小田学監督『サイモン&タダタカシ』公開決定!TWITTERドラマも配信


映画情報どっとこむ ralph 園子温、矢口史靖、李相日など日本映画界の第一線で活躍する監督たちを世に送り出してきた新人監督の登竜門「PFF(ぴあフィルムフェスティバル)」。

その<PFFアワード2014>ジェムストーン賞を受賞した小田学監督の長編デビュー作『サイモン&タダタカシ』の公開が2018年春に決定しました。
第28回ジュノン・スーパーボーイ・コンテストフォトジェニック賞を受賞し、今作が映画初出演&初主演となる阪本一樹と、来年役者デビュー20周年を迎える俳優須賀健太がダブル主演。二人は、親友に恋をしてしまったサイモンと、親友の恋心に気づかず“運命の女”探しに誘うタカシを演じています。

公式サイト:http://saimon-movie.com/
公式twitter:@saimon_movie
公式Instagram:saimon_tadatakashi

2018年<春>シネ・リーブル池袋ほか全国公開です。

物語・・・
「好きな人が絶対に自分を好きになってくれなかったらどうする?」工業高校3年生。卒業後は大学に進学するサイモンと、実家の工場を継ぐ親友のタダタカシ。男だらけの生活に焦ったタカシは、サイモンと共に“運命の女”を探すための旅に出る。ギター片手に全力で突き進むタカシに対し、秘めた想いを伝えられないサイモン。夜空に流れ星が降った夜、それぞれの想いを抱えた旅は、予測できない結末へと進みだす。

PFFスカラシップとは
「映画の新しい才能の発見と育成」をテーマに1977年にスタートした「PFF(ぴあフィルムフェスティバル)」。「才能の発見」にあたる一般公募による自主製作映画のコンペティション部門「PFFアワード」の受賞監督から次回作の企画を募り、1名を選出し企画開発から公開までをトータルプロデュースし「才能の育成」を図る1984年から始まった長編映画製作支援システム。これまでに園子温、李相日、橋口亮輔、矢口史靖、石井裕也といった日本映画界を支える監督陣を輩出している。

日活株式会社

映画情報どっとこむ ralph そして!本作の監督を務めた小田学監督が、ミオヤマザキの人気楽曲をテーマに制作されている、話題沸騰のTwitterドラマ第三弾「家族になれたら」の監督に選出され、12月6日(水)より配信がスタートします。
出演は、天才てれびくんなどで子役時代から活躍、「ピチレモン」モデル、「テッド」で吹き替え、その他にも映画、ドラマ・舞台など多岐にわたって活動し、今はyoutuberとしても大人気のてんちむ、EXILE SHOKICHIの実の弟で、劇団EXILEのメンバーとして大活躍中の八木将康、そして、頑固親父役には渡辺哲が出演、音楽は全てミオヤマザキが担当。

Twitterドラマ第3弾「家族になれたら」は、12月6日から以下の各出演者の公式Twitterアカウントで公開です。

ミオヤマザキオフィシャルTwitter:
@mio_yamazaki

てんちむオフィシャルTwitter:
@tenchim_1119

劇団EXILEオフィシャルTwitter:
@gekidanexile

twitterドラマ『家族になれたら』

出演:てんちむ、八木将康、山本圭祐、渡辺哲
監督:小田学
脚本:吉田香織
制作:TOIL&MOIL
制作協力:ジャンゴフィルム
企画・音楽:ミオヤマザキ
協力:プレゼンスマネジメント
主題歌:ミオヤマザキ「愛されたいよ。」

***********************************


関連記事:


良かったらランキングUPにご協力ください。
にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へにほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ