清原惟監督『わたしたちの家』PFF アワード 2017グランプリ受賞 公開日決定!


映画情報どっとこむ ralph 第39回ぴあフィルムフェスティバル「PFFアワード2017」グランプリ受賞!!

『わたしたちの家』

東京藝術大学大学院で黒沢清、諏訪敦彦両監督に師事した清原惟監督の劇場デビュー作となる本作は、映画監督として最も期待したいつくり手に贈られる「グランプリ」を受賞。


清原惟監督の授賞式コメント

グランプリという素晴らしい賞をいただき、本当に光栄に思っております。ありがとうございます。私は PFFアワードに 3度目の入選で、今まで賞をいただいたことはなかったので今回こそは思っていましたが、最後の最後で、グランプリをいただくことができ、驚きとともに信じられない気持ちでいっぱいです。この作品は私だけの力ではなく、多くの関わってくださった皆さんと作り上げた作品なので、まずは皆さんに深く感謝をお伝えしたいです。ポリフォニックに響いていく 2つの世界がテーマになった作品なので、多くの方々にご覧いただき、皆さんそれぞれの映画になったことで、ポリフォニー性が広がったと思います。今後もより多くの方々に観ていただきたいと思っていますし、この賞に甘んじることなく、100年後も私の知らない誰かに観ていただける映画を作れるよう頑張りたいと思います。

映画情報どっとこむ ralph 評)

李相日監督:技術的な確かさ、撮影・照明・カメラ・美術の細部まで計算しつくされた作品。それだけでなく、登場人物である女性たちの心の機微を繊細に演出している。2つの世界がどう交わるのか、交わらないのかという部分が核になる作品でもあり、謎が残る部分でもあり、17作品の中で映像に匂いを感じた、力強さのある作品。

横浜聡子監督:グランプリと準グランプリの作品は、つくる姿勢、ものの見方に おいて勉強になり、私自身反省した。

と感想を述べました。

映画情報どっとこむ ralph そして!

ぴあフィルムフェスティバルの授賞式を終え、2018年1月13日(土)より、渋谷ユーロスペースほか全国順次公開が解禁となりました!


映画史上、誰一人として思いつかなかった、特異で甘美な室内劇。

謎に満ちた形而上的スリラーであり、切実でピュアな青春映画であり、 女同士の友愛の映画であり、ユニーク極まる建築映画でもある、類いまれなる魅力を放つ作品。

物語・・・
父親を失った少女と、記憶を失った女性の、まったく別々の物語が、ひとつの「家」の中で交錯する.
セリはもうすぐ14 歳。父親が失踪して以来、母親の桐子と二人暮らし。最近、お母さんに新しい恋人ができて複雑な気持ちになっている。
さなは目覚めるとフェリーに乗っており、自分にかんする記憶がなくなっていた。
彼女は船内で出会った女性、透子の家に住まわせてもらうことになる。

二つのストーリーは独特な構造を持つ一軒の同じ「家」の中で進行する。これはいったいどういうことなのか?

清原惟監督『わたしたちの家』

公式サイト ourhouse.html

***********************************

出演:河西和香 安野由記子 大沢まりを 藤原芽生 菊沢将憲 古屋利雄 吉田明花音 北村海歩 平川玲奈 大石貴也 小田篤 律子 伏見陵 タカラマハヤ

脚本:清原惟 加藤法子
プロデューサー:池本凌太郎 佐野大
撮影:千田瞭太
照明:諸橋和希
美術:加藤瑶子
衣装:青木悠里
サウンドデザイン:伊藤泰信、三好悠介
編集:Kambaraliev Janybek
助監督:廣田耕平 山本英 川上知来
音楽:杉本佳一 配給:HEADZ
宣伝:佐々木瑠郁
2017 年/80 分/アメリカンビスタ/5.1ch/カラー/DCP
©東京藝術大学大学院映像研究科
    
関連記事:


良かったらランキングUPにご協力ください。
にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へにほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ