映画『不能犯』<松坂桃李VS沢尻エリカ>互いの印象コメント到着


映画情報どっとこむ ralph 松坂桃李が初めてのダークヒーローを演じることで話題の映画『不能犯』が、2018年2月1日(木)より公開となります。

都会のど真ん中で次々と起きる変死事件。警察は証拠を一切見つけられないでいたが、現場では必ず黒スーツの男が目撃されていた。男はSNSで話題の殺し屋・宇相吹正。電話ボックスに殺人依頼の紙を貼ると、宇相吹がターゲットを必ず死に追いやるという。しかし、その死因は病死や自殺に事故という罪には問われない<不能犯>だった。誰もが持つ妬みや嫉妬、人間の心の闇を暴く、【立証不可能犯罪】スリラー・エンターテインメントが誕生しました。

生まれも経歴も不詳、常にスタイリッシュな黒スーツをまとい、赤く光る目で見つめるだけで、人の心を操り、社会の悪や闇を抱える者たちを死に追いやる男・宇相吹正(松坂桃李)。

嘘と曲がったことが大嫌いで、口は悪いが部下や改心した前科者の面倒見がよく、人望厚い姐御肌の“デキる”女刑事、多田友子(沢尻エリカ)。

映画情報どっとこむ ralph 警察はようやく宇相吹の身柄を抑え、任意で取り調べを始めるが、ベテランの刑事でさえも手玉に取られる。そんな中、多田刑事だけが唯一、宇相吹のコントロールが効かないことが判明する。果たして、多田刑事は宇相吹を止められるのか?そして、宇相吹の真の目的とは─?二人の対決が見どころのひとつである本作ですが、この度、松坂演じる宇相吹と沢尻演じる多田の火花飛び散るガチンコの対決画像を初解禁いたします!!
取調べ室で若干なめた表情ながら、多田刑事に追い詰められる宇相吹、と思いきや次の画像では、形勢逆転といった雰囲気。一体2人の間に何が起きたのか!?

互いの印象について、

松坂さん:お芝居に貪欲な方だなと思いました。監督の話す言葉をひと言も聞き漏らすまいとされている姿を見て、素敵だなと。多田はこの作品の希望であり、なくてはならない存在なので、沢尻さんの凛とした感じはとても合っていたように思います。

と明かし、一方の

沢尻さん:松坂さんは、本当に漫画から出てきたんじゃないかと思うほどイメージ通りのミステリアスな宇相吹を演じられていました。役者として尊敬できる素晴らしい方でした。

と明かすなどお互い大絶賛!!

希望と絶望・光と影・正義と悪を背負った<謎の殺し屋VS正義の女刑事>の対決の行方は?!ターゲットを翻弄し、次々と死に追いやっていく宇相吹は、影ひとつない純白の正義を貫く多田を前にしてどんな動きをみせるのか?!ストーリーが進むにつれて交わる二人の関係性、その結末は劇場で!

映画情報どっとこむ ralph 【不能犯】とは─ 〈呪い〉や〈マインドコントロール〉で殺すなど、目的は犯罪だが、常識的に考えて実現が不可能な行為のこと。

2018年2月1日(木)、全国ロードショー

公式サイト:funohan.jp/
公式twitter:@FunohanMovie
公式facebook:@FunohanMovie
Instaglam:funohan_movie
あらすじ・・・
都会のど真ん中で、次々と起きる変死事件。現場では、必ず黒スーツの男が目撃される。男の名は宇相吹正(松坂桃李)。電話ボックスに殺人依頼を残すと、願いを叶えてくれる男だ。ただし、依頼人の殺意が純粋でないと、恐ろしい事態を招くという。さらに、宇相吹は全てのターゲットを、一瞬の迷いもなく確実に殺すのだが、その死因は病死や自殺、事故に見えるため、絶対に捕まることはない。そう、彼は〈不能犯〉なのだ。「必ず宇相吹を止める」と熱い正義に燃える多田友子刑事(沢尻エリカ)と部下の百々瀬(新田真剣佑)。捜査の過程で、多田だけが唯一、宇相吹が支配することが出来ない相手だと判明するー。やがて日本中を震撼させた連続爆破事件と宇相吹の事件が繋がり、壮大な事件へと発展していくー。果たして多田は宇相吹を止められるのか?そして宇相吹の真の目的とはー。

***********************************

出演:松坂桃李 沢尻エリカ
新田真剣佑 間宮祥太朗 テット・ワダ 菅谷哲也 岡崎紗絵 真野恵里菜 忍成修吾
水上剣星 水上京香 今野浩喜 堀田茜 芦名星 矢田亜希子 安田顕 小林稔侍
原作:『不能犯』(集英社「グランドジャンプ」連載 原作:宮月新/画:神崎裕也) 
監督:白石晃士 
脚本:山岡潤平、白石晃士  
配給:ショウゲート
(C)宮月新・神崎裕也/集英社 2018「不能犯」製作委員会
  
関連記事:


良かったらランキングUPにご協力ください。
にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へにほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ