マシュー・マコノヒー『KUBO/クボ 二本の弦の秘密』のアフレコ&インタビュー映像


映画情報どっとこむ ralph 数々の傑作を送り出してきたストップモーション技術最高峰・スタジオライカが、日本を舞台に繰り広げられる時代ストップモーションアニメ『KUBO/クボ 二本の弦の秘密』が11月18日(土)全国ロードショーとなります。情感あふれる日本の風景や風習を、息を飲む美しさで描いた本作は、2017年アカデミー賞やゴールデン・グローブ賞のノミネートを始め、〝アニメ映画界のアカデミー賞″と称されるアニー賞にノミネートされるなど、全世界の映画賞を総なめした話題作。

この度、 本国版のボイスキャストとして“クワガタ”役を演じたマシュー・マコノヒーのアフレコ映像&インタビュー映像が解禁となりました!解禁された映像では、身振り手振りを交えて“クワガタ”役を熱演している様子が見受けられます。

日本では、すでに公開された映画『SING』でのバスター・ムーン役(コアラ)でもおなじみのマシューですが、実は、声優としてアニメの吹替えに挑戦したのは本作が初めて!映画の公開自体は『SING』の方が先だったものの、初の吹替えであり、かつ“クワガタ”というひとクセあるユニークな役を演じるということで、「声は子供たちと練習したんだ。彼らの反応を見るためにね。たとえば、どんなことに「それはマヌケだね」、とか「おもしろいよ」って言ってくれるか、知るためにね。」と自身の子どもたちと共に役作りを行ったことを告白。
また、「クワガタの声を引き受けた理由は、アニメの中で僕の子供たちが好きなのが、ドジなキャラクターだからさ。ドタバタ喜劇が大好きなんだよ。ウチの子供たちは、主役は好きにならないし、ヒーローも好きじゃないんだ。気に入るのは、いつもドジなキャラクターだね。笑わせてくれる役だよ。だから、クワガタは僕にとってもってこいだったのさ。」と本作の“クワガタ”役を引き受けた秘密を明かし、子煩悩であり良き父親としての一面も垣間見せています。

日本語吹替え版ではピエール瀧さんが“クワガタ”役を演じており、本国版・日本版共に超実力派俳優が命を吹き込んだキャラクターでもある“クワガタ”。軽いノリでユーモアたっぷりな印象が強いキャラクターではありますが、実は弓の名手であり、劇中では物語の大きなカギを握っている重要な役どころでもあるんです!

KUBO/クボ 二本の弦の秘密
原題:Kubo and the two strings
公式HP:http://gaga.ne.jp/kubo

KUBO AND THE TWO STRINGS

物語・・・
三味線の音色で折り紙に命を与え、意のままに操るという不思議な力を持つ少年・クボ。幼い頃、闇の魔力を持つ祖父に狙われ、助けようとした父親は命を落とした。その時片目を奪われたクボは、最果ての地まで逃れ母と暮らしていたが、更なる闇の刺客によって母さえも失くしてしまう。

追手である闇の魔力から逃れながら、父母の仇を討つ準備を進めるクボは、道中出会った面倒見の良いサルと、ノリは軽いが弓の名手のクワガタという仲間を得る。やがて、自身が執拗に狙われる理由が、最愛の母がかつて犯した悲しい罪にあることを知る―。

***********************************

監督:トラヴィス・ナイト
声の出演:アート・パーキンソン(クボ)、シャーリーズ・セロン(サル)、マシュー・マコノヒー(クワガタ)、ルーニー・マーラ(闇の姉妹)、レイフ・ファインズ(月の帝)/2016/アメリカ/カラー/シネスコ/5.1chデジタル
字幕翻訳:石田泰子

©2016 TWO STRINGS, LLC. All Rights Reserved.

関連記事:


良かったらランキングUPにご協力ください。
にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へにほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ