高橋ヨシキ x 小林勇貴監督 熱く語った!『全員死刑』トークイベント


映画情報どっとこむ ralph 『全員死刑』

けしからん!日本映画界を狂わす今もっとも注目すべき危険な狂悪エンターテイメントが誕生!強い家族の絆、熱い親子愛が、監禁、暴行、絞殺、毒殺、銃殺と連続殺人にエスカレート!かつて福岡で発生し、被告である家族4人全員に死刑判決が下った異例の事件。

自らの殺人を武勇伝として語り、現在も死刑囚として投獄中の次男が記した手記をモチーフに小林勇貴監督が、『凶悪』の製作陣と共に『全員死刑』として映画化。借金を抱え困窮した生活を送っていた4人のヤクザ一家が、近所の資産家の金を奪おうと無謀な計画で1人を殺害したことをきっかけに、連続殺人へと狂い咲いて行く様を、実行犯の次男の目線で描く問題作。

公開2週目を迎え、ここからもっともっとこの映画を盛り上げるべく、ヒューマントラスト渋谷にて、映画界の重鎮をお招きし、3日間連続・特別トークショーを行いました。第一弾の本日11月27日は映画ライターであり、今作のアート・ディレクターも務めた高橋ヨシキさんが登壇!!!

日付:11月27日
場所:ヒューマントラスト渋谷
登壇:高橋ヨシキ、小林勇貴監督

映画情報どっとこむ ralph 小林監督:映画を殺(と)る前には、デザイナーの仕事をしていて、その前には都内のデザイナーの専門学校に通っていて、ヨシキさんにすごく憧れてイベントに行ったりしていたんです。イベントでずーーーとメモとってるおかしなやつとかいると思うんですけど、あれ俺で(笑)そこで勉強したことを使って、今回商業映画を殺らせてもらって、ヨシキさんから影響うけたところを、ヨシキさんがさっき控室で『あそこがよかった』と言ってくださって、もう失神しそう(笑)

高橋さん:いやいや、ありがとうございます。(笑) 本当に今回、これまでの予算は5万円だったということで、人にギャラは払っていないですよね?今回は商業ということでどうでしたか。前の作品はわりと人がたくさん映っていて、そういう意味では、人数がたくさんいる現場というのには慣れていらっしゃったのかなと思うんですけれど。

小林監督:そうですね、ギャラは払ってないです。5万円だったので。(笑) 前は不良がたくさんいましたけど、やるのは全部自分だったので。たまに照明をもってくれる不良がいたりするんですけどじっと立っていられなかったり、録音のマイク持っている不良は、マイクの部分を触っちゃったり。今回はそういう人がいなくて、職人さんが集まってくれて、全然違うなと思いました。


高橋さん:今回は原作のをやりたいなというところから始まっていると思うんですけど、『ペイン&ゲイン 史上最低の一攫千金』という映画があるんですけど。これみると『全員死刑』と同じノリの映画で、自分たちが不当な扱いを受けていると思い込んでいる人たちが一発逆転を狙う、という部分が共通していると言えると思うんです。やっぱり今の日本というのは非常に息苦しい社会になっていて、特に実話を映画化するとなった時に、真面目な意味を持たせなくてはいけない部分があって。しかし、今回非常に画期的だと思ったのは、『全員死刑』は実話をモチーフにしながらも、ただ真面目につくって、だれからも文句を言われないようにするということの真逆をやっているじゃないですか。その辺の考えをぜひ聞かせてください。

小林監督:もともとの事件が、まず面白いじゃないですか。それを映画にする。映画は見世物小屋商売だと思ってるんですけど、平山夢明さんが、パンフレットに寄せてくれた言葉で、『呑めば死ぬ毒でも観るだけなら勉強になる、知恵になる、猛毒になれる。』とおっしゃってくれて、本当にそう思うんです。それを楽しんで何が悪いんだろう、ダメなものを楽しんで何が悪い。健全健康にそもそもなかったことにしよう、とすることに反吐がでる。こういうもので、映画として楽しんで何が悪い!と思ったんです。

高橋さん:これ原作を読んだ方ならわかると思うんですけど、全部実話なんですね。本当にびっくりなんですけど、本当にあったことなんですよね。めちゃくちゃ恐ろしい事件なんですよね。なにが恐ろしいかっていうと、全部で30万くらいのため、無関係な人も含め、2日間で全部で4人殺してて。

小林監督:原作だと犬も一匹死んでるんですよ。

高橋さん:犬がひどい目に合うのは映画ファンが結構嫌がるよね。(笑)

この作品で一番好きなのはコンビニでのシーンなんですけど、あれは原作にはない視点の部分でコンビニの中でなにが起きているのか実際にはわからないんですよね。『グットフェローズ』に匹敵するやりとりだと思うんです!あのやりとりが本当に素晴らしいと思っていて。映画の中でそういうやりとりをメインにすることがめずらしいんですよね。あの恐怖っていうのは映画の中で観ることはなかなかなくて、観ていてゾクゾクしました。感動しました。

小林監督:あれ自体は、レフン監督の『ブリーダー』でコンビニ店員につっかかるシーンがあったのを観たりしていて、原作を読んでいた時に、「俺、こっち側の視点が知りたい!」と思って。

高橋さん:実際には出会いたくないですよね(笑)あんな嫌な人。一番最初のシーンを観ても、嫌な人間の基礎がしっかりしているな、と思いました。

小林監督:不良から全部教えてもらいました。

高橋さん:いままで、見たことのないようなタイプのギャングをみせてくれることに新鮮味な感動があって、役者の人たちもだいたい同じような人たちに流れていきがちなんですけど、今回はそういう意味でも本当にいいなと思いました。

小林監督:うれしいです。やくざとかって、やっぱり型みたいのがあって、それは一種の差別だと思うんです。実際、ちゃんと描けば面白いんですよね。

高橋さん:あと、『全員死刑』はいろいろなことをやっている映画だと思っていて、あえて実録風ではなくしている部分や、思い切った風景もおもしろいと思ったんですけど、映画全体としてはいわゆる“犯罪もの”とは違う、ジャンル分けが難しいものだな、思いました。

小林さん:昔から気を付けているのは、不良の一日にだって、彼女とのラブストーリーや友達と遊んだりする青春だったり、いろんなジャンルがあるのに、なぜジャンルが分けられるんだろう、と思っていて。そしたらシーンごとにジャンルを分けて、いろんなものを観れた方がお客さんにとってもいいんじゃないかと思ったんです。
高橋さん:それは本当に面白いと思いました。よく「笑えて泣ける」、と言いますけど、そのほかにも怯えたり泣いたり、とかいろいろありますからね。一つの気持ちでぐいぐい押してくる映画って飽きちゃうんですよね。『全員死刑』のドライブ感というか、ジェットコースターのようにいろんなところにひっぱっていってくれる部分が、観客を惹きつけているとおもいます。こういう驚くべき映画を引っ提げて登場した小林監督ですが、チンピラものだけでなく、いろんなジャンルの映画が撮れる監督だと思っています。今後も狂った映画をたくさん撮っていただきたいですし、みなさんにも足を運んでいただければと思います。

小林監督:ヨシキさんにずっと憧れていて、そのヨシキさんにポスターをつくっていただいて、本当にうれしくて。劇中の映像もヨシキさんが作ってくれて…・こんな夢のかなえ方あるんだと・・・・俺嬉しい!!!!ほんとうに嬉しいです。本当にこだわりを持って一カット一カット撮って、二度と撮ることができるようなカットを積み重ねて一本の映画を撮って、それが映画なんだとおもいました。全力でいろんな仕掛けをつくって、いろんな楽しみ方をできる映画を撮ったつもりです。もし気に入っていただけたら、何度か観ていただければ嬉しいです。本当にすごく自信があります。まだ観てない不届き者がいたら、ぜひ皆さんに広めていただいて、俺たちの作った映画で怖がったり笑ったりしてもらえたら、本当に嬉しいです。今日は本当にありがとうございました!!!!

映画情報どっとこむ ralph 『凶悪』製作陣 × 映画初主演:間宮祥太朗 × 超強烈新人監督:小林勇貴

全員死刑

公開中

***********************************

監督・脚本:小林勇貴 
間宮祥太朗 毎熊克哉 六平直政 入絵加奈子
清水葉月 落合モトキ 藤原季節 鳥居みゆき 
原作:鈴木智彦「我が一家全員死刑」(コアマガジン刊) 
脚本:継田淳 音楽:中川孝
エンディングテーマ:HER NAME IN BLOOD「Answer」(WARNER MUSIC JAPAN)
配給:日活/東京テアトル
     
関連記事:


良かったらランキングUPにご協力ください。
にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へにほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ