THE YELLOW MONKEY「オトトキ」で東京国際映画祭レッドカーペット&舞台挨拶


映画情報どっとこむ ralph 15年振りに再集結“THE YELLOW MONKEY”の2016年のツアーに密着した映画「オトトキ」が11月11日(土)より全国ロードショーとなります。

そして第30回東京国際映画祭では 特別招待作品としてジャパンプレミア上映、10月25日(水)に舞台挨拶、レッドカーペットセレモニーが行われました。​
日時:10月25日(水) 
場所:TOHOシネマズ六本木ヒルズ、六本木ヒルズ​
登壇:THE YELLOW MONKEY (吉井和哉、菊地英昭、廣瀬洋一、菊地英二 ) 松永大司監督​

映画情報どっとこむ ralph 本日行われた第30回東京国際映画祭でのジャパンプレミア上映にて舞台挨拶&レッドカーペットセレモニーにTHE YELLOW MONKEYのメンバーと松永大司監督が登壇し、彼らを待ちわびたファンの声援に笑顔で応えました。​

第30回 東京国際映画祭 ジャパンプレミア上映の舞台挨拶にTHE YELLOW MONKEYのメンバー4人と松永監督が登壇。一般客への初披露の場である本上映のチケットは即完、彼らの登場を待ちわびた観客から歓声が上がりました。

​約800-900時間に及ぶ撮影で完成した本作を見た感想を​

廣瀬洋一:本当に赤裸々、洗いざらい丸裸にドキュメントされてる。裏側を全て見られてしまった!

菊地英昭:ライブとは違うので、気恥ずかしいような気分です。結構なところまで見られているから、もうなんでもアリかも。

吉井和哉:みなさん泣きました?泣くよね!僕は3回、泣きそうになりました。

菊地英二:松永監督のドキュメンタリーは独特だと思う。普通の映画だったら今こうしてこの舞台に立てていないので、感謝ですね。​

映画情報どっとこむ ralph メンバーからのコメントに、

監督:長い撮影でしたが、なるべく客観的に撮るために、身内にならないように気をつけていました。みんな魅力的なので、入り込まないのが大変でしたね。人に見せたくないような瞬間にも立ち会わせて頂き感謝しています。

と顔を綻ばせた。​“4Pしようぜ”のキャッチコピーが踊るポスターに話が及ぶと、

吉井さん:浅草の映画館のポスターみたい(笑)

と振り返る。​


最後に挨拶を求められた吉井さんと松永監督は、

吉井さん:今までのロックのドキュメンタリーとはまた違った新しい映画になっていると思います。キーワードは家族かな。50歳を超えたロックを仕事にしている男たちの葛藤をぜひ劇場に見に来てください。みなさん楽しめると思います!

松永監督 『オトトキ』というタイトルはいろんな意味を多く含んだタイトルに出来ればと思い、つけました。バンドを知らない人にも興味を持ってもらって、映画を楽しんでもらい、ライブにも足を運んで頂けたら嬉しいです。

映画情報どっとこむ ralph 『オトトキ』

11月11日(土)より、全国公開


この復活劇の1年間を追いかけたのは、映画『トイレのピエタ』で数々の映画賞に輝くなど、今注目の新進気鋭の監督、松永大司。

一年間密着の末、最後に監督が仕掛けたのは、彼らの原点とも言えるライブハウス、渋谷 La.mamaでの無観客ライブ。 彼らは一体誰のために歌っているのか?バンドを続けるということはどういうことなのか?今後のTHE YELLOW MONKEYの行先を見い出すことは出来るのか?​

彼らの迫力あるサウンドと、貴重な過去映像、関係者のインタビューとともに​THE YELLOW MONKEYを感じる映画『オトトキ』。​

映画公式サイト:
theyellowmonkey-movie.jp ​
映画公式SNS:Twitter:
@OTOTOKI_MOVIE  
Instagram:
@ototoki_movie/
Facebook:
OTOTOKI.MOVIE

***********************************

出演:THE YELLOW MONKEY / 吉井和哉 菊地英昭 廣瀬洋一 菊地英二  監督:松永大司​
制作プロダクション:ブースタープロジェクト  
配給:ティ・ジョイ​
製作:映画「オトトキ」製作委員会  
©2017映画「オトトキ」製作委員会​

関連記事:


良かったらランキングUPにご協力ください。
にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へにほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ