11月17日はロダン没後100年の命日イベント続々『ロダン カミーユと永遠のアトリエ』


映画情報どっとこむ ralph 《考える人》《地獄の門》で名高い“近代彫刻の父”オーギュスト・ロダン。没後100年を記念し、パリ・ロダン美術館の全面協力のもと、『ポネット』の名匠ジャック・ドワイヨンが、カミーユ・クローデルと出会ってからの愛と苦悩に満ちた彼の半生を描いた、『ロダン カミーユと永遠のアトリエ』が11月11日(土)新宿ピカデリー、Bunkamuraル・シネマほかにて全国絶賛公開中です。

本日11月17日はロダンの命日。

映画情報どっとこむ ralph ロダンはちょうど100年前の1917年11月17日に、映画の撮影地でもあるパリ南西にあるムードンにて77歳で亡くなった。今年は没後100年ということで、世界各地でロダンに関するイベントが開催されている。フランスでは国立造幣局がロダン没後100年を記念し、ロダンの横顔と「考える人」が刻印された4種類の記念硬貨を発行。すでに会期は終了しているが、パリのグラン・パレ国立ギャラリーでは大回顧展「ロダン没後100年記念展覧会」が、パリのロダン美術館では「キーファー-ロダン展」が開催された。

ロダン人気の高い日本でも数々のイベントが開催されている。映画の中でもロダンがヌードモデルをデッサンする姿が印象に描かれているが、上野の国立西洋美術館では、ロダンのデッサンに着目した「《地獄の門》への道―ロダン素描集『アルバム・フナイユ』」展が来年1月28日まで開催中。また、命日の11月17日には、ロダン没後100年を記念し、今年のパリ、グラン・パレでのロダン大回顧展でも上映された「ディヴィノ・インフェルノ―そしてロダンは《地獄の門》を創った」が特別無料上映会される。
また、日本でも有数のロダン・コレクションを誇る静岡県立美術館では「ロダン没後100年に寄せて」と題した3つの小企画展を12月17日まで開催中。映画でも思わぬシーンで登場する箱根の彫刻の森美術館では、『バルザック記念像』が常設展示されている。
ちょうど紅葉も見ごろの季節、ロダンの愛と苦悩に満ちた半生を描いた映画『ロダン カミーユと永遠のアトリエ』を観てから、ロダンの作品を観に出掛けてみてはいかがだろうか?

オーギュスト・ロダン《バルザック》
所蔵:彫刻の森美術館(公益財団法人 彫刻の森芸術文化財団)
撮影:笹谷美佳
オーギュスト・ロダン《バルザック》
所蔵:彫刻の森美術館(公益財団法人 彫刻の森芸術文化財団)


映画情報どっとこむ ralph 映画『ロダン カミーユと永遠のアトリエ』

は11/11より新宿ピカデリー、Bunkamuraル・シネマほか全国公開中。

没後100年を迎える、“近代彫刻の父”オーギュスト・ロダン(1840~1917)。《地獄の門》や、その一部を抜き出した《考える人》で高名な19世紀を代表する芸術家である。彼は42歳の時、弟子入り切望するカミーユ・クローデルと出会い、この若き才能と魅力に夢中になる。本作はロダン没後100年を記念し、パリ・ロダン美術館全面協力のもと、『ポネット』(96)、『ラ・ピラート』(84)の名匠ジャック・ドワイヨンが、ロダンの愛と苦悩に満ちた半生を忠実に描いた力作である。

***********************************

監督・脚本:ジャック・ドワイヨン
撮影:クリルトフ・ボーカルヌ
衣装:パスカリーヌ・シャヴァンヌ
出演:ヴァンサン・ランドン、イジア・イジュラン、セヴリーヌ・カネル

2017年/フランス/フランス語/カラー/シネスコ/120分
配給:松竹=コムストック・グループ
© Les Films du Lendemain / Shanna Besson
関連記事:


良かったらランキングUPにご協力ください。
にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へにほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ