スーパー歌舞伎『ヤマトタケル』がシネマ歌舞伎に


歌舞伎の舞台作品を、HD高性能カメラで撮影し、デジタル上映するシネマ歌舞伎。

その第19作目となる
『ヤマトタケル』の公開が9月28日(土)
に決定致しました。


哲学者 梅原猛が三代目市川猿之助(二代目猿翁)のために書き下ろし、神話のヤマトタケルの波瀾の半生を雄大なドラマに仕立てた本作は、昭和61年に初演され、“スーパー歌舞伎”という新ジャンルを築き上げた歴史的作品です。

昨年6月、新橋演舞場における、猿之助の二代目市川猿翁、亀治郎の四代目市川猿之助、香川照之の九代目市川中車 襲名、中車の子息 五代目市川團子の初舞台で上演され、日本中を席巻した『ヤマトタケル』がふたたび映像でよみがえります。


手に汗握る冒険、親子の確執、姫君たちとのロマンスが、早替りや、立ち廻り、宙乗りなど、舞台上で所狭しと繰り広げられるスペクタクルとともにドラマティックに描かれています。さらに、劇中で披露された四代目市川猿之助、九代目市川中車による襲名口上も収録。シネマ歌舞伎ならではのダイナミックかつ精緻な映像で余すところなく捉えた、エンターテインメント大作となっています。

天翔ける心 二代 市川猿翁 コメント

私は映画が大好きです。学生の頃には月に30本は観ておりました。そして歌舞伎では「三代猿之助四十八撰」に数えられる作品をはじめ多くを創り演じております。
2つのジャンルを掛け合わせてというシネマ歌舞伎でスーパー歌舞伎「ヤマトタケル」上演の機会をいただきました。思い出深きスーパー歌舞伎第一作を映画化することによって全国の人々にご覧になって頂けるのは大変光栄でございます。
「ヤマトタケル」は梅原猛先生の原作で一九八六年に私の主演・演出で初演しました作品ですが江戸歌舞伎の演出法、演技法、音楽を駆使し現代の人の心に通じるテーマを打ち出しその後に続く“スーパー歌舞伎”(のジャンル)を確たるものにした澤瀉屋(だかはわかんむり)にとりまして大切な演目でございます。
 昨年6月に二代目市川猿翁、四代目市川猿之助、九代目市川中車襲名、五代目市川團子初舞台におきまして古典歌舞伎の演目と肩を並べて上演致しました舞台です。少しでも多くの方々にご覧いただけましたら幸いです。


四代 市川猿之助コメント

襲名公演の「ヤマトタケル」が映画として公開されることは
たいへん光栄なことです。
新たな猿之助の出発点の記録としてご覧いただければ幸いです。

シネマ歌舞伎は『ヤマトタケル』の公開は9月28日(土)
東劇・新宿ピカデリーほか全国公開です!
公式サイト : http://www.shochiku.co.jp/cinemakabuki/

シネマ歌舞伎はとっても見やすいですし、金額的にも敷居が低いので是非観に行ってみて下さい。結構はまりますよ!

【物語】
日本創世の陰には、父と子の永きにわたる葛藤があった――

大和の国の皇子 小碓命は、双子の兄 大碓命の謀反をいさめようとして誤って殺してしまい、父帝の怒りを買い、大和に従わない熊襲の征伐にたった一人で向かわされる。小碓命は父の許しを得たい一心で、見事に熊襲兄弟を討ち果たし、ヤマトタケルと名乗ることとなる。

しかし、父帝の怒りは治まらず、新たな戦の命を下されたタケルには次々と試練が訪れる。

それでも、父とまだ見ぬ息子ワカタケルに会うために、タケルは故郷を目指すのだが……。

********************************************************************


シネマ歌舞伎『ヤマトタケル』

作 梅原 猛 /
監修 奈河彰輔/
脚本・演出 市川猿翁
[平成二十四年六月 新橋演舞場公演]

出演 小碓命(おうすのみこと)後にヤマトタケル/大碓命(おおうすのみこと):市川猿之助、帝(すめらみこと):市川中車、タケヒコ:市川右近、ワカタケル:市川團子、兄橘姫(えたちばなひめ)/みやず姫:市川笑也、弟橘姫:(おとたちばなひめ)市川春猿、老大臣:市川寿猿、ヘタルベ:市川弘太郎、帝の使者:市川月乃助、倭姫(やまとひめ):市川笑三郎、熊襲(くまそ)弟タケル:市川猿弥、尾張の国造(くにのみやつこ):坂東竹三郎、皇后(おおきさき)/姥神:市川門之助、熊襲(くまそ)兄タケル/山神:坂東彌十郎

©松竹株式会社
公開日 : 2013年9月28日
公開情報 : 2013年9月28日 東劇・新宿ピカデリーほか全国ロードショー
公式サイト : http://www.shochiku.co.jp/cinemakabuki/
関連記事:


良かったらランキングUPにご協力ください。
にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へにほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ