任せられた才能豊かなソリスト、カテリーナは踊る喜びに満ち溢れていた。ある日、カテリーナは妊娠が発覚しメインを下ろされてしまう。一方で、お腹の子の父となるオスカーは生まれてくる子のために良き父親になろうとしていた。キャリアが中断されることへの不安と産まれてくる子供への愛情のあいだで揺れ動くカテリーナ。様々な想いを抱えながらダンサーたちは、東京での第九のステージに挑む。
***********************************

振付:モーリス・ベジャール
監督:アランチャ・アギーレ
音楽:ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェン作曲『交響曲第9番 ニ短調 作品125』
出演:マリヤ・ロマン/モーリス・ベジャール・バレエ団:エリザベット・ロス、ジュリアン・ファヴロー、カテリーナ・シャルキナ、那須野圭右、オスカー・シャコン、大貫真幹/東京バレエ団:上野水香、柄本弾、吉岡美佳/クリスティン・ルイス、藤村実穂子、福井敬、アレクサンダー・ヴィノグラードフ、栗友会合唱団 ジル・ロマン(モーリス・ベジャール・バレエ団芸術監督)、ズービン・メータ(イスラエル・フィルハーモニー管弦楽団音楽監督)  
配給:シンカ/宣伝:ブリッジヘッド 協力:東京バレエ団/後援:スイス大使館

2016/原題:BEETHOVEN PAR BEJART/83分/スイス、スペイン/フランス語、英語、日本語、スペイン語、ロシア語/カラー/1:1.78/ドルビー・デジタル5.1ch/字幕:村上伸子、字幕監修:岡見さえ
© Fondation Maurice Béjart, 2015 © Fondation Béjart Ballet Lausanne, 2015 
関連記事:


良かったらランキングUPにご協力ください。
にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へにほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ