田中麗奈、三島有紀子監督が台北金馬映画祭で舞台挨拶『幼な子われらに生まれ』


映画情報どっとこむ ralph 現在公開中の映画『幼な子われらに生まれ』が、この度11月3日~11月24日で開催されている第54回台北金馬映画祭に出品され、女優の田中麗奈さん、三島有紀子監督がゲストで招かれました。

台北金馬映画祭とは、台湾の首都台北市で開催される台湾最大の国際映画祭で、中華圏のアカデミー賞とも言われ、同映画祭の歴史は1962年に台湾映画の普及を目的に発足した金馬賞に遡り、今年で54回目を迎えます。

本映画祭にて『幼な子われらに生まれ』は11月14日と11月15日に上映を行い、舞台挨拶とQ&Aを行いました。
映画情報どっとこむ ralph 台湾・台北中心地の最大級のシネコン映画館「Shin Kong Cinemas」の最大キャパスクリーン320席の場内が満席で埋め尽くされ、熱気に包まれる中、主演女優の田中麗奈さんと三島有紀子監督が登壇しました。
田中さんは本作で、男性に寄り添いながら生きている妊婦の専業主婦・奈苗という役を演じていて、

田中さん:奈苗は家族を特別に重要視している主婦です。彼女にとって家庭は何よりも重要で、一家が幸せに生活する事を何より一番に望んでいます。おそらく経済の上では夫を頼って生きているけれども、彼女は家族・家庭を守る意識は誰よりも強いと思います。

と自身の新境地とも言える役柄を振り返りました。

中国語が堪能な田中さんは、舞台挨拶の全てを中国語でスピーチし、会場を大きく沸かし、その中国語での受け答えの流暢さに大喝采を浴びました。


ドキュメンタリー出身の三島監督ならではの演出も見どころの本作。まるでその場面の中にいるかのようなリアリティーを引き出したという三島監督は、

三島監督:ドキュメンタリーと劇映画の違いはもちろんあります。しかしながら役者さんもひとりの人間ですから、癖や性格もそれぞれですし、その日のコンディション・感情によって様々な変化が有ります。どうしたら、その作品、またはそのシーンの目指す一番いい演技をしてもらえるだろうか。とその役者さんを観察するところから始めます。例えばこの2人なら自由にやってみてもらう、このメンバーなら1人の芝居を決めてその反応を見るのが一番ではないか、、、など、その日や役者さんの組み合わせによってやり方を変えていきます。その時生まれる役者さんどうしの化学反応がなにより大事ですから、そういう《人間の化学反応を切り撮る》という点では、ドキュメンタリーと劇映画は近い部分があると思います。

と本作ならではの演出方法を語りました。
映画情報どっとこむ ralph Q&Aでは、台湾の国民性を反映した本作への賞賛の質問や、奥深く時に鋭い作品内容に言及した質問が30分以上に渡り活発に交わされました。
全州(ジョンジュ)国際映画祭、上海国際映画祭、モントリオール世界映画祭、トロント国際映画祭に続き台湾でも大絶賛だった本作。世界中で高い評価を受けています。ぜひお近くの映画館で。

絶賛公開中!

「やっぱりこのウチ、嫌だ。本当のパパに会わせてよ」―娘に言われた時、妻には新しい命が宿っていた。

バツイチ、再婚。一見良きパパを装いながらも、実際は妻の連れ子とうまくいかず、悶々とした日々を過ごすサラリーマン。田中信(浅野忠信)。妻・奈苗(田中麗奈)は、男性に寄り添いながら生きる専業主婦。キャリアウーマンの元妻・友佳(寺島しのぶ)との間にもうけた実の娘と3カ月に1度会うことを楽しみにしているとは言えない。
実は、信と奈苗の間には、新しい生命が生まれようとしていた。血のつながらない長女はそのことでより辛辣になり、放った一言、「やっぱりこのウチ、嫌だ。本当のパパに会わせてよ」。今の家族に息苦しさを覚え始める信は、怒りと哀しみを抱えたまま半ば自暴自棄で長女を奈苗の元夫・沢田(宮藤官九郎)と会う決心をするが…。

osanago-movie.com

***********************************

                       
出演:浅野忠信 田中麗奈/南沙良 鎌田らい樹 新井美羽 水澤紳吾 池田成志/宮藤官九郎 寺島しのぶ 
原作:重松清「幼な子われらに生まれ」(幻冬舎文庫)
監督:三島有紀子(「しあわせのパン」「繕い裁つ人」)
脚本:荒井晴彦
配給:ファントム・フィルム(2016年/日本/ビスタサイズ/5.1ch) 
ⓒ2016「幼な子われらに生まれ」製作委員会 
関連記事:


良かったらランキングUPにご協力ください。
にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へにほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ