原作との違いの理由も語る「勝手にふるえろ」大九明子監督トークセッション


映画情報どっとこむ ralph 映画松岡茉優主演「勝手にふるえろ」が12月23日公開となります。原作は、01年に「インストール」でデビュー、「蹴りたい背中」で第130回芥川賞を受賞した作家・綿矢りさによる同名小説。
主人公ヨシカは、松岡茉優。渡辺大知と、DISH//北村匠海が”脳内片思い”と”リアル恋愛”の2人の彼氏、理想と現実、どっちも欲しいし、どっちも欲しくない・・・恋愛に臆病で、片思い経験しかないヨシカが、もがき、苦しみながら本当の自分を解き放つ!!
ラブコメ史上最もキラキラしていない主人公の暴走する恋の行方を、最後まで応援したくなる本作の監督大九明子さんによる試写会上映後のトークセッションが行われました。

日程:12月4日(月)
場所:神楽座
登壇:大九明子監督

映画情報どっとこむ ralph 試写を終えた会場に大九明子監督が現れると温かい拍手が。

まずは作品が出来た経緯について、

大九監督:『でーれーガールズ』という作品でご一緒した白石プロデューサーがこの企画を持ってきてくれました。タイトルを見た瞬間にすぐにやりたいと思いましたね。この原作は読んだことはなかったですが、私は”若い人に向けた毒のあるエール”のように聞こえました。自分が20代の時に撮った『意外と死なない』という作品と通ずるものを感じられました。

と自らの過去作との繋がりを述べた。

大九監督:原作では勝手にふるえてろというセリフはイチに向かって言っているのですが、最初の第一印象が若い女の子へのメッセージのように感じたので、それを払拭できず、その勢いで映画ではヨシカがヨシカ自身に言うという脚本にしました。

と原作ファンが気になっていると思われる、その変更点の意味を語りました。

映画情報どっとこむ ralph さらにモノローグで進む原作からのアレンジについて監督は、

大九監督:最初に白石プロデューサーから会話劇にしたいという要望がありました。構成を思いつくまではとても苦労しましたが、主演松岡さんとは現場で何度かお仕事をしていたので、松岡さんは相手が誰であれ話をしていくという性格で、序盤のヨシカの一人会話劇を思いつきました。松岡さんは理想のキャスティングだった。

と主演松岡さんからの着想を語った。

他のキャストについて監督は、

大九監督:二はマッチョな感じにするのかなどビジュアル含めていろいろ悩みましたが、結局はお恥ずかしながら自分の好みで決めました。

と意外なキャスティング理由を暴露。

大九監督:大知くん自体は役柄の二よりももっと鬱陶しくて、考え込むとずっと考え込むタイプで、大変でしたね。

と普段の姿について言及。

大九監督:あと、大知くんは卓球をずっとやっていて、それで猫背。大知くんのキャスティングが決まってから、卓球のシーンをいれました。

と、渡辺さんご自身が、キャラクターに反映されていることを語った。



続いて話題はイチ役北村匠海さんについて。「ヨシカは王子様として見ているけど、人のことに興味がない残酷な人というキャラクター。北村くんの優しい声はとても気持ちがいいので、1度目は“素敵・・”“と思わず思ってしまう言い方でした。そこで、普段人のことを真っ直ぐ見ないイチがヨシカを真っ直ぐ見て話すシーンは

ヨシカを見下していたからと説明したら、次のテイクはすぐに演技が変わって、頭の良い方だなと思いました」とイチというキャラクターらしさの演出を語った。



大九監督:そのシーンは朝日をバックにしたベランダのシーンで、部屋中シーンの撮影後に朝日までずっと待っていた。朝日を撮影したことがない人はわからないかもしれないけど、ものすごいスピードで登るんですよ。緊張感のある撮影でしたね。

と苦労を話した。
その他の印象的なシーンとして、

大九監督:歌のシーン。あれは現場で松岡茉優が歌っているものを同録しています。松岡茉優は「私はもっと歌がうまい」と言っていましたが、あれは歌ではなく、ヨシカの心の叫びなのであえて練習をしないでと言いました。

とヨシカらしさを出すためのこだわりを話しまた。

劇中に登場するアンモナイトについても聞かれた監督。

大九監督:あれはネットで買った本物です。アンモナイトが赤ちゃんみたいなんだよねと私が言ったら、松岡さんも赤ちゃんをあやすように演技をしてくれました。ただ孤独な部屋でその演技はあまりにも可哀相だったのでカットしました。

と小物にまつわる裏話を披露。
また、序盤のタイトルロゴついて、

大九監督:こだわりました。今年の一月に仕上げ作業をしていたが、お気に入りの阿武咲関のまわしの色という指定をしました。生まれた時から相撲が好きなので。

とまさかの理由を暴露。

映画情報どっとこむ ralph 大九監督:撮影はちょうど去年の12月頃。トータルで20日間ぐらいの撮影でした。実際の撮影日でいうと18日ぐらいだった。普通は天気予備日というものをつくっておくのですが、最初から入れていなかったんです。雨が振ったら雨をいかして撮影しようというテンションだった。ただ、撮影運がとてもよかったんですよ。私、神頼みをいつもしていますから。財布は五円玉でぱんぱんですし。今作だけじゃなく昔から恵まれてました。

と自らの強運をアピール。

大九監督:例えばラブホテル前のシーンは町田だったのですが、撮影時、アメダスで“雨”となっているにも関わらず、撮影している場所はまったく降っていなかった。終盤にちょっと降り始めたぐらいで、撮影を終えた瞬間に一気に降ってきました。やっぱり神様っていると思いましたね。

と本作を完成までの秘話を語った。

続いて

大九監督:演出がとても面白くて、普段からネタをためているのですか?どういうところからアイデアが出てくるのか。

という観客からの質問に対して、

大九監督:人を笑わせること、人を泣かせることは似ていると思っていて。人の感情を撼わすということは難しいことなんだよと昔教わったので、常に大事にしていこうという意識はいつも思っています。

と自身のポリシーを述べた。

映画情報どっとこむ ralph 監督は最後に、

大九監督:映画を撮る上で、ご覧になった方々がどう思っているかについてはいつも心震わしているので、願わくばいい時間だったなと思っていただければ嬉しいです。

と述べ、イベントを終えました。

勝手にふるえてろ

http://furuetero-movie.com/

【STORY】

“脳内片思い”の毎日に“リアル恋愛”が勃発!?

2人の彼氏(?)の間で揺れながら、傷だらけの現実を突き抜ける 暴走ラブコメディ!

24歳のOLヨシカは中学の同級生「イチ」(北村匠海)へ10年間片思い中!

そんなヨシカの前に、突然暑苦しい会社の同期「ニ」(渡辺大知)が現れ告白される。「人生初告られた!」とテンションがあがるも、ニとの関係にいまいち乗り切れないヨシカ。

ある出来事をきっかけに「一目でいいから、今のイチに会って前のめりに死んでいこうと思ったんです」と思い立ち、同級生の名を騙り同窓会を計画。ついに再会の日が訪れるのだが…

***********************************

原作:綿矢りさ著『勝手にふるえてろ』文春文庫刊
監督・脚本:大九明子

出演:松岡茉優 渡辺大知(黒猫チェルシー)石橋杏奈 北村匠海(DISH//)

趣里 前野朋哉 池田鉄洋 稲川実代子 栁俊太郎 山野海

梶原ひかり 金井美樹 小林龍二(DISH//) 増田朋弥 後藤ユウミ 原扶貴子 仲田育史 松島庄汰 古舘寛治 片桐はいり

配給:ファントム・フィルム

主題歌:黒猫チェルシー「ベイビーユー」(Sony Music Records)
©2017映画「勝手にふるえてろ」製作委員会
   
関連記事:


良かったらランキングUPにご協力ください。
にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へにほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ