第30回東京国際映画祭が閉幕 東京グランプリはセミフ・カプランオール監督作品『グレイン』へ!


映画情報どっとこむ ralph 第30回東京国際映画祭が閉幕を迎え、EXシアター六本木にてクロージングセレモニーにて、各賞の発表・授賞式が行われ、【東京グランプリ/東京都知事賞】にはセミフ・カプランオール監督作品『グレイン』に決定!大九明子監督の『勝手にふるえてろ』は観客賞に選ばれました! 
日時:11月3日(金・祝)15:00~17:00
場所:EXシアター六本木
登壇:各賞の受賞者、トミー・リー・ジョーンズ審査委員長、アル・ゴア、小池百合子東京都知事、久松猛朗(フェスティバル・ディレクター)

映画情報どっとこむ ralph 「映画の未来の開拓」に沿って、宝石の原石(ジェムストーン)の様な輝きを放つ若手俳優を世界に紹介することで、彼らがその輝きを増す一助となることを目的として新設された「東京ジェムストーン賞」。松岡茉優『勝手にふるえてろ』(コンペティション)、石橋静河『映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ』(Japan Now)、アデリーヌ・デルミー『マリリンヌ』(コンペティション)、ダフネ・ロー『アケラット-ロヒンギャの祈り』(コンペティション)が選出されました

<東京ジェムストーン賞受賞者コメント>
石橋静河さん『映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ』(Japan Now部門)
「今回はこのような賞をいただけて嬉しく思います。私はお芝居を始めてまだ日が浅いのですが、出会う人や出会い作品に恵まれていて本当に幸せだなと思います。これからも努力をすることを忘れずに、頑張りたいと思います。ありがとうございます。」

ダフネ・ローさん『アケラット-ロヒンギャの祈り』(コンペティション部門)
「女優としてこのような賞をいただくのは初めてです。本当にありがとうございます。東京国際映画祭とは縁があると思います。実は、三年前に初めて出演した映画で東京国際映画祭に来て、その時はコンペティション部門に入選されました。再びこの作品を携えてやってくることができ、本当に縁があると思います。他三名の素晴らしい俳優(受賞者)たちと一緒にこの賞を受賞することができ、とても光栄に思います。これを励みに俳優として頑張ります。この場を借りて家族や周りの人に感謝を伝えたいです。」


松岡茉優さん『勝手にふるえてろ』(コンペティション部門)(メッセージ動画)
「この度は東京ジェムストーン賞に選んでいただきありがとうございます。初主演映画『勝手にふるえてろ』で、東京国際映画祭に初めて伺って、こんなに熱くて強い映画祭なのだと感動致しました。そんな映画祭の第一回の賞に選んでいただいて本当に嬉しいです。なので、この手でいただきたかったのですが、伺えず残念です。この映画は少ない人数で少ない時間で撮った映画なのですが、こんなにたくさんの人に見ていただく機会をいただいて、映画の希望や未来を感じました。これからも、一生懸命頑張って映画を明るくしていけるように、日本映画が元気になるように頑張りたいと思います。今回は本当にありがとうございました。またよろしくお願い致します。」

アデリーヌ・デルミー 『マリリンヌ』(コンペティション部門)(メッセージ動画)
「東京の皆さん、こんばんは。アデリーヌ・デルミーです。『マリリンヌ』で東京ジェムストーン賞をいただけるということでとても光栄です。
とても誇りに思っていますし、今夜は是非皆さんのところに伺いたいところですが、舞台の公演中で伺うことができません。本当にありがとうございました。」

映画情報どっとこむ ralph <日本映画スプラッシュ部門>

日本映画スプラッシュ作品賞受賞:戸田ひかる監督
「ありがとうございます。期待していたんですけど、びっくりしています。(笑)ドキュメンタリーがコンペティションに選ばれることさえ稀なのに、まさか賞までいただけるとは。ちょっと欲しいなとは思っていたんですが、本当にもらえるなんて思ってなかったので嬉しいです。素敵なチームに恵まれたからこそできたことだと思います。大阪で、出演者もYouTubeの中継を観ているので、みんなであの瞬間を共有できて良かったです。」

アジアの未来 スペシャル・メンション チョウ・ズーヤン監督

国際交流基金アジアセンター特別賞 僕の帰る場所 藤本明緒監督
アジアの未来作品賞 僕の帰る場所 藤本明緒監督

映画情報どっとこむ ralph コンペティション部門

<観客賞> 
勝手にふるえてろ 大九明子(おおく あきこ)監督
「このような愉快な服装のまま、ご挨拶をするのが少々照れくさいです。(笑)とにかく観客賞をいただくとはまさか思っていなかったので、先ほど主演の松岡茉優さんもおっしゃってましたが(メッセージ動画内で)大変小さな現場で、小さな組で、短期集中で仕上げた映画でしたので、まさかこのような賞をいただけるとは思っておらず、ノミネート自体も本当に夢のようで楽しい時間を過ごしました。投票してくださった一人一人に感謝していますし、私自身もそういう一人一人のお力があって映画というものを続けてこられたと深く実感しています。映画にしがみついてきて良かったなと思いました。」

<最優秀脚本賞>
ペット安楽死請負人 

<最優秀芸術貢献賞>
迫りくる嵐 ドン・ユエ監督

<最優秀男優賞>
迫りくる嵐 ドアン・イーホン

<最優秀女優賞>
マリリンヌ アデリーヌ・デルミー

<最優秀監督賞> 
エドモンド・ヨウ監督
「今すごい汗をかいております。まさか選ばれるとは全く思っておりませんでした。私たちクルーは20人未満で、自分たちのことを“アケラットファミリー”と呼んでいました。ダフネはこの映画のために詩を書いたりしてくれました。ほとんどのスタッフがこの映画に登場します。映画自体は、12日間雨の中作っていました。情熱をたくさん持っている家族のようなチームに囲まれて作っていたのだけど、周りのスタッフは20代で若いので、自分だけ33歳ですごく歳を取っている気がしてしまいました。先ほど私のミューズのような存在であるダフネが、東京ジェムストーン賞を取った時は泣きそうになりました。クルーの皆に感謝をしたいと思います。東京国際映画祭に来まして、普段映画を作っていると一人になったような気になってしまうのですが、世界各国の監督と知り合いになって、映画を作っている人はみんな家族なのだと強く思います。東京国際映画祭には縁がありまして、私が駆け出しの頃から私の映画を上映してくださって、毎回スタッフの皆さんと会えるのをうれしく思っています。一人の映画人としてこの作品を皆さんに観ていただき、感じていただきたい、やはり世界は平和にならなければいけないと強く思っております。」

<審査員特別賞>
ナポリ、輝きの陰 シルヴィア・ルーツイ監督、ルカ・ベッリーノ監督

映画情報どっとこむ ralph <東京グランプリ/東京都知事賞>
トミー・リー・ジョーンズ審査委員長 講評:
「これから授与する賞なのですが、審査員全員一致で選びました。この美しい撮影法に感銘を受け、神話を現実として捉えている内容が素敵だと思いました。神話の現実、また人々が共通する理解を得ていきまして、神話的な体験を通して、共通の認識を得るという体験です。東京グランプリは『グレイン』に贈ります。」


東京グランプリ/東京都知事賞 セミフ・カプランオール監督
「どうもありがとう。まず、今回招待してくださった東京国際映画祭、そして審査員の皆様にお礼申し上げます。実は今回の映画は長い旅路を経てきました。というのも製作に5年かかりました。そして、今回ここから世界に向かって公開されることになり、ここから世界に向かって広がっていく出発点になると思っております。そして、今回の制作に携わってくださった私の様々な友人たち、チーム、特に俳優のジャン=マルク・バールにお礼を申し上げたいです。彼は素晴らしい演技を見せてくれました。本当にご尽力いただいたすべての方にお礼を申し上げたいです。今とても興奮しています。ありがとうございました。最後に、私たちは世界に様々な害を与えています。私たちが生きていくその全ての瞬間がその理由になってしまっています。その理由には過剰な消費があります。私たちはどこから来たのか、どこに向かっていくのか、こういったことを私たちは把握しなければいけない、理解しなければならないと思っています。私は監督として大地や種子、そして創造されることに敬意を払いながら作品を作りました。この作品を作ることを神が導いてくれたと思っています。ありがとうございました。」

映画情報どっとこむ ralph 小池百合子東京都知事 コメント:
「東京都知事の小池百合子でございます。本日は第30回東京国際映画祭に多くの皆様方、お越しくださいましてありがとうございます。この映画祭の共催をしておりますのが東京都でございます。東京グランプリを受賞されました『グレイン』のセミフ・カプランオール監督をはじめ、受賞された皆様方に改めてお祝いを申し上げたく存じます。今年のコンペティション部門は88の国、地域から1538の作品の応募がございました。これは過去最高の応募数となっております。また、毎年数多くの才能あるクリエイターがこの東京から世界へと羽ばたくことは大変嬉しいことでございます。この映画祭ですが、関係者の皆様のご尽力により、今年で30回を迎えることができました。こうした積み重ねが東京の魅力の一つに、また発信源の一つになればと思っております。2020年東京オリンピック、パラリンピックまであと3年となりました。これをスポーツだけでなく文化の発信の場として、大いに活用していきたいと思っております。そして世界の人々の心が触れ合う文化の祭典である東京大会、世界を魅了する文化都市へと飛躍する絶好のチャンスでございます。この東京の多様な魅力を伝えるために“Tokyo Tokyo Old meets new”という新たなアイコン、キャッチフレーズを作りました。江戸から続く伝統と最先端の文化、これが共存するのが東京の魅力でございます。このアイコンで東京の魅力を、さらに強く海外に発信していきたいと思っています。東京国際映画祭がますます発展し、そしてまた、東京の魅力がますます高まっていくことを期待しております。本日はありがとうございました。」

トミー・リー・ジョーンズ審査委員長 総評:
「この東京国際映画祭で私が一番楽しかったことは、この審査員の皆さんと友情を築くことができたことです。皆さんとても聡明で思慮深い方々です。そして困難な状況でもありました。というのも、我々が審議をしている際に5つの言語を駆使しておりましたので、その都度通訳が必要でした。それはまるで国連のような状況でした。そしてまた、それぞれが違った言語を話すのでユーモアを維持するのが難しかったです。私たちの中で15本の作品をいろいろ観ていくことはできますが、その15本を審査することは大変です。また最良の映画祭というのは、映画製作者や観客を厳しい商業的需要から開放すべきものだと思います。私たちは、カークラッシュやレンズに銃口を向けたり、都市が爆発したり凍ったり、危機に陥っている女性、思春期のスーパーヒーローなども必要としません。それを悪いことだと言っているのではなく、ただ私たちはそれを必須とみなしておりません。最良であれば、映画祭というものは理路整然とした物語、視覚的な美しさ、そして観客の時間をしかるべき注意と努力で向上させるという映画の持つ責任を開放しません。私たち映画製作者はみなさんの時間を無駄にするために生まれてきたのではなくより良いものにするために生まれました。そして皆さんに対し、謙虚な心と希望をもって仕える者ということをこの審査員を代表して申し上げます。」


スペシャルゲスト 『不都合な真実2:放置された地球』アル・ゴアさん
「東京国際映画祭に招いていただいてありがとうございます。また、私の作品をクロージング作品に選んでいただき光栄に思っております。また、日本で配給していただける東和ピクチャーズに感謝しています。そして私の旧友、トミー・リー・ジョーンズにまさかここで会えるなんて思っていなかったです。彼とは長年の友人です。是非皆さんにはこの作品を楽しんでいただきたいと思います。是非見て感じて、これをチャレンジとして受け止めていただきたいです。」


久松猛朗 フェスティバル・ディレクター
「みなさま本日は第30回東京国際映画祭クロージングセレモニーにご出席いただきまして誠にありがとうございます。まず、最初に各賞を受賞された皆様、本当におめでとうございます。素晴らしい作品をありがとうございました。残念ながら受賞を逃された皆様、どの作品も素敵で、映画の持つ魅力を改めて感じさせていただくことができました。ありがとうございました。多くの作品の中から一本を選ぶという、非常に過酷な任務をやっていただいた審査員の皆様本当にご苦労様でした。本日をもちまして、無事10日間の開催を終了する運びとなりました。関係者の皆様、作品を持ってお越しいただいたゲストの皆様、本当に多くの方々のおかげでここまでくることができました。ありがとうございました。東京国際映画祭は今年で30回目を迎えました。その開催に迎えまして、より多様で多彩なプログラムで誰もが参加したくなるような祝祭感あふれる映画祭を目指しました。皆さんが楽しんでいただけたのであれば、大変幸いに存じます。来年はさらに充実したプログラムで皆さんをお迎えする所存です。来年もこの場で皆さんにお会いできることを楽しみにしております。この10日間、本当にありがとうございました。」

と、第30回東京国際映画祭の幕は閉じたのでした。

***********************************


関連記事:


良かったらランキングUPにご協力ください。
にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へにほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ