映画『望郷』本日9/30(土)からは中部地区、関西地区でも上映開始


映画情報どっとこむ ralph 映画『望郷』が9/16(土)より新宿武蔵野館にて大ヒット公開中です。

そして、ついに本日9/30(土)からは中部地区、関西地区でも上映が始まりました!

これまでの湊かなえ先生の作品とは違う雰囲気を持つものとなっています。

映画情報どっとこむ ralph そしてこの度、ふたりが熱烈な信頼を寄せる菊地健雄監督の映画作りへのこだわりと、

貫地谷さん:監督のファンになりました。この人を信じておけば大丈夫だと思った。

と、主演の貫地谷しほりさん。

貫地谷さん:本当に細かいところまでしっかり見てくれるんです。

と自分の演技に演出をつける菊地監督の印象を語るのは、島と家庭に縛られ悩む夢都子を演じた貫地谷しほりさん。

元気な女性を演じることが多かったこれまでとは違い、重い悩みを抱えた夢都子を演じることに挑戦した本作では

貫地谷さん:本当に妥協なく指導していただいた。

と菊地監督との撮影の思い出を話す。

映画情報どっとこむ ralph
亡き父との確執を抱えた航を演じた大東駿介さんは、島で生きる人の悩みと葛藤を描いた原作を映像化するにあたり脚本を読んだ時から撮影は原作の舞台である因島で行う方が良いのではないかと考えていた。

菊地監督も同じように因島でのロケにこだわったと知った大東さんは、

大東さん:菊地組は、役者と監督との信頼関係が築ける、仲間がついていく監督。

と尊敬の気持ちを話しています。

公式サイト:bokyo.jp 
公式Twitter:@bokyo_movie

物語・・・
古いしきたりを重んじる家庭に育った夢都子(貫地谷しほり)は、故郷に縛られ生活をしていた。彼女は幼いころから本土にある“ドリームランド”が自由の象徴であったが、それは祖母や母(木村多江)の間で決して叶わない“自由”であった。月日は流れ結婚をし、幸せな家庭を築く中、ドリームランドが今年で閉園になる話を耳にする。憧れの場所がなくなる前に、彼女がずっと思い続けてきた事を語り始める―。一方、本土から転任の為9年ぶりに故郷に戻った航(大東駿介)のもとには、ある日、父(緒形直人)の教え子と名乗る畑野が訪問してくる。彼は、航が知らなかった父の姿を語り出し、本当の父親を誤解していた事を知る事となるが―。ある島で起こる、ふたつの親子の過去と未来をつなぐ感動の物語。

***********************************

出演:貫地谷しほり 大東駿介 ・ 木村多江 緒形直人 他
原作:湊かなえ「夢の国」「光の航路」(『望郷』文春文庫 所収)
監督:菊地健雄 脚本:杉原憲明
主題歌:moumoon「光の影」(avex trax)
制作・配給:エイベックス・デジタル
2017 / JAPAN / 112min / COLOR / 1:1.85 / 5.1ch / ©2017 avex digital Inc.
関連記事:


良かったらランキングUPにご協力ください。
にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へにほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ