原一男監督 『ニッポン国 VS 泉南石綿村』 釜山国際映画祭 最優秀ドキュメンタリー賞受賞


映画情報どっとこむ ralph 韓国 釜山で2017年10月12日-21日にかけて開催された第22回釜山国際映画祭(PUSAN International Film Festival)において原一男監督の最新作映画『ニッポン国 VS 泉南石綿村』が、 ワイドアングル部門にてセメナ賞(最優秀ドキュメンタリー)を受賞しました!

映画祭開催期間 2017年10月12日‐10月21日
釜山国際映画祭公式HP:
http://www.biff.kr

映画情報どっとこむ ralph 原一男監督、受賞コメント

釜山国際映画祭で BIFF メセナ賞(最優秀ドキュメンタリー賞)を受賞しま した。泉南の原告団、弁護団、市民の会の人たちと喜びを分かち合いたいと 思います。釜山での上映に韓国のアスベスト被害者の人たちが駆けつけてく れて泉南の人たちと交流しましたが、韓国の被害者のおじさんが、自分の奥 さんがアスベストの被害でひどく苦しみながら死んでいった、映画を見なが らその奥さんのことを思い出して泣けて泣けて……と私に語ってくれまし たが、その話を聞いて私が泣きそうになってしまいました。この映画はやは り、日韓のそうしたアスベストの被害者の人たちのものである、と今、しみ じみ考えています。

映画情報どっとこむ ralph
また、今後は第 18 回東京フィルメックス(11月18~26 日)にて特別招待作品として上映予定です(上映日時25日 10:00‐) 。

劇場公開は、2018 年3 月、ユーロスペースにて公開です。

映画情報どっとこむ ralph イントロダクション

明治の終わりから石綿(アスベスト)産業で栄えた大阪・泉南地域。

肺に吸い込むと長い潜伏期間の末に肺 がんや中皮腫を発症するアスベスト疾患の責任を求めて、工場の元労働者と家族、周辺住民らが国家賠償請 求訴訟を起こす。

最高裁判決までの8年以上にわたる原告と弁護団の闘いを支援者として丁寧に記録する一方、映画作家として被害者、家族らの揺れ動く生の感情をカメラの前に引き出し、裁判終結までの痛切な闘争のドラマを描き出した。
***********************************

監督:原一男 製作:小林佐智子
撮影:原一男、構成:小林佐智子
編集:秦岳志
整音:小川武 音楽:柳下美恵、
制作:島野千尋
助成:大阪芸術大学芸術研究所 JSPS 科研費
製作・配給:疾走プロダクション
配給協力:太秦
宣伝協力:スリーピン
2017 年/215 分/DCP/16:9/日本/ドキュメンタリー
©疾走プロダクション
       
関連記事:


良かったらランキングUPにご協力ください。
にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へにほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ