『バンコクナイツ』の撮影旅を追ったドキュメンタリー『潜行一千里』公開決定


映画情報どっとこむ ralph この度、本年2月に公開され話題を呼んだ空族、富田克也最新作『バンコクナイツ』のドキュメンタリー映画『映画 潜行一千里』(向山正洋監督)が12月16日(土)よりK’s cinemaで公開されることが決定しました(公開期間中は『バンコクナイツ』も上映あり)。また公開に先駆けて、12月9日(土)に山口情報芸術センター[YCAM]にてジャパンプレミア先行上映を行います。

構想10年、タイ・ラオスオールロケ!東南アジアを縦横無尽に駆け抜けた映画『バンコクナイツ』のドキュメンタリ―
『映画 潜行一千里』は、空族が構想10年をかけて制作した映画『バンコクナイツ』の知られざる核心に迫ったメイキング・ドキュメンタリーだ。タイ・ラオスを縦断した一千里、約4000キロのオールロケ。それはタイの首都バンコクの日本人専門の歓楽街タニヤ通りから東北部イサーン地方、雄大なるメコン川のほとりの国境の街ノンカーイまで、さらには国を越えてラオスの秘境までに至る空族撮影隊が辿った果てなき旅路でもあった。旅を続けながら映画を撮り、次第に映画そのものが旅となってゆく。回り続けるキャメラは必然的に東南アジアの戦争の歴史を浮き彫りにし、そこで生きる人々の抵抗の輝きを映し出す。現地の人々が役者として出演し、さらにはスタッフとして一緒に仲間になって一本の映画を生み出していく、空族の制作スタイルを垣間見ることができる。
監督はヒップホップクルー「stillichimiya」の映像ユニット“スタジオ石”の向山正洋。向山は“スタジオ石”として『バンコクナイツ』の撮影を進める傍ら、自らカメラを回し空族の撮影風景の裏側を記録に収めた。総時間にして100時間を越える膨大なデータを基に構成された本作品は、映像集団“空族”についての本邦初のドキュメンタリーでもある。

映画情報どっとこむ ralph 加えて、空族の富田克也と相澤虎之助が、『バンコクナイツ』へと至る十年間にも及ぶインドシナ半島への潜入から生まれたノンフィクション書籍「バンコクナイツ 潜行一千里」が11月27日に河出書房新社より発売となります。

映画の背景に広がる東南アジアの歴史や政治、そしてそこに生きる人々の貴重な記録を、映像と書籍で辿ることのできる内容となっております。

書籍情報
書名:「バンコクナイツ 潜行一線里」
著者:富田克也、相澤虎之助
仕様:46判並製/304ページ
出版社:河出書房新社
内容紹介:“楽園”はどこにあるのか?
バンコクの日本人向け歓楽街・タニヤ通
りに導かれ、男たちはインドシナの奥地
へと迷い込み、アジアと日本を貫く“闇”
に出会う…十年間のインドシナ潜入が生
み出した驚愕のノンフィクション!

映画情報どっとこむ ralph

『映画 潜行一千里』

12月16日(土)より新宿K’s cinemaにて公開!

***********************************

監督:向山正洋
撮影:スタジオ石(向山正洋、古屋卓麿)
音楽:DJ KENSEI
整音:山﨑巌
出演:スベンジャ・ポンコン、富田克也、相澤虎之助、川瀬陽太ほか
製作:山口情報芸術センター[YCAM]
企画・配給:空族
2017/日本/DCP
© Yamaguchi Center for Arts and Media [YCAM]

関連記事:


良かったらランキングUPにご協力ください。
にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へにほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ