山田洋次、姜尚中、久米宏らが映画『ヒトラーに屈 しなかった国王』絶賛のコメント!


映画情報どっとこむ ralph このたび、アカデミー賞®外国語映画賞ノルウェー代表の映画『ヒトラーに屈 しなかった国王』(12/16、シネスイッチ銀座ほか全国順次公開)の来月公開を前に、各界著名人の皆様か ら絶賛のコメントが到着しました!

山田洋次(映画監督)
ぼくたちが羨む豊かな国、ノルウェーの映画人が創る反ナチスの作品は、かくも力強くて美しく、しかも上品である。お見事。

姜尚中(東京大学名誉教授)
ナチスドイツの侵略に揺れるノルウェー王国 「民主主義に背くならば王室の解体を!」自らそう言い放った老国王の最後の決断は。 祖国とは、民主主義とは、そして家族とは、、、。心打つ感動巨編!

久米宏
日本人でありながら、民主制と王制の共存を真剣に考えたスカンジナビア半島で国王になった人物から、教えてもらった。彼が闘ったナチスドイツと、日本は同盟を結んでいたことをうっかり忘れるところだった 人間は忘れっぽい。

かわぐちかいじ(マンガ家)
国家とは国民です。その尊厳とは何か。国が蹂躙される時、人々はどう立ち向かうのか、ホーコン国王の姿勢、言動の中にその答えがあります。 同じく皇室と共に生きる日本人にとってこれは切実な実話、物語です。

増田ユリヤ(ジャーナリスト)
この国の未来は国民の総意で決まる」。これこそがノルウェー国王ホーコン7世のいう民主主義の「正しい道」なのだろう。平和を絶対に手放してはいけない。

神田秀一(皇室ジャーナリスト)
昭和天皇は国民と共に歩んだ。映像に映ったホーコン7世の決断は昭和天皇の言葉と重なった。 「生涯2度自分の意思で決めたことがある。2.26事件とポツダム宣言だ」。 ホーコン7世の重い選択は現代にも通じる。

映画情報どっとこむ ralph ヒトラーに屈 しなかった国王

12/16(土)、シネスイッチ銀座ほか全国順次公開

ストーリー
1940年4月9日、ナチス・ドイツ軍がノルウェーの首都オスロに侵攻。ドイツ軍の攻撃に交戦するノルウェー軍だったが、圧倒的 な軍事力によって、主要な都市は相次いで占領される。降伏を求めてくるドイツ軍に対しノルウェー政府はそれを拒否し、ノルウェー国王の ホーコン7世は、政府閣僚とともにオスロを離れる。一方、ドイツ公使は再度の降伏要求のため、ノルウェー政府に国王との謁見の場を設け ることをつきつける。翌日、ドイツ公使と対峙した国王は、ナチスに従うか、国を離れて抵抗を続けるか、家族のため、国民のため、国の運命 を左右する究極の選択を迫られるー。北欧の小国ながらナチス・ドイツに最も抵抗し続けたノルウェーにとって、歴史に残る重大な決断を下 した国王・ホーコン7世の運命の3日間を描く。

***********************************

出演:イェスパー・クリステンセン、アンドレス・バースモ・クリスティアンセン、カール・マルコヴィクス

監督:エリック・ポッペ 「おやすみなさいを言いたくて」
製作:ピーター・ガーデン
2016/ノルウェー/ノルウェー・独・デンマーク・スウェーデン語/136 分/DCP/映倫 G

配給:アット エンタテインメント
(C)2016 Paradox/Nordisk Film Production/Film Väst/Zentropa Sweden/Copenhagen Film Fund/Newgrange Pictures
関連記事:


良かったらランキングUPにご協力ください。
にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へにほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ