岸井ゆきの 女優としての位置づけ、考え方が前身向きに!映画『おじいちゃん、死んじゃったって。』公開初日舞台挨拶


映画情報どっとこむ ralph 映画『おじいちゃん、死んじゃったって。』の公開初日舞台挨拶が11月4日(土)にテアトル新宿にて行われました。

今回、本作が映画初主演となる岸井ゆきのさん他、岡山天音さん、光石研さん、美保純さん、岩松了さん、小野花梨さん、赤間麻里子さん、池本啓太さん、大方斐紗子さん、松澤匠さん、山﨑佐保子さん(原作・脚本)、森ガキ侑大監督が登壇し、暖かいトークを繰り広げました。
映画「おじいちゃん、死んじゃったって。」公開初日舞台挨拶
日時:11月4日(土)
場所:テアトル新宿
登壇: 岸井ゆきの、岡山天音、光石研、美保純、岩松了、小野花梨、赤間麻里子、池本啓太、大方斐紗子、松澤匠、山﨑佐保子(原作・脚本)森ガキ侑大(監督)ほか

映画情報どっとこむ ralph 監督:みなさんお忙し中集まっていただいて感謝します。宣伝費があまりないので、人力で・・・スタッフも宣伝してくれてます。皆さんも、よかったらSNSで披露めていただければと思ってます。

初主演の岸井さんは
岸さん:とにかく熊本は暖かかったですね、熱中症で。。。。倒れるスタッフもいて。最初は主役ってどうしたら良いんだと思ったりしましたが、森ガキ組の環境はすごく良くて、お芝居しやすい環境でした。今回の撮影で、女優としての位置づけ、考え方が前身向きになりました。私も真ん中に立てた!そして映画は一人で頑張るのではなく、頼っていいんだ!と思うようになりました。

と、女優的人生観も変わった作品だと語りました。
映画情報どっとこむ ralph 現場でずっと入っていた岩松さん
岩松さん:本当に良い現場でね。70%現場で30%は現地をぶらぶらしてました。喫茶店のおばさん元気かなと・・。

と、思いを馳せ、

岩松さん:光石君と、けんかの場面は面白くて・・・最後は焼き肉行きました(笑)

光石さん:お互い年なのでケガだけしないように、いっぱい御布団敷いてもらいました!あと地元の方たちの協力がすごくて、いい現場でした。岸井さんとは何度目かですが、その都度顔が違くて、先日あったときは敬語で話してしまいました。

岸井さん:私は、おとうさんと思ったんですけど、敬語でした・・・。

と、若干寂しそう。


皆さん現地に宿泊して撮影していたそうですが、美穂さんは仕事の関係で日帰りばかり
美保さん:思いで・・・、五時に夢中のせいで、帰らなくてはいけなくて。でも熊本のお肉は良かったです。

家族の実感が今一つな美保さんと岩松さんは、メル友に!今度は仲良い夫婦やりたいと話され、今度は絡みたいよねと送ったら、ベッドシーン?て返事が来てドキドキしたと美保さん。

映画情報どっとこむ ralph
岡山さん:花梨ちゃんいっしょに見た目変わったね。いろいろあったんだね。

と、劇中から大きく見た目が変わったと指摘された小野さんは

小野さんは、天音さんは突然笑いだしたり、距離感がつかめなくってゆとり世代の代表だなと思いました!
と返されるも、「楽しかったです。」と息があっている様子。

岩松・美保家族とは真逆な家族の赤間さんは
赤間さん:エピソードは特に・・・、うちの家族は平和でしたから・・うちの子はちゃんと育ったなとおもいました(笑)

と、見たばかりのお客さんを爆笑に誘いました。

そして。。。映画好きと引きこもりをカミングアウトした池本さん
池本さん:僕は映画が大好きで、この撮影が始まるまでは、家に引きこもって映画を観てました。でも、この撮影で卒業しました。人生って何があるかわからないですよね。

と、いう池本さんに監督は

監督:銭湯で、ぼくを待ってて、背中流してくれて、ずっと好きな映画の話をしてました。

とエピソードを明かしました。


映画情報どっとこむ ralph 家族でワイワイする家族の現場は、
大方さん:待ち時間すら楽しかったですね。場所もスタッフも素敵で、みんな演技もすごくて飽きなかったです。監督は。。。。生と死の深い題材をお面白く切なく見せてくれる監督です。

との、絶賛に嬉しがる監督。。

今回、一人だけ家族ではない松澤さんは岸井さんの恋人役。
松澤さん:岸井さんはもともと知り合いだったので、一緒にかき氷食べにいたりして、コミュニケーションを撮ったりしてましたが、僕は東京都の往復で。次に現場に行ったときにはみんな、家族になってたんで・・・特に、三石さんから、お前がうちの娘の彼氏かって!ビビりました、

と漏らしました。


実はこの作品は、脚本の山崎さんのご家族のお話がベース。
脚本:出会ったときに、映画化したい脚本があると監督とお話しして。そこからお金集めが始まって・・・今日を
迎えました。でも、親せきには見せられない。お母さんは大爆笑していましたけどね。(笑)

と話されました。
『おじいちゃん、死んじゃったって。』

11月4日よりテアトル新宿ほか全国公開中!

公式HP:
http://ojiichan-movie.com/

映画情報どっとこむ ralph 岸井ゆきの 映画初主演 ×CM 監督として国内外で受賞歴多数&長編デビュー作で日本映画スプラッシュ部門正式出品、森ガキ監督!みっともない大人たちが‘それぞれの一歩’を踏み出すまでの人間ドラマ。

祖父の訃報を受けた際にセックスをしていたという罪悪感から逃れらない主人公吉子(岸井ゆきの)、失業を秘密にしている父親:清二(光石研)、喪主を務める伯父:昭男(岩松了)や離婚した伯母(美保純)、大学浪人中で引きこもりの従兄弟:洋平(岡山天音)、東京で成功し自由気ままに生きる独身の叔母:薫(水野美紀)ら、様々な想いを抱える「家族」たちの心情が切り取られ、誰もがすこしは思いあたるであろう「やっぱり、家族ってやっかいだ。」という思いをぶつけた本作。作品のために書き下ろされた、YogeeNew Waves「SAYONARAMARA」に載せて全編に映し出される、熊本県人吉市の美しく広大な自然風景も見どころです。

***********************************

監督:森ガキ侑大/ 原作・脚本:山﨑佐保子
出演:岸井ゆきの、岩松了、美保純、岡山天音、水野美紀、光石研/小野花梨、赤間麻里子、池本啓太、大方斐紗子、五歩一豊、松澤匠
主題歌:Yogee New Waves「SAYONARAMATA」(Roman Label/BAYON PRODUCTION)
特別協賛:セルモ/協賛:豊成、全日本空輸/ロケーション協力:熊本県人吉市、インド・バラナシ
原作本:山﨑佐保子「おじいちゃん、死んじゃったって。」(10.6発売予定/幻冬舎文庫 刊)
劇中写真協力:藤原新也「メメント・モリ −死を想え」(三五館 刊)
製作プロダクション:nice/マグネタイズ/製作:「おじいちゃん、死んじゃったって。」製作委員会:nice、S・D・P、ガキ社
マグネタイズ、ARAKINC、インディヴィオン、プライド・ワン・エンタテインメント
配給統括:マグネタイズ/劇場営業:松竹メディア事業部
©2017「おじいちゃん、死んじゃったって。」製作委員会
関連記事:


良かったらランキングUPにご協力ください。
にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へにほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ