男一匹、ここに生きる:藤竜也『東の狼』ポスタビジュアル解禁


映画情報どっとこむ ralph 国際映画祭の映画制作プロジェクト NARAtive(ナラティブ)として誕生した『東の狼』が 2018 年2月3日(土)より新宿ピカデリー他にて全国順次公開します。

100 年以上前にニホンオオカミが絶滅した東吉野の村を舞台に、幻のオオカミを追い続ける孤高の老ハ ンターの執念とも言える生き様を描いた本作。幻のオオカミを追い続ける主人公アキラを演じるのは、『村の写真集』(05)で上海国際映画祭最優秀主演男優賞を受賞するなど国内外問わず活躍する日本映 画界を代表する名優・藤竜也。

監督は、世界が注目するキューバ出身の新鋭カルロス・M・キンテラ。卒 業制作の短編がカンヌ国際映画祭などで注目を浴び、その後の初長編作品『The Swimming Pool』が 様々な国際映画祭で受賞。なら国際映画祭のインターナショナルコンペティション部門でも入賞を果たし、 NARAtive の監督に抜擢された。エグゼクティブ・プロデューサーを務めるのは、映画作家・河瀨直美。

なら 国際映画祭エグゼクティブ・ディレクターであり、自身の初の劇映画デビュー作となる『萌の朱雀』(97)でカ ンヌ国際映画祭カメラドールを最年少で受賞して以来、同映画祭で数々の賞を受賞。2017 年には『光』 がエキュメニュカル審査員賞を受賞する。世界から高い評価を集めるキャス ト、スタッフが織りなす至高の人間ドラマがここに誕生。

映画情報どっとこむ ralph そして、ポスタービジュアルが解禁となりました。
東吉野の山々と生い茂る木々。その大自然の中、ただ一人で立ち尽くし、雄 大な景色を見下ろす猟師アキラ。年季の入った銃を携え、くたびれた上着に 汚れたズボン、その姿から長年この山で幻のオオカミを執念深く追いかけ続 けてきた様子が伺える。 憂い漂うも力強ささえ発せられる背中からは、戸惑いながらも何かを決意した 男の強い意志を感じさせる。「男一匹、ここに生きる」のキャッチコピーと共に、 東吉野の地で幻のオオカミを追い続ける孤高の老ハンターの生き様を想起 させるポスタービジュアルとなっている。 また大きく書き記されたタイトルロゴはプロデューサー河瀨直美が魂を込めて 書き記したもの。この作品に対する想いの強さが伺える、力強いタイトルロゴと なっている。

河瀨直美プロデュース、世界が注目する新鋭監督カルロス・M・キンテラ最新作 孤高の老ハンターの執念を描く、至高の人間ドラマがここに誕生!!

東の狼
「男一匹、ここに生きる」100年以上の間、東吉野村の森では狼が目撃されていない。それでも年老いた地元の猟師アキラは狼がいると信じている。猟師会の会長を務めるアキラは皆の反対を無視し、猟師会の予算を狼探しに費やす。狼狩りに取り憑かれたように深い森へと入って行 く…

***********************************

監督:カルロス・M・キンテラ(キューバ)
出演:藤竜也、大西信満、小堀正博ほか エグゼクティブ・プロデューサー:河瀨直美
脚本:カルロス・M・キンテラ、ファビアン・スアレズ、アベル・アルコス
撮影:山崎裕
配給:HIGH BROW CINEMA
©Nara International Film Festival & Seven Sisters Films
      
関連記事:


良かったらランキングUPにご協力ください。
にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へにほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ