『凶悪』試写してきた 凄いとしか言いようがない


『凶悪』試写に行ってきました! 

映画『凶悪』は、死刑囚の告発をもとに、ジャーナリストが闇に埋もれた殺人事件を暴き、犯人逮捕へと導いた顛末を綴った新潮45編集部編ベストセラーを映画化したものです。

いやー観て良かったです。

チラシにある

人間はどこまで凶悪になれるのか。誰もが凶悪となりうるのか。そして人間が持つ正義とは。

全編、張りつめた緊張感が極限の日常の中の非日常を叩きつけてきます。

凄いです。この映画。
そして、これ本当にあったことだと思うと更に恐ろしいものがあります。

何より感心したのが、山田孝之 ピエール瀧 リリー・フランキーのキャスティングが恐ろしいほどハマっているのですが、それ以外のキャストも日常にいそうな配役で、これがこの映画のリアルな怖さになっています。

監督は白石和彌。最後のシーンは、監督がセリフをその場で口述したそうです。
・・・・
この演出が効いています。

映画『凶悪』は9月21日(土)、新宿ピカデリー他全国ロードショーです。

9月に映画で迷ったら、観てみて下さい。
結構エグイので、心臓の弱い方は気を付けて下さい。


********************************************************************


『凶悪』
死刑囚の告発をもとに、雑誌ジャーナリストが未解決の殺人事件を暴き、真犯人逮捕への道筋をつけた異例の事件を活写し、日本を驚愕させたベストセラー・ノンフィクション新潮45編集部編『凶悪 ーある死刑囚の告発ー』が個性溢れるキャストを迎え映画化。人間の深い心の闇へ切り込んだ究極のドラマとして完成!死刑判決を受けながら自らの余罪を告発する須藤(ピエール)が、雑誌記者の藤井(山田)へ”先生”と呼ばれる全ての事件の首謀者・木村(リリー)の存在を伝えることから物語が始まる。人間はどこまで凶悪になれるのか?誰もが凶悪となりうるのか?人間の持つ正義とは?日本を震撼させた殺人事件の真相とともに、観るものの心を衝く極限のドラマが幕を開ける!!

■出演:山田孝之 ピエール瀧 池脇千鶴 リリー・フランキー
■原作:新潮45編集部編『凶悪 -ある死刑囚の告発-』(新潮文庫刊)
■監督:白石和彌 脚本:高橋泉、白石和彌 
■企画協力:新潮社
■配給・宣伝:日活 
(C)2013「凶悪」製作委員会 
www.kyouaku.com
関連記事:


良かったらランキングUPにご協力ください。
にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へにほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ