『ダンシング・ベートーヴェン』アランチャ・アギーレ監督来日&特別試写会に登壇!


映画情報どっとこむ ralph 天才振付家モーリス・ベジャール没後10周年にあたる今年、ベジャールの代表作のひとつ「第九交響曲」の舞台裏を捉えた感動のドキュメンタリー『ダンシング・ベートーヴェン』が12月23日(土)よりヒューマントラストシネマ有楽町、新宿武蔵野館、YEBISU GARDEN CINEMA他にて公開となります。

この度日本公開に先駆け、11月21日(火)、本作の特別試写会がアンスティチュ・フランセ東京にて実施され、来日中のアランチャ・アギーレ監督が上映後のトークに登壇!

スイス大使館文化部長ジョナス・プルヴァ氏と、本作製作の経緯や作品に込めた思い、そして敬愛するモーリス・ベジャール氏への思いなどをたっぷり語りました。

アランチャ・アギーレ監督(左)とスイス大使館 文化・広報部長ジョナス・プルヴァ氏


日付:11月21日(火)
会場:アンスティチュ・フランセ東京
登壇:アランチャ・アギーレ監督、スイス大使館 文化・広報部長ジョナス・プルヴァ

映画情報どっとこむ ralph 11月23日が10回目の命日にあたるモーリス・ベジャール。

彼は古今東西の芸術を取り入れ、実験的な作品を次々と発表、ベートーヴェン「第九交響曲』」やベルリオーズ「ロメオとジュリエット」、ワーグナー「ニーベルングの指環」、そしてラヴェル「ボレロ」、ストラヴィンスキー「春の祭典」など傑出した大作を次々発表。さらに日本文化にも造詣が深く、三島由紀夫をテーマにした『M』、「仮名手本忠臣蔵」を基にした『ザ・カブキ』などを振付けており、バレエ界に革新をもたらした天才振付家として、いまなお色あせることなく世界中から愛され、日本にも多くのファンを持つ。

そんなベジャールの魅力について、アランチャ・アギーレ監督は、

アランチャ・アギーレ監督:私がベジャールの仕事の中で、最も惹かれたのは、喜び、歓喜、そして強いエネルギーです。これらがすべて観客に向かうことに非常に感銘を受け、魅了されました。彼は天才であり、彼の作品は時間を超えて生き続けるものだと思っています!

とベジャールのバレエスクールで学んだ経歴をもつアギーレ監督ならではの言葉で、改めてその功績に深い敬意を表した。
映画情報どっとこむ ralph また本作の中でダンスをどうとらえようとしたのかという質問には、

アギーレ監督:ダンスは演劇と同じように束の間の儚い芸術で、ライブであるダンス自体をフィルムに残すことはその魅力を殺すようなものであるとも言えます。しかしながらカメラで撮影することによって、それらの痕跡を残すことはできる。ある種の感情やライブのスペクタクルが生み出す、いわば香りのようなものを残すことができればと思いました

と語る。さらに

アギーレ監督:私たちはダンサーに舞台以外の生活があるということを時に忘れてしまいます。私はこの映画の中で、ダンサーたちの舞台以外の生活やそこでの彼らの表情も見せたかった。撮影する中で一貫して奇跡のような瞬間を感じてきました。ちょうどベートーヴェンが生涯愛したシラーの詩のように、本作を通して様々な国籍を持つ人々と出会い、様々な文化の中で仕事をすることは私にとっても非常に大きな喜びでした。

と当時を振り返り、本作への思いを改めて語り、上映後の感動冷めやらぬ満員の観客から大きな拍手が沸き起こりました。

モーリス・ベジャール没後10年の今年、WOWOWでも特集が組まれるなど改めてその功績に注目が集まる中、彼の傑作ステージ「第九交響曲」実現の舞台裏に迫る『ダンシング・ベートーヴェン』は見逃せない一本!

ベジャールが「踊るコンサート」と表現した一大スぺクタルを ぜひスクリーンで!

映画情報どっとこむ ralph 21世紀のバレエ史上最高傑作と呼ばれながらも2007年のベジャール亡き後、再演は不可能とされてきた「第九交響曲」。

しかし2014年に東京バレエ団創立50周年記念シリーズ第7弾として、東京バレエ団とモーリス・ベジャール・バレエ団の共同制作という空前絶後の一大プロジェクトが実現! 
本作は、総数80人余のダンサーに、世界的指揮者ズービン・メータ率いるイスラエル・フィルハーモニー管弦楽団、ソロ歌手、合唱団を加え、総勢350人に及ぶアーティストの力を結集した、その舞台裏に密着した感動のドキュメンタリー。

ダンシング・ベートーヴェン

原題:BEETHOVEN PAR BEJART
12月23日(土)、全国公開!
ヒューマントラストシネマ有楽町、新宿武蔵野館、YEBISU GARDEN CINEMA

物語・・・
様々な想いを抱えながら、ダンサーたちは伝説のステージへと挑んでいく――。
スイス、ローザンヌ。『第九交響曲』出演のために過酷な練習に取り組むモーリス・ベジャール・バレエ団のダンサーたち。第二幕のメインをジル・ロマンから任せられた才能豊かなソリスト、カテリーナは踊る喜びに満ち溢れていた。ある日、カテリーナは妊娠が発覚しメインを下ろされてしまう。一方で、お腹の子の父となるオスカーは生まれてくる子のために良き父親になろうとしていた。キャリアが中断されることへの不安と産まれてくる子供への愛情のあいだで揺れ動くカテリーナ。様々な想いを抱えながらダンサーたちは、東京での第九のステージに挑む。

***********************************

振付:モーリス・ベジャール
監督:アランチャ・アギーレ 音楽:ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェン作曲『交響曲第9番 ニ短調 作品125』
出演:マリヤ・ロマン/モーリス・ベジャール・バレエ団:エリザベット・ロス、ジュリアン・ファヴロー、カテリーナ・シャルキナ、那須野圭右、オスカー・シャコン、大貫真幹/東京バレエ団:上野水香、柄本弾、吉岡美佳/クリスティン・ルイス、藤村実穂子、福井敬、アレクサンダー・ヴィノグラードフ、栗友会合唱団 ジル・ロマン(モーリス・ベジャール・バレエ団芸術監督)、ズービン・メータ(イスラエル・フィルハーモニー管弦楽団音楽監督)  
配給:シンカ/宣伝:ブリッジヘッド 協力:東京バレエ団/後援:スイス大使館  
2016/83分/スイス、スペイン/フランス語、英語、日本語、スペイン語、ロシア語/カラー/1:1.78/ドルビー・デジタル5.1ch/字幕:村上伸子、字幕監修:岡見さえ 
© Fondation Maurice Béjart, 2015
© Fondation Béjart Ballet Lausanne, 2015 

関連記事:


良かったらランキングUPにご協力ください。
にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へにほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ