モーツァルトは究極の“一夜づけ”「ドン・ジョヴァンニ」はこうして生まれた!


映画情報どっとこむ ralph モーツァルト生誕260年。

モーツァルト映画最新作『プラハのモーツァルト 誘惑のマスカレード』が、12月2日(土)よりヒューマントラストシネマ有楽町、新宿武蔵野館ほか全国公開となります。

世界中で親しまれ、数々の名曲を生み出したアマデウス・モーツァルト。本作は、偉大なる天才音楽家の生誕260年を記念して、アカデミー賞8部門受賞作『アマデウス』(84)以降、満を持して制作された本格的モーツァルト映画となる。1787年、モーツァルトがプラハで「ドン・ジョヴァンニ」を作曲したという史実に想を得て、猟色家ドン・ファンを主人公にしたオペラ創作の背景に、モーツァルト自身を巻き込んだ愛と嫉妬と陰謀の三角関係があったとする独創的な作品。
強姦と殺人に手を染める稀代のアンチヒーロー・貴族ドン・ファンを主人公に据えたオペラ「ドン・ジョヴァンニ」は、1787年にプラハのノスティッツ劇場(現エステート劇場/スタヴォフスケー劇場)で当時31歳のモーツァルト自身の指揮により、初日の幕を開けた。

映画の中では、その由緒ある劇場の外観を目にすることができる。さらに上演シーンは、チェスキー・クルムルフの宮殿劇場で撮影されており、世界遺産にもなっている格調高い建物の内部を楽しむことができ必見だ。

クラシックファンの中でも知る人ぞ知る言い伝えによれば、なんと初日の前夜、序曲を作曲し忘れたことに気付いたモーツァルトは、妻コンスタンツェが注ぐポンチを飲みながら、徹夜で序曲を書き上げた。

オーケストラの団員に序曲の楽譜が渡された時、まだインクが乾いていなかった――という。このエピソードは本編でも再現され、妻に見守られながらモーツァルトが鬼気迫る想いの中夜通しペンをとり、楽団員たちはリハーサルなしのぶっつけ本番で演奏に臨んで観客を驚かせる様子が映されている。終盤ではオペラ「ドン・ジョヴァンニ」の物語と、歌姫スザンナを巡り起こってしまった“事件”とがリンクし、アナイリン・バーナード演じるモーツァルトが激しく心揺さぶられながらも渾身の力で指揮に取り組む姿が涙を誘うだろう。

映画情報どっとこむ ralph 映画『プラハのモーツァルト 誘惑のマスカレード

は12月2日(土)ヒューマントラストシネマ有楽町、新宿武蔵野館ほか全国ロードショー。

Mozart-movie.jp

STORY
1787年、プラハはオペラ「フィガロの結婚」の話題で持ちきりだった。上流階級の名士たちは、モーツァルトをプラハに招き新作を作曲させようと決める。その頃、モーツァルトは三男を病で亡くし失意のどん底にあり、陰鬱な記憶に満ちたウィーンを逃れるために、喜んでプラハにやってきた。友人ヨゼファ夫人の邸宅に逗留して、「フィガロの結婚」のリハーサルと新作オペラの作曲にいそしむモーツァルト。やがて、彼は、「フィガロの結婚」のケルビーノ役に抜擢された若手オペラ歌手のスザンナと出会い、その美貌と才能に大いに魅了される。一方、スザンナもモーツァルトが妻帯者と知りながら、その天才ぶりに引き付けられずにはいられなかった。急速にその距離を縮める二人。しかし、オペラのパトロンであり、猟色家との噂のあるサロカ男爵もまた、スザンナを狙っていた。三人のトライアングルは愛と嫉妬と陰謀の渦に引き込まれてゆく―

***********************************

監督:ジョン・スティーブンソン
出演:アナイリン・バーナード、モーフィッド・クラーク、ジェームズ・ピュアフォイ、サマンサ・バークス
原題: Interlude in Prague
配給:熱帯美術館
提供:熱帯美術館
ミッドシップ
2016年/UK・チェコ/103分/カラー/シネマスコープ/5.1ch
© TRIO IN PRAGUE 2016
関連記事:


良かったらランキングUPにご協力ください。
にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へにほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ