『ローズの秘密の頁 』予告編と本ビジュアルが到着


映画情報どっとこむ ralph 『ローズの秘密の頁(ページ) 』 (原題:『The Secret Scripture』 2018年2月3日(土)よりヒューマントラストシネマ有楽町、新宿武蔵野館、YEBISU GARDEN CINEMA ほか全国公開)から予告編と本ビジュアルが到着しました!

本作は、『マイ・レフトフット』(89)や『父の祈りを』(93)でアカデミー賞®ノミネートの功績 を持つ巨匠ジム・シェリダンの 5 年ぶりとなる待望の新作。

アイルランドの人気作家セバスチャ ン・バリーがコスタ賞(英国の権威ある文学賞)を受賞した同名小説の映画化作品であり、約 40 年に渡って精神科病院に収容されているある老女の長きに渡って封印されていた衝撃の真実と そこに隠されたたった一つの真実の愛が、現在と過去の時間軸を行き来しながら壮大なスケール で描かれる、ミステリアスな真実と愛の物語です。


今回解禁される予告編では、一人の精神科医の男が過去を失った老女ローズ(ヴァネッサ・レッドグレ イヴ『ジュリエットからの手紙』)と出会うところから始まります。



「自分の子供を殺したことを、理解できていない」老女として約 40 年間精神病院に収容され続けている彼女だったが、精神科医には「私には愛する夫がいて、息子は生きている」とはっきりと主張。最初は取り合わなかったが、偶然 手にすることになった彼女の聖書には 1940 年代、権威や宗教に逆らえば決して生きていけない、 第二次世界大戦下のアイルランドで出会ったマイケル(ジャック・レイナー『シング・ストリー ト 未来へのうた』)とローズ(ルーニー・マーラ『キャロル』 )の甘い日々と周囲との軋轢、そ れでも貫き通した半世紀にも及ぶ愛と真実の物語“が書き綴られていた。

「愛を知れば真実が 見えるはず」と語るローズには、一体どんな過去が秘められているのか。

半世紀のときをこえ て徐々に紐解かれる記憶が、我々に思いがけない驚きと胸を震わす感動をもたらせてくれるかを、感じさせる予告編。

映画情報どっとこむ ralph ポスタービジュアルでは「めくるたびにあふれる、真実と愛」のキャッチコピーとともに、何にも揺るがない強い決意を感じさせる眼差し を持つ 40 年前のローズと、それを貫き通した現在のローズの優しい眼差しの対比が描かれており、思うままに生きることも恋も許されな かった激動の時代を、自らの意思で生き抜いた女性の強さと 優しさと感じさせるものとなってます。


ローズの秘密の頁(ページ)

原題『The Secret Scripture』
公式 HP:rose.ayapro.ne.jp

アイルランド西部にある聖マラキ精神病院。取り壊しが決まり、転院する患者たちの再診のために病院を訪れた精神科医のスティーヴン・グリーン(エリッ ク・バナ)は、赤ん坊殺しの罪で“精神障害犯罪者”として 40 年もの間収容されている老女ローズ・F・クリア(ヴァネッサ・レッドグレイヴ)を看ることになる。 赤ん坊殺しの罪を否認し続け、自分の名を「ローズ・マクナリティ」と訴え続ける彼女の様子が、一般的な患者と異なることに気付いたグリーン医師は、ロー ズが大切にしている 1 冊の聖書の存在を知り、彼女の過去に興味を持ちはじめる。ローズは何十年にもわたって、聖書のなかに秘かに日記を書き綴ってい たのだ。そして、彼女は日記を辿りながら半世紀前の記憶を遡り、自分の人生を語り始める——

***********************************

監督・脚本:ジム・シェリダン『マイ・レフトフット』『父の祈りを』原作:セバスチャン・バリー「The Secret Scripture」出演:ルーニー・マーラ『キャ ロル』、ヴァネッサ・レッドグレイヴ『ジュリエットからの手紙』、エリック・バナ『ミュンヘン』、ジャック・レイナー『シング・ストリート 未来へのう た』、テオ・ジェームズ『ダイバージェント』2016/アイルランド/スコープサイズ/DCP/108 分/カラー/英語/字幕翻訳:稲田嵯裕里
映倫 G
提供・配給:彩プロ
© 2016 Secret Films Limited
      
関連記事:


良かったらランキングUPにご協力ください。
にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へにほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ