ワン・ビン監督『苦い銭』“働けど働けど”のコピーが沁みる予告編完成!


映画情報どっとこむ ralph 世界的ドキュメンタリー監督ワン・ビンが2016年ヴェネチア映画祭で発表し、ダブル受賞に輝いた傑作『苦い銭』が、2018年1月下旬より日本で公開されます。このたび予告編が到着しました。
ドキュメンタリーであるにも関わらず、群像劇のような見応えに、ヴェネチア映画祭が脚本賞(オリゾンティ部門)を授与したことで話題を集めた『苦い銭』。
中国、出稼ぎ労働者が住民の80%を占める街・湖州で働く人々を捉えた本作も、こんな会話や表情が、なぜ撮れる?と観客を驚かせ、登場人物にいつのまにか親密さを感じさせ、同時に今世界が直面しているものを映しとる天才監督ワン・ビンの真骨頂といえる作品です。


このたび完成した予告編は、中国の雲南省から湖州に出稼ぎにくる人々を乗せた列車の場面から始まり、初めて街で働く少女、仕事がつらすぎて故郷を恋しがる男、そしてお金をめぐって喧嘩の絶えない共働きの夫婦など気になる人物が次々登場。そして映画予告編としては異例の長さの海外レビューが強いインパクトを残し、ワン・ビン監督の映画の素晴らしさを的確に伝えています。

働けど働けど・・・
苦い銭

2018年1月下旬 シアター・イメージフォーラム他全国順次ロードショー

公式HP:
http://www.moviola.jp/nigai-zeni/

ワン・ビン(王兵)監督プロファイル
『鉄西区』『無言歌』『三姉妹〜雲南の子』『収容病棟』と数々の傑作を発表し、山形国際ドキュメンタリー映画祭、ナント三大陸映画祭、ヴェネチア国際映画祭オリゾンティ部門などで最高賞に輝く。美術の分野でも高く評価され、ポンピドゥー・センター(パリ)では1カ月以上にわたる回顧展が開催され、ドイツのドクメンタ14にも招聘されている。


***********************************

英語題:Bitter Money
中国語題:苦銭
2016年 フランス・香港合作 163分 DCP 5.1
16:9 カラー 中国語
字幕:樋口裕子
配給:ムヴィオラ
関連記事:


良かったらランキングUPにご協力ください。
にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へにほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ