いよいよ今週末より公開『私が殺したリー・モーガン』プレミアイベント開催決定!


映画情報どっとこむ ralph いよいよ今週末公開となるドキュメンタリー『私が殺したリー・モーガン』の、プレミアイベントの開催決定。

12月16日(土)アップリンク渋谷での初回上映後に、多方面の音楽に精通するブロードキャスターのピーター・バラカン氏とEMI~ユニバーサルミュージックで、リー・モーガンを含む国内のブルーノート・レコード諸作のリリースを担当してきたジャズ・プロデューサー行方均氏による、公開記念トークショーが開催されます。

初日上映およびイベント
開催:アップリンク渋谷 
日時:12月16日(土)
登壇:ピーター・バラカン、行方均

本ドキュメンタリーの舞台となる1960年代~72年は、リー・モーガンの参加したアート・ブレイキー&ザ・ジャズ・メッセンジャーズや、リー自身の『ザ・サイドワインダー』のヒットをはじめジャズが大変流行した時代でしたが、振り返ってみればそれ以上に、ザ・ビートルズをはじめ音楽史そのものの激動の時代でした。
そんな時代の最中に、イギリス、アメリカ、そして日本の音楽文化に公私ともに触れてきた1951年生まれの二人が、この時代の音楽、その人種や歴史的バック・グラウンド、そしてその中におけるリー・モーガンについて、聴き、語ります。
映画情報どっとこむ ralph また、公開に合わせて第2弾ビジュアルが新たに作成されました。不世出のスター・プレイヤーでありながら、人間的な脆さを併せ持ち、遂には命を落とした男のはかない素顔が垣間見えるデザインとなっております。

映画情報どっとこむ ralph 私が殺したリー・モーガン
I Called Him MORGAN  
劇場情報
2017年12月16日(土)~ アップリンク渋谷
2017年12月23日(土)~ 名古屋シネマテーク
2017年4月14日(土)~ 神戸アートビレッジセンター 【新規決定!】 
ほか全国ロードショー

公式ホームページ:
icalledhimmorgan.jp 
公式Twitter:
@ICHMorgan_JP  


イベント出演者のプロファイルはこんな感じ!

ピーター・バラカン
1951年ロンドン生まれ。74年来日、シンコー・ミュージックへ入社。80年に退社後は執筆やラジオ番組への出演などを中心に活動する傍ら、80~86年にはイエロー・マジック・オーケストラ、および個々のメンバーの海外コーディネーションを担当。86年に独立し、放送番組の制作、出演を中心に活動中。

行方均(なめかたひとし)
1951年宮城県生まれ。元・EMIミュージックジャパン会長、ユニバーサルミュージック副社長。88年ブルース・ランドヴァル(当時ブルーノート社長)、マイケル・カスクーナ(同プロデューサー)らの協力を得て、日本国内においてブルーノートをはじめとする多くのジャズ作品やフェスティヴァルを手掛け、本邦ジャズ市場の育成に貢献。

***********************************

監督 : カスパー・コリン (2006『My Name Is Albert Ayler』ほか)
出演 : リー・モーガン/ヘレン・モーガン
ビリー・ハーパー(サックス奏者)/ジミー・メリット(ベーシスト)/ベニー・モウピン(サックス、フルート奏者)/ウェイン・ショーター(サックス奏者)/ポール・ウエスト(ベーシスト)/チャーリー・パーシップ(ドラマー)/アル・ハリソン(ヘレンの息子)/リナ・シャーロッド(リーのガールフレンド)/ジェリー・シュルツ(スラッグスのオーナー)/ジュディス・ジョンソン(リーのガールフレンド) ほか

劇中曲: テーマ曲「サーチ・フォー・ザ・ニュー・ランド」 from 『Search for the New Land』 (BLUE NOTE)
モーニン/チュニジアの夜/ダット・デア/ヘレンの儀式/トム・キャット/ギャザ・ストリップ/アブソリューションズ/アンジェラ ほか

製作 : スウェーデン・アメリカ/2016年/モノクロ&カラー/91分/原題:I Called Him MORGAN
日本語字幕: 行方均
配給 : 株式会社ディスクユニオン/ 提供: 株式会社タムト
協力 : ユニバーサルミュージック合同会社
© 2016 Kasper Collin Produktion AB

関連記事:


良かったらランキングUPにご協力ください。
にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へにほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ