ディーン・フジオカからのメッセージ『海を駆ける』インドネシア国内向けに製作発表


映画情報どっとこむ ralph 11月2日から7日にかけてインドネシア・ジャカルタで開催されていた国際交流基金主催「日本映画祭2017」の会場で7日(火)16:30(ジャカルタ時間)日本・インドネシア・フランス共同製作作品『海を駆ける』がインドネシア国内向けに製作発表が行われました。

今回、「日本映画祭2017」では『淵に立つ』の上映が決まり、これに合わせて招待を受けジャカルタへ渡航した深田晃司監督は、同作の舞台挨拶と共に、新作『海を駆ける』の製作発表記者会見も行いました。この『海を駆ける』は、今年8月5日から28日の約1ケ月間に渡り、全編インドネシア、バンダ・アチェで撮影が行われ、会見には、イルマ役として出演した女優セカール・サリが出席。

深田監督コメント
バンダ・アチェを知ったのは、2011年東日本大震災後の12月に京都大学とバンダ・アチェのシアクアラ大学が共同で震災と復興に関するシンポジウムに同行する機会を得ました。そこで、震災の傷跡と共に、復興した街を目の当たりにして、日本人とインドネシア人では死生観や復興への取り組み方が違うことが興味深く、カルチャーショックを受けました。また、バンダ・アチェには多くのトーチカが残されていて、日本とこの地は第二次世界大戦や、津波という共通する歴史体験を持っているということも知りました。そのような素地の場所に、日本の若者たちが降り立ったらどのような景色が見え、何を思うのだろうということを映画にしたいと思いました。
バンダ・アチェで撮影をするということは、何かと大変ではないかと色々な人から心配されましたが、これまでで一番快適な撮影となり、全く問題はありませんでした。日本から来たスタッフとキャストを迎え入れてくれた、インドネシアのスタッフと俳優たち、アチェの地元の皆様に感謝しております。

セカール・サリさんからのコメント
とても印象深い1ヶ月の撮影期間でした。アディパティさん、そして太賀さんと阿部さんとの共演は本当に楽しく、良い経験になりました。まだ彼らとの時間がとても大切に私の中に残っています。今回アチェ人の女性を演じたのですが、私はジャワ人なので、役者としてとてもいい経験をすることができました。台本を初めて読んだ時に、とても面白く、また深田監督の「淵に立つ」をジョグジャカルタの映画祭で拝見して感銘を受けていたので、台本をもらった時に、本当に是非参加したいと思いました。この作品はインドネシア語、アチェ語(アチェ地方の方言)、英語、日本語が使われていて、とても楽しい撮影でしたが、アチェ語はインドネシア語とは全く別の言葉でしたので、撮影前にだいぶ勉強をしました。これもとてもいい経験となりました。


映画情報どっとこむ ralph また、映画が公開される2018年がインドネシアと日本の国交60周年記念に当たることから記者会見には、在インドネシア日本国大使館広報文化センター長・公使:中村亮氏、国際交流基金ジャカルタ日本文化センター所長塚本倫久氏、本作への出資及びインドネシア国内での配給を行うカニンガ・ピクチャーズ(Kaninga Pictures)の代表:ウィラワティ氏(Mrs.Willawati)、プロデューサー:ジョヴァンニ・ラフマデヴァ氏(Mr.Giovanni Rahmadeva)が出席。

映画情報どっとこむ ralph 会見では、本作のインドネシア語タイトルが『Laut』(よみ:ラウ/意味:海/ディーン・フジオカが演じるキャラクター名)に決定し、インドネシアでは2018年の中頃に劇場公開されることが発表。また、ディーン・フジオカより英語でのビデオ・コメントが届き、披露されました。

ビデオ・レター:ディーン・フジオカさんからのメッセージ
(英語のため、以下日本語訳)
記者会見に参加できなくて残念ですが、この作品が公式にインドネシアで製作発表されることをとても嬉しく思っています。私にとってインドネシアはとても特別な国なので、とても嬉しいです。今回、この企画に才能あるキャスト、スタッフの皆さんと参加することができたことは、本当に特別な体験でした。バンダ・アチェには初めて行きました。撮影は全てその周辺で行われましたので、私は素晴らしい時を過ごすことができました。人々の活気を感じてとても刺激を受けました。インドネシアの皆さんに、来年この作品をお届けできることが本当に楽しみです。

映画情報どっとこむ ralph 日本・インドネシア・フランス共同製作作品『海を駆ける』

公式HP:umikake.jp

第69回カンヌ国際映画祭ある視点部門で審査員賞を『淵に立つ』で受賞した、深田晃司監督のオリジナル最新作。
深田監督は、2011年東日本大震災後に大学研究チームの震災復興のリサーチに参加して2004年にスマトラ島沖大震災で津波で壊滅的な被害を受けつつも復興をした町バンダ・アチェを訪れた際に本作のアイデアを想起したという。自然が時に豊かに美しく、時に脅威となり人を飲み込むという、人間の生活が自然と共にある様をインドネシアの美しい海と、国籍や宗教を越えて育まれる若者たちの友情を通して描き出します。

ディーン・フジオカは、ラウと名付けられ、奇跡を起こす正体不明の男を演じます。NHK連続テレビ小説「あさが来た」、映画『結婚』で俳優の顔を持つ一方、ミュージシャン、報道番組のインフルエンサーなど幅広く活躍。日本とは違うロケーションの中、彼がどんな奇跡を見せてくれるのか、ぜひご期待ください。そして、成り行きでラウと一緒に暮らすことになる日本人の貴子役には、多くの映画やドラマ、CMなど幅広く活躍し、『ほとりの朔子』に続き深田組は2度目参加となる鶴田真由。その貴子の息子・タカシ役には、『ほとりの朔子』(14年)で鶴田と共演し、『淵に立つ』で第38回ヨコハマ映画祭・最優秀新人賞受賞している太賀が挑みます。そして、タカシの従妹を『二つ目の窓』で主演を好演し新人賞や主演女優賞歴のある若手実力派女優阿部純子が務めます。

***********************************

【キャスト】
出演:ディーン・フジオカ、太賀、阿部純子、アディパティ・ドルケン、セカール・サリ、鶴田真由


【スタッフ】
脚本・監督:深田晃司
企画・制作:日活
配給    :東京テアトル  
(C)2018「海を駆ける」製作委員会  
関連記事:


良かったらランキングUPにご協力ください。
にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へにほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ