松永大司監督、橘ケンチが大いに語った“THE YELLOW MONKEY”映画「オトトキ」​イベント


映画情報どっとこむ ralph 15年振りに再集結した日本が誇るロックバンド“THE YELLOW MONKEY”の2016年のツアーに密着した映画「オトトキ」。​

11月11日(土)に全国公開され、現在も全国で絶賛公開中の本作品ですが、この度、松永大司監督と橘ケンチさん(EXILE/EXILE THE SECOND)によるトークイベント付き上映が行われました!​


映画「オトトキ」スペシャルトークイベント​
日時:12月10日(日)
場所:新宿バルト9 シアター3​
登壇:松永大司監督、橘ケンチ(EXILE/EXILE THE SECOND)​

映画情報どっとこむ ralph 大歓声の中「オトトキ」トークイベントのゲストにEXILE/EXILE THE SECONDの橘ケンチが監督の松永大司とともに登壇。

お二人は松永監督の前作「トイレのピエタ」のプロモーションの一環で行われた対談がきっかけとなり、現在も交友があるという。
松永監督:ケンチくんはクリエイティブへの執着がすごい。本当に映画が好きなアーティストだと思います。裏方に近い感覚を持っているので個人的に趣味も合って楽しいんです。

橘さん:映画監督って、ちょっと怖いイメージがあるんですよ。でも松永さんはフランクでマイルド。先輩だけど同じ目線で話してくれるし、話題が尽きない。
と、仲の良さをにじませます。​

実は、橘さんはすでに本作を2回見たという。
1度目は編集中のものを関係者向けの試写会で、2回目は公開後に自ら劇場に足を運んだ。
橘さん:試写会で見た時にすでに引き込まれてファンになっていたみたいで、2度目に映画館で見た時は、席に座ってから上映が始まるまでドキドキしっぱなしでした。僕のファンもこういった気持ちで見てくれているのかなと思ったり、とても濃厚な2時間でした。​

と語りました。

映画情報どっとこむ ralph 最後に・・・
​橘さん:『オトトキ』を見てすっかりイエモンファンになりました。吉井さんがメンバーを気遣いつつ丁寧にものを伝えている様子に共感しました。グループは一人一人の人間で成り立っているなあと実感しましたね。これは4人の人間模様が垣間見える人間ドラマ。あと2回は見たいと思っています。
松永監督:今日のケンチくんのトークイベントもそうですが、一見交わることのない人たちが交わることで、イエモンのファンじゃなかった人が見てくれる可能性が芽生えますよね。こういったことで1年近く密着させてくれたメンバーにも、恩返しできればと思います。​
ものづくりという共通項で仲を深める橘さんと松永監督でした。

映画『オトトキ』  ​

全国絶賛上映中!


公式サイト:
theyellowmonkey-movie.jp

公式Twitter:
@OTOTOKI_MOVIE​

当日上映料金:通常料金 ​
※料金設定は各上映劇場によって異なります。ご鑑賞いただく劇場のHP等にてご確認ください。​


***********************************

出演:THE YELLOW MONKEY / 吉井和哉 菊地英昭 廣瀬洋一 菊地英二
監督:松永大司​
制作プロダクション:ブースタープロジェクト​
配給:ティ・ジョイ​
製作:映画「オトトキ」製作委員会  ​
©2017映画「オトトキ」製作委員会​

関連記事:


良かったらランキングUPにご協力ください。
にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へにほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ