吉田大八監督『羊の木』場面写真を一挙解禁


映画情報どっとこむ ralph さびれた港町にやってきた、見知らぬ6人の男女平凡な市役所職員が知った驚愕の事実― 「彼らは全員、元殺人犯」

吉田大八監督の最新作『羊の木』が2018年2月3日(土)より全国公開します。

原作は熱狂的な支持を集める山上たつひこ×いがらしみきおの巨匠タッグによる超問題作「羊の木」。
主人公の月末(つきすえ)を演じるのは、本作が吉田大八監督作品への初参加となる錦戸亮。吉田監督が「ひたすら受けの芝居が続く難しい役柄なのに1シーンとして同じ表情がない。いつまでも見ていたくなる」と絶賛した絶妙な存在感で、思いがけず元受刑者の受け入れ担当者になってしまった気のいい市役所職員の戸惑いと揺れを見事に表現。さらに松田龍平、木村文乃、北村一輝、優香、市川実日子、水澤紳吾、田中泯ほか、日本映画界屈指の実力派が集まり、極限のヒューマン・サスペンスが誕生しました。

この度、本作の場面写真を一挙解禁。

映画情報どっとこむ ralph 舞台は、ある港町・魚深市。市役所職員・月末(錦戸亮)は、見知らぬ男女6人(北村一輝、優香、市川実日子、水澤紳吾、田中泯、松田龍平)の受け入れを担当するが、移住してきた彼らは、どこかおかしい。町が抱える過疎問題を解決するために、元受刑者を受け入れるという“国家の極秘プロジェクト”であることを告げられた月末が知った、さらなる衝撃。

“彼らは全員、元殺人犯”

今回解禁された場面写真は、“元殺人犯”という素性を隠しながら“新住民”として移住してきた男女6人のうちの一人である宮腰(松田)が無表情に一点を見つめる写真
6人それぞれが新住民として街で交流する姿を切り取った5点。
月末の同級生である文(木村)の前ではにかんだ笑顔を見せる宮腰、
お互いの存在を知らない6人だが接触することになる杉山(北村)と大野(田中)、
月末の父・亮介(北見敏之)と急接近する太田(優香)、
子供たちに囲まれる清掃員の栗本(市川)、
そして、暴れる福元(水澤)を抑えようとする大野の姿をとらえている。

映画情報どっとこむ ralph “元殺人犯”を受け入れた街は、一体どうなるのかー。さまざまな過去を抱えた登場人物たちに翻弄される月末を待ち受ける衝撃の結末とはー。『羊の木

hitsujinoki-movie.com
物語・・・
素性が知れないものたち、信じるか?疑うか?
さびれた港町・魚深(うおぶか)に移住してきた互いに見知らぬ6人の男女。市役所職員の月末(つきすえ)は、彼らの受け入れを命じられた。一見普通にみえる彼らは、何かがおかしい。やがて月末は驚愕の事実を知る。「彼らは全員、元殺人犯」。それは、受刑者を仮釈放させ過疎化が進む町で受け入れる、国家の極秘プロジェクトだった。ある日、港で発生した死亡事故をきっかけに、月末の同級生・文(あや)をも巻き込み、小さな町の日常の歯車は、少しずつ狂い始める・・・。
***********************************

出演:錦戸亮  木村文乃 北村一輝 優香 市川実日子 水澤紳吾 田中泯/松田龍平
監督:吉田大八 『桐島、部活やめるってよ』『紙の月』
脚本:香川まさひと
原作:「羊の木」(講談社イブニングKC刊) 山上たつひこ「がきデカ」、いがらしみきお「ぼのぼの」
© 2018「羊の木」製作委員会 ©山上たつひこ いがらしみきお/講談社
配給:アスミック・エース
関連記事:


良かったらランキングUPにご協力ください。
にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へにほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ