『TOKYO TRIBE』第一弾キャスト発表!



鈴木亮平、変態仮面につづく映画主演作は、園子温監督新作

『TOKYO TRIBE』

裸の次は、極悪キャラでラップに挑戦!さらに相手役は、一般公募の超新人!

『HK/変態仮面』の<変態仮面>、『ガッチャマン』の<みみずくの竜>など、色濃いキャラクターを演じ分け、華麗なる変身をつづける鈴木亮平が、製作者も驚きの大ヒット作品となった『HK/変態仮面』に次ぐ、映画主演作品として園子温監督とタッグを組む!鈴木亮平が演じるのは、井上三太氏の超人気漫画の初の実写化として注目される園監督の新作『TOKYO TRIBE』の<メラ>というキャラクターで、街を牛耳る「ブクロWU-RONZ」のボス。もう一人の主人公<海(カイ)>を敵視し、海が所属する「ムサシノSARU」と対立する役。

その<海>役には、北海道を拠点に活動し、HIP HOP界ではすでに才能を高く評価されるラッパーの YOUNG DAIS(N.C.B.B.)が、一般オーディションから大抜擢!初めての演技を披露し、本作から、芸能事務所フロムファーストに所属し芸能活動を始める。また、主演の二人は共に、映画の中でラップを披露。鈴木亮平は、初めてラップに挑戦です。

そして、その劇中音楽は、Zeebraなど蒼々たるアーティストの楽曲を手掛けてきた日本屈指のHIPHOPプロデュースチーム「BCDMG」が全編担当する。この他、業界初の試みで注目されていたYou Tube オーディションを含む一般応募者は、約1000名もの応募があり、主演以外にも多数の応募者がキャスティングされる予定。

結果発表は、随時公式HPで発表される。本作は、8月下旬にクランクインし、9月下旬クランクアップ予定。

メラ役/鈴木亮平 コメント
この時代に生きる俳優として、園監督と作品を創れることは、とても幸せです。自分のこれまで培った全てを動員し、園監督の色に頭からつま先まで染まりたいです。今回、初めての日本刀のアクションになるので、腕を鍛えるため、片手で木刀の素振りを毎日やっています。また、ラップについては、プロのアーティストの方とアイディアを出し合い

ながら、移動中や待ち時間などは常に口ずさんで練習しています。(YOUNG DAISとの共演について)同じ表現者同士、これまで磨いてきたお互いの表現をぶつけ合いたい。ラップはYOUNG DAISさんが引っ張り、芝居は僕が引っ張ることで、どちらもレベルの高いものにしていきたいです。(原作について)日本を舞台にした、ヒップホップカルチャーとバイオレンスが融合したこの作品は、当時ヒップホップを聞きはじめていた自分にはとても強烈でした。その作品で、しかもあのメラを演じさせていただくことに、興奮とともに多大なプレッシャーを感じています。原作の持つトゲを、よりシャープに尖らせた実写作品を目指していきたい。(今回演じるキャラクターについて)憎しみの感情の蛇口をフル開放して、内面・外見ともに園作品にふさわしい強烈なメラを創り上げていきたいです。


海(カイ)役/YOUNG DAISコメント
正直、驚きと信じられない思いでいっぱいです。演技すること自体初めてなので「挑戦」をテーマに、そして自分の可能性を信じて、全てにチャレンジ精神を持って望もう思っています。原作は雑誌で連載されていた頃から読ませてもらっていて、HIPHOPの要素がふんだんに取り込まれていたのは当時衝撃的でした。メラ役の鈴木亮平さんには胸を借りるつもりで、体当たりでぶつかり、勉強させてもらいたいと思っています。そして、皆さんに楽しんで頂けるよう、また自分自身楽しんで、海を演じれたら・・・と。園監督作品は観終わる頃になるといつもどこか痛快な気持ちになったり、はたまた不思議な気持ちが残り続けたりと、魅了されています。

園監督が描く『TOKYO TRIBE』の世界が楽しみで仕方ないです!


監督/園子温 コメント
鈴木くんはスーパーアクションができるプロアクター、対して、演技は素人新人北海道が生んだラッパーのダイスくんがラップで勝負!!二人が撮影現場でどれだけのものを見せつけてくれるか楽しみです。ど迫力の面白すぎるほどの痛快な映画にします!どうぞお楽しみに。

8月下旬 撮影開始、2014年公開予定です。!
鈴木亮平さんのあの体また見れるのでしょうか。。。楽しみ。

『TOKYO TRIBE』公式HP:tokyotribe-movie.com

********************************************************************


鈴木亮平(30)プロフィール
1983年3月29日生まれ。兵庫県出身。テレビドラマ「レガッタ?君といた永遠?」(06/EX)で俳優デビュー。ドラマ「魔女裁判」(09/CX)、「全開ガール」(11/CX)、「本日は大安なり」(12/NHK)、「パパドル」(12/TBS)などに出演し、『椿三十郎』(07/森田芳光監督)で映画初出演を果たす。『シュアリー・サムディ』(10/小栗旬監督)、『阪急電車 片道15分の奇跡』(11/三宅喜重監督)、『コドモ警察』(13/福田雄一監督)と立て続けに映画に出演。また『ANJIN』(09/演出・グレゴリードーラン)、『テイキングサイド』(13/演出・行定勲)舞台にも出演。『HK/変態仮面』(13/福田雄一監督)では、映画初主演を果たすなど、映画、テレビ、舞台と幅広く活躍。最新作『ガッチャマン』が8/24に公開される。

YOUNG DAIS (31)プロフィール
1981年10月11日生まれ。旭川に生まれ育ち、16歳から19歳をニューハンプシャー州ニューハンプトンの全寮制高校で過ごす。同地近郊の大学の合格通知を得たが、「日本に戻ってラッパーとして活動したい」という衝動を抑え切れず2001年帰国。その後、札幌を拠点に様々なHIP HOP集団で活動し、2004年に現在の「NORTH COAST BAD BOYZ」として正式にデビュー。2008年にN.C.B.Bと改名し、HIPHOP界では、推しも押されぬ存在に。YOUNG DAIS個人では、2006年には北海道の最大手ラジオ局「FMノースウェーブ」で始まったHIPHOP番組『DDG THING』のメインパーソナリティを務め、ソロ・アーティストとして12年 9月にファーストアルバム「PLAYLIST」をリリース。その完成度の高さが定評となり、未だ HIPHOPの売上チャートの上位に君臨する。今年5月にリリースされたセカンドアルバム「Accent」では、RIZEのJESEEを迎えるなど、ジャンルを超えたコラボレーションにも注目された。本作では、一般オーディションから大抜擢され、初めての演技を披露することになる。

監督/園子温(51) プロフィール
1987年、『男の花道』でPFFグランプリを受賞。ぴあスカラシップ作品として制作された『自転車吐息』(90)は、ベルリン映画祭正式招待のほか、30を超える映画祭で上映。以後、『自殺サークル』(02)、『奇妙なサーカス』(05)、『夢の中へ』(05)、『紀子の食卓』(06)、『HAZARD』(06)、『エクステ』(07)、『ちゃんと伝える』(09)など衝撃作を続々と誕生させ、各国での受賞作多数。09年『愛のむきだし』で、第59回ベルリン映画祭「カリガリ賞」「国際批評家連盟賞」、第9回東京フィルメックス「アニエスベー・アワード」を受賞。11年『冷たい熱帯魚』では、第67回ベネチア国際映画祭<オリゾンティ部門>、第35回トロント国際映画祭<ヴァンガード部門>や各国の映画際でも正式出品。2011年『恋の罪』が第64回カンヌ国際映画祭で正式上映され、同年には「ヒミズ」が第68回ベネチア国際映画祭<コンペティション部門>に出品。染谷将太と二階堂ふみに最優秀新人俳優賞(マルチェロ・マストロヤンニ賞)をもたらした。2012年には『希望の国』を発表、最新作の『地獄でなぜ悪い』(9/28公開)は、ベネチア国際映画祭、トロント国際映画祭などに正式出品が決まっており、新作を発表するごとに話題を呼んでいる。

映画『TOKYO TRIBE』
作品概要
センセーショナルな作品を放ち続ける園子温監督が挑む新作は、近未来の“トーキョー”を舞台にストリートギャングたちが大暴れする『TOKYO TRIBE』。原作は、単行本(全12巻)で累計200万部を売り上げ、アジアをはじめ海外でも絶大な人気を誇る、井上三太による伝説の漫画「TOKYO TRIBE2」で、今回初の実写化。

シブヤ暴動から5年後の“トーキョー”には様々なトライブ(族)が存在し、そこに住む若者たちは、街を暴力で支配しながらお互いの縄張りを守っていた。「ブクロWU-RONZ」のトップに君臨する<メラ>と「ムサシノSARU」に所属する

<海(カイ)>。二人を取り巻く”トーキョー”中のトライブを巻き込んだ激しい大抗争を描いた暴力と愛と友情の物語。

原作:井上三太
脚本・監督:園子温
配給・宣伝:日活
(C)2014INOUE SANTA/TOKYO TRIBE FILM PARTNERS
関連記事:


良かったらランキングUPにご協力ください。
にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へにほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ