ジュリア・デュクルノー監督『RAW〜少女のめざめ〜』ポスタービジュアル解禁


映画情報どっとこむ ralph この度、カンヌ国際映画祭にて批評家連盟賞を受賞し、今最も注目を集める新人フランス人女性監督、ジュリア・デュクルノー監督の初長編作品『RAW〜少女のめざめ〜』の公開日が2018年2月2日(金)に決定しました。

TOHOシネマズ六本木ヒルズ他全国ロードショーとなります。

また、今回ポスタービジュアルも解禁。
主人公ジュスティーヌの強い眼差しが印象的なデザインに加え、“知ってしまった味タブー—。”というフレーズが、ミステリアスな雰囲気を感じさせるポスターとなっている。フランス・パリ出身のジュリア・デュクルノー監督は、フランソワ・オゾンが通ったフランスの名門映画学校「ラ・フェミス」の出身。短編映画『Junior』(11’)でカンヌ国際映画祭のペティットレイル・ドールを受賞し、長編監督デビュー作となる本作では、2016年カンヌ国際映画祭批評家週間でワールドプレミア上映され、スタンディングオベーションが巻き起こり、批評家連盟賞を受賞した。その後もトロント国際映画際を筆頭に様々な映画際で数々の賞を受賞。一躍、注目監督の仲間入りを果たす。海外の映画レビューサイト、ロッテン・トマトでも批評家の評価は90%と高評価を取得。日本では今年のフランス映画祭で初上映となり、チケットは即完。主演を務めるのは、デュクルノー監督の短編映画『Junior』で女優デビューを果たし、本作で演技力の高さを賞賛され、今注目のフランス人若手女優、ギャランス・マリリエが務める。


原題:『GRAVE』英題『RAW』
公式サイト:raw-movie.jp

少女の成長を通じて“究極の愛”が描かれる。16歳のジュスティーヌは厳格なベジタリアンの獣医一家に育ち、両親、姉と同じ獣医学校に入学。初めて親元を離れ、見知らぬ土地の大学寮で学生生活を送ることになった彼女は、新しい環境で不安に駆られる日々を過ごす。新入生通過儀礼として生肉を食べることを強要されると、どうしても学校に馴染みたいという思いから家族のルールを破り、人生で初めて肉を口にする。その行為によってジュスティーヌの本性が露わになり、次第に変貌をとげていく。彼女が本当に求めるものとは。

2月2日(金)よりTOHOシネマズ六本木ヒルズほか全国ロードショー。

***********************************

監督・脚本:ジュリア・デュクルノー
出演:ギャランス・マリリエ、エラ・ルンプフ、ラバ・ナイト・ウフェラ

2016年制作/製作国:フランス・ベルギー/本編尺:98分/カラー/音声:5.1ch/R-15コピーライト:©2016 Petit Film, Rouge International, FraKas Productions. ALL RIGHTS RESERVED.

ユニバーサル映画
配給:パルコ
宣伝:ライトフィルム

関連記事:


良かったらランキングUPにご協力ください。
にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へにほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ