萩本欽一まだ(視聴率)30%諦めない宣言!映画『We Love Television?』稲敷凱旋で!


映画情報どっとこむ ralph “視聴率100%男”萩本欽一を追いかけたドキュメンタリー映画『We Love Television?』が11月3日に公開。

昨日11月4日、茨城ゴールデンゴールズの本拠地である稲敷市にて公開2日目舞台挨拶を行いました。

萩本欽一さん、土屋敏男監督のほか、ゴールデンゴールズの現監督である片岡安祐美さん、稲敷市田口久克市長も登壇。

欽ちゃん真骨頂の素人いじりも飛び出す<稲敷>凱旋イベントとなりました!
日時:11月4日(土)
場所:USシネマ パルナ稲敷 (稲敷市)
登壇:萩本欽一、片岡安祐美、土屋敏男監督 田口久克(稲敷市市長)

映画情報どっとこむ ralph 公開二日目に茨城県稲敷市USシネマ パルナ稲敷にて行われたイベント。稲敷市は、萩本が立ち上げた社会人野球チーム茨城ゴールデンゴールズの本拠地です。

そんな稲敷凱旋に、ゴールデンゴールズの現監督を務める片岡安祐美さん、稲敷市市長、そして稲敷市市民が訪れ凱旋を祝いました。

当日のMCは本作の配給会社である日活株式会社 配給宣伝部長が務め、慣れない素人司会に対し・・・・

欽ちゃん:暗めの司会でお送りしておりっます!

とさっそく司会に突っ込み。
続けて

欽ちゃん:今回、僕は映画を撮っていることを全く知らなかったんだけど、なんで怪しまなかったって、土屋ちゃんがずっとカメラ持ってるのね。いつもカメラ持ってるから撮ってるの全然気づかなかった。司会やってる日活の人に『なんでこの映画公開するって決めちゃったの?』って聞いたら『立ち話で…』だって(笑)。それ土屋ちゃんに騙されてんじゃないの?って言ったんだよね~。

と会場を笑わせる欽ちゃん。


また会場を見渡し、客席に来ていた、ゴールデンゴールズ監督時代のなじみの顔を見つけ、

欽ちゃん:あそこのおっかさんなんかはお店やっててね、選手がたくさんご馳走してもらって助かったんだよね。

など当時の思い出を懐かしく語りました。

映画情報どっとこむ ralph 先日放送された日本テレビ「24時間テレビ」で公開プロポーズを受けた片岡安祐美さんは

片岡さん:おかえりなさい!欽督(萩本の監督時代の愛称)とは24時間テレビぶりにお会いしますが、おかげさまでお嫁にいけることになりました!年内入籍を目標に頑張ります!

と挨拶。

映画の感想を聞かれ

片岡さん:感動しました!野球をやっていたころのことを思い出して、たくさん思い出がよみがえりました。

と話すと客席から

観客:パワーのある欽ちゃんが大好き!涙が出たよ!

と一般のお客さんから感想が飛び出し、

欽ちゃん:お母ちゃんの声にもパワーがあるね。その声で野球も応援してくれてたんだね、ありがとう。昨日は横浜で舞台挨拶をしたんだけど、おじさんが帰りがけにね『欽ちゃん、ありがとう!』って言ってくれて。それがうれしくって、涙が出ちゃったよ。

と話した。

映画情報どっとこむ ralph 最後に・・・・

今日は久しぶりに友達に会った気分。駆けつけてきてくれてありがとう。僕はまだ(視聴率)30%をあきらめてない。この映画を見たみなさんは僕の夢の目撃者だから半券を捨てずに取っといて。もしこれから僕が30%とることができたら、半券を見せに来てよ。そしたら飯に連れて行くから。

と欽ちゃんらしい親しみに溢れたコメントで舞台挨拶は終了。
欽ちゃん自ら客席に駆け寄り、劇場の観客と固く握手を交わして舞台挨拶は終了した。


映画『We Love Television?』は絶賛全国公開中!

公式サイト:
http://kinchan-movie.com/

物語・・・
ある日突然、土屋敏男がカメラを抱えて萩本欽一の自宅に訪れる。「視聴率30%超えの番組を作りましょう。」その一言から、萩本欽一と土屋敏男の番組作りが始まる。番組に出演する演者との顔合わせ、番組構成に関わる人達との打ち合わせなどを精力的にこなす萩本欽一は、76歳。新しいものへの探求心、笑いへの追求心…周囲の人達の熱量を最大限に引き出していく萩本欽一独自の手法とは?これまで誰も見たことのない萩本欽一の真の姿を追った、最初で最後のドキュメンタリー映画。

***********************************

出演:萩本欽一 / 田中美佐子、河本準一
企画・構成・監督:土屋敏男(つちや・としお)
配給:日活
©2017日本テレビ放送網 
上映時間:110分

関連記事:


良かったらランキングUPにご協力ください。
にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へにほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ