劇団メンソウル仲田育史が「勝手にふるえてろ」経理課の課長役!名前は”フレディ”


映画情報どっとこむ ralph このたび、松岡茉優主演「勝手にふるえてろ」が12 月23 日公開となります。
原作は、01 年に「インストール」でデビュー、「蹴りたい背中」で第 130 回芥川賞を受賞した作家・綿矢りさによる同名小説。

この度、松岡茉優が演じるヨシカの上司で経理課の課長を務める、通称”フレディ”の濃すぎる脇役模様を収録した本編映像が解禁。
本作は芥川賞作家・綿矢りさによる同名小説の映画化で、原作は切れ味のいいモノローグで綴られていますが、「会話劇」 にしたいという製作陣のこだわりにより本作はに大きなアレンジが加わっております。 主人公・ヨシカ(松岡茉優)を取り巻く、映画ならではの個性的なキャラクターが数多くのキャラクターが登場するのが、本作の魅力のひとつとなっています。

映画情報どっとこむ ralph 今回解禁された本編映像は、ヨシカと同僚の月島来留美(石橋杏奈)が仕事中に噂話しをする一場面で、二人が噂 する上司の名前は”フレディ”という名で、同じフロアで働く経理課の課長なのだが、姿は現れない。

ヨシカは人の名前を覚えられず、すぐに変なあだ名をつけると来留美が指摘し、ヨシカの隣人”オカリナ“の話題に!”オカリナ”とは名前の通り、 “いつ もオカリナを吹いているヨシカの隣人で、本作では片桐はいりが本編では演じています。オカリナの話で談笑していると、突然 来留美に、上司”フレディ“から指摘が!

仲田育史
笑いをこらえながら答えようとする来留美の隣で、伝説のロックバンド「Queen」の曲を彷彿とさせるリズムで机を叩くヨシ カ。。。その直後!ついに、噂の課長“フレディ”が登場!!ポマードできちっと整えられた髪の毛、ご立派な口ひげ、鋭い目つき、そして主張が強すぎるサスペンダー!

現れた顔は、「Queen」を率いたフレディ・マーキュリー!劇中のヨシカ・来留美が笑ったように、観ている観客の笑いをさそう事間違いなし!課長“フレディ”を 演じたのは、劇団メンソウル仲田育史さん。普段から似ているということで“フレディ”ネタを各所で披露されているそうです!

また、もう一場面、職を辞する決意を固めたヨシカが完璧な辞表を書き上げ、課長“フレディ”に提出するシーンを収録してお り、意気揚々と辞表を提出したヨシカを軽く一蹴する、クスりと笑える場面も本動画でご覧いただけます。 短いながら強烈な印象を残す、“フレディ”の濃~いキャラクターを切り取ったシーンは、個性的なキャラクターが多数登場する 本作の弾ける雰囲気が垣間見える重要なシーンになります!!



映画情報どっとこむ ralph 松岡茉優主演「勝手にふるえてろ」

12/23(祝・土)新宿シネマカリテ、ヒューマントラストシネマ渋谷、シネ・リーブル池袋ほか全国公開

第 30 回東京国際映画祭 コンペティション部門 観客賞&東京ジェムストーン賞 W 受賞!!

http://furuetero-movie.com/

物語・・・
“脳内片思い”の毎日に“リアル恋愛”が勃発!? 2 人の彼氏(?)の間で揺れながら、 傷だらけの現実を突き抜ける 暴走ラブコメディ! 24 歳の OL ヨシカは中学の同級生「イチ」(北村匠海)へ 10 年間片思い中! そんなヨシカの前に、突然暑苦しい会社の同期「ニ」(渡辺大知) が現れ告白される。「人生初告られた!」とテンションがあがるも、 ニとの関係にいまいち乗り切れないヨシカ。 ある出来事をきっかけに「一目でいいから、今のイチに会って 前のめりに死んでいこうと思ったんです」と思い立ち、 同級生の名を騙り同窓会を計画。ついに再会の日が訪れるのだが…

***********************************

原作:綿矢りさ著『勝手にふるえてろ』文春文庫刊
監督・脚本:大九明子
出演:松岡茉優 渡辺大知(黒猫チェルシー) 石橋杏奈 北村匠海(DISH//) 趣里 前野朋哉 池田鉄洋 稲川実代子 栁俊太郎 山野海 梶原ひかり 金井美樹 小林龍二(DISH//) 増田朋弥 後藤ユウミ 原扶貴子 仲田育史 松島庄汰 古舘寛治 片桐はいり 配給:ファントム・フィルム
主題歌:黒猫チェルシー「ベイビーユー」(Sony Music Records)
©2017 映画「勝手にふるえてろ」製作委員会
    
関連記事:


良かったらランキングUPにご協力ください。
にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へにほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ