國村隼 安藤政信 門脇麦 映画『KOKORO』初日舞台挨拶登壇決定!


映画情報どっとこむ ralph この度、11月4日(土)に初日を迎える映画『KOKORO』の初日舞台挨拶が決定しました。

舞台挨拶を華やかに彩るのは、相次ぐ海外作品への出演が注目され、本作ではもう一人の主人公といっても過言ではない元警察官のダイスケを演じた國村隼さんをはじめ、主人公アリスが訪れる村の住人として本作に参加した安藤政信さん、門脇麦さん。
更に本作でメガホンをとったヴァンニャ・ダルカンタラ監督が登壇します。

『KOKORO』初日舞台挨拶 概要
日程:11月4日(土)
11月4日(土) 11:00の回上映後 

場 所:ユーロスペース(東京都渋谷区円山町1−5)
登壇者:國村隼、安藤政信、門脇麦、ヴァンニャ・ダルカンタラ監督
※登壇者は余儀なく変更になる場合があります。
チケット発売:10月28日土曜日 午前10時から
チケットぴあにて Pコード557-767

映画情報どっとこむ ralph 物語・・・
夫と思春期の子供二人とフランスで暮らすアリスの元に、長い間旅に出ていた弟ナタンが戻ってきた。ナタンは日本で生きる意欲を見つけたと幸せそうに語る。しかしその数日後、彼は突然この世を去ってしまう。弟の死にショックを受けたアリスは、弟を変えた人々、そこにある何かに出会うため、ひとり日本を訪れる。ナタンの残した言葉を頼りに、弟の足跡をたどっていくアリス。そこで彼女は、海辺の村に住む元警察官ダイスケと出逢う。

彼は飛び降り自殺をしに村の断崖を訪れる人々を、そっと思いとどまらせているのだった。

求めすぎず、静かに傷をいやすことのできるその場所に、アリスはどこか安らぎを感じる。そしてダイスケをはじめとするジロウ、ミドリ、ヒロミ、ハルキら、その村で出会った人々との交流が、静かにアリスの心に変化をもたらしてゆく。

***********************************

出演:イザベル・カレ 國村隼 安藤政信 門脇麦 他
監督・脚本:ヴァンニャ・ダルカンタラ
原作:オリヴィエ・アダム「Le cœur régulier」
配給・宣伝:ブースタープロジェクト
2016年/ベルギー・フランス・カナダ/95分/カラー/シネマスコープ/5.1ch
(c) Need Productions/Blue Monday Productions
関連記事:


良かったらランキングUPにご協力ください。
にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へにほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ