キューバの人の優しさ、無邪気さがまだずっと残っています オダジョー『エルネスト』舞台挨拶


映画情報どっとこむ ralph 今年2017年に没後50年を迎えるキューバ革命の英雄“エルネスト・チェ・ゲバラ”。

革命家、反帝国主義のカリスマとして、また、革新を想起させるシンボルとして今もなお世界中でゲバラの存在は明確に息づいている。そんな彼の“意志”に共感し、ボリビアの軍事政権との戦いで、1967年8月に25歳の若さで散った実在の日系人、フレディ前村ウルタードの知られざる生涯を、日本・キューバ合作で描く映画『エルネスト』が10月6日(金)より全国公開中。

そしてこの度、公開翌日の10月7日(土)に、主演のオダギリジョーさん、永山絢斗さん、阪本順治監督を迎えての公開記念舞台挨拶が行われました!

日時:10月7日(土)
場所:TOHOシネマズ 新宿
登壇:オダギリジョー、永山絢斗、阪本順治監督

映画情報どっとこむ ralph 挑戦的な本作ですが、満席の舞台挨拶。

オダギリさん:初日から足を運んでいただきありがとうございます。

実は、ある先輩俳優から『エルネスト』に関してお褒めの言葉をいただきました。

こういう作品にいつも挑戦する姿勢が嬉しいし、こういう作品が作られるよう、お前が引っ張っていけ。

と言われました。

僕としてもこういう意義のある作品に参加することが出来て、役者冥利に尽きる。

と感謝の言葉からスタート。

映画情報どっとこむ ralph また本作を観終わったお客様に対し、
阪本監督:いろんな感想があるかと思いますが、何か気に入った場面があれば、胸に抱いてお帰りください。

と感慨深げに語った。また本作を撮るきっかけに高倉健の名を挙げて、

阪本監督:2013年に高倉健さんから、脚本を書かないかと言われた。その時、国籍や人種のお話を高倉さんがされていたのをヒントに脚本を書こうと思い、日系移民を調べていたら、フレディ前村の存在を知りました。その企画は無くなったのですが、高倉さんの言葉が無かったら僕はフレディ前村について知ることも無かったし、この映画も撮っていなかったと思います。

と語り、高倉健に感謝の意を述べると、

オダギリさん:僕も高倉さんに感謝していることがあって、実は高倉さんと誕生日が一緒なんです」と発言し、笑いを誘っていた。

キューバでの撮影について聞かれ

オダギリさん:キューバの人の優しさ、無邪気さがまだずっと残っています。資本主義の中で生活していると、お金中心で物事が回っている気がしますが、それとは全く違う価値観で社会が動いているのを感じて、色んなことを考えさせられました。キューバ人俳優は映画に対する姿勢も素晴らしく、日本映画に参加するという考えではなく、自分達の映画として参加してくれた。スタッフ・キャストの方には感謝しかありません。

と感謝の気持ちを伝えた。

本作で初めて阪本監督の作品に参加した

永山さん:阪本監督と一緒に仕事をしたいと思っていたので、ずっと緊張していましたけど、現場にいるのが楽しかったです。やはり阪本監督はカッコいい方だなと思いました。
と語り、

阪本さん:僕にとっても若い俳優さんと仕事するのは新鮮でした。あとは瑛太君より、昭和顔でしょ(笑)?中々50年代の役ができる若い俳優はいない。この間聞いたのですが、彼はスマホからガラケーに戻したらしいんですよ。

と話すと、会場からは驚きの声が上がった。

映画情報どっとこむ ralph また、25歳という若さで亡くなったフレディ前村にちなみ、オダギリさん、永山さん、阪本監督の25歳の頃の写真が紹介され、

オダギリさんは『アカルイミライ』(13)のころの写真を手に
オダギリさん:初めての主演映画だったので緊張しまくりでしたし、毎日全力を出してやっていた。黒澤清監督に、〈オダギリさん、あんまり芝居しないでくれ〉と言われたこともあった。

今後目標について聞かれると、

オダギリさん:昨日ネットニュースでトピックに上がっていましたが、仕事せずに遊んで暮らすのが目標です。みなさんもそうでしょう?(笑)

と笑いながら語っていた。

映画情報どっとこむ ralph
最後に、本作の見どころについて、

オダギリさん:今の日本映画では珍しい作品だと思います。かなりリスクもあり、挑戦的な作品ですし。でも、10年後にまたこのような作品が作られるには、この時代の映画、本作の答えに掛かっていると思いますので日本映画界にとって意味のある作品だと思います。

阪本監督:僕としても、こんな清らかな映画を撮るのは初めてです。政治家が笑えない喜劇を演じるこの時代で、こういうまっすぐな映画があってもいい。

と語り、舞台挨拶を締めました。

エルネスト

10月6日(金)TOHOシネマズ 新宿他全国ロードショー

***********************************

脚本・監督:阪本順治
出演:オダギリジョー、永山絢斗、ホワン・ミゲル・バレロ・アコスタ、アレクシス・ディアス・デ・ビジェガス
配給:キノフィルムズ/木下グループ
2017年|日本・キューバ合作|スペイン語・日本語|DCP|ビスタサイズ|124分
(c)2017 “ERNESTO” FILM PARTNERS. 

関連記事:


良かったらランキングUPにご協力ください。
にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へにほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ