『レミングスの夏』ヒロイン 平塚麗奈インタビュー


映画情報どっとこむ ralph 江戸川乱歩賞を受賞した竹吉優輔先生の小説を五藤利弘監督が映画化した『レミングスの夏』。

『あの花』風味のサスペンス・青春ミステリー的な印象の本作は、この秋、10月1日に公開となります。

そんな本作の中で、ある計画に巻き込まれるヒロイン白石宏美役を平塚麗奈さんが好演されています。

彼女は15歳の新鋭女優。代表作は綾瀬はるかさんと共演した「パンテーン」のCM。そんな彼女にインタビューをさせていただく機会をいただきました。

場所:青山某所
ゲスト:平塚麗奈(ひらつか れいな)

映画情報どっとこむ ralph 本作のヒロイン白石宏美は気が強めなご令嬢。この映画をの中核となる重要な役割です。


しかしながら映画は初出演だという彼女。本作への出演の経緯をお聞きすると、

平塚さん:オーディションです。演技と原作についてどう思うか?をお話ししての1度だけのオーディションでした。後日連絡をいただいて、「ほぼ決まりです。が、口移しのシーンがありますが大丈夫ですか?駄目ならほかの方に」と言われました。

と話す平塚さん。ある意味、当時13歳の彼女には酷な話ですが、

平塚さん:オーディションで演技がうまくできなくて、すごく悔しかったので、演技をもっとしたいと思っていた時でしたので即決しました。

と話す平塚さんの目は既に女優。

本作を観た記者としては、堂に入った演技なのでどこかの劇団出かと思いきや、レッスンなどに通ったことがないそうで、

平塚さん:普段からイメージするのが好きなので、今回台本を読み込んで想像したり、現場で学ばさせていただきました。

と言い、役作りと撮影の思い出を

平塚さん:初めての映画でヒロイン役ですから、期待にこたえられるように、脚本と原作を読んで、表情や思いとか脚本には書かれていない部分を想像して役作りをしました。当初は、同じ年代の役者さんたちと一緒の現場だったので、テンションが上がって、仲良くし過ぎて、少しレミングスチームとは距離を置くようにとスタッフさんにアドバイスを頂きました!撮影は取手でしたので、たまにお母さんのごはんが食べたくなったりしましたが(笑)取手市の皆さんがカレーやスイカを差し入れてくれたり、みんなと一緒でしたので、青春だなと思いました。楽しい夏でした!

と、まだ15歳の一面も。

映画情報どっとこむ ralph 距離を置いていたとはいえ、同年代。レミングスチームとの面白エピソードを尋ねると。

平塚さん:ナギ役の(前田)旺志郎君が、オールバックにしたところは、カッコいいし面白いしで、みんなで連写でした!それからアキラ役の(菅原)麗央が可愛いくて、陽子役の瑚々ちゃんが男前だったので、そのボケツッコミが面白くて。どうしても和気藹藹になっちゃってました。

と、2週間の撮影を振り返ります。

そして、オーディションの話でも出た口移しのシーンについて尋ねると

平塚さん:凄い雰囲気の中で、緊張しました。あのシーンが終わった時の解放感が凄かったです。

と、意外とあっけらかん。続けて、熱中症のシーンでは

平塚さん:みんなの計画に抵抗して信念を見せつける大切な場面で、みんなと仲が良いことを忘れるほど入り込んで、表現できたと思いますし、自信になったシーンでもあります。

と言います。このシーンでも見せつける気の強さ!実際の平塚さんは?と尋ねると

平塚さん:映画を観た方みんなに聞かれます(笑)。でも、そんなことはなくて、どちらかと言うと普段は天然って言われてる感じで。抜けてるらしいです。次回は優しい女の子とか、はじけちゃう役とか、いろいろな役をやってみたいです。

と、固定イメージがつくのは嫌なのだそう。でも、この映画観たプロデューサーや監督は気の強い役をオファーしそうです。


今回、彼女を抜擢した五藤監督の演出について質問すると

平塚さん:演出は、すごく細かくしてくださって、わからないところも丁寧に指導してもらいました。特に監督さんのイントネーションとか物の位置とかへのこだわりが印象的でした。

と話し、色々教えてくれた監督をリスペクトしているそう。

映画情報どっとこむ ralph 今後共演したい、目標にしたい俳優を尋ねると・・・・中条あやみさんと即答!

平塚さん:中条あやみさんは憧れのモデルさんで、見ているだけで惹きこまれる目力や表情が素敵です。わたしも、目や表情だけで何か伝えられるような女優・モデルさんになりたいです。(男性だと共演したいのはと聞くと)男性だと真剣佑さん。自分に厳しい方で、自分は自分というものを持っている俳優さん。格好いいと思います。

劇中で「新天地」という言葉が出てくるので、さらに続けて、今目指す新天地を尋ねると

平塚さん:今は、いろいろな役をしていきたいですね。自由に演技してくださいと言われた時に直ぐに対応できるように。将来は何でもできるモデル・女優に。そして流されない“自分”になりたいです。

本作で、平塚さんが観て欲しい注目点は?

平塚さん:全て全力で演技しましたので、全部です!宏美の変化していく様を見てくださったら嬉しいです。

と、締めました。


女優、平塚麗奈、楽しみな逸材です。

レミングスの夏

2017年10月1日(日)より東京・ユーロライブにて公開 ほか全国順次

舞台挨拶:
10月1日(日)渋谷・ユーロライブ
朝8:30からの回上映後及び朝10:25からの回上映前
登壇者(予定):前田旺志郎、平塚麗奈、瑚々、桃果、遠藤史人、椋田涼、モロ師岡、スネオヘアー(音楽・出演)、五藤利弘(監督・脚本)

映画情報どっとこむ ralph

物語・・・
レミングとは、ねずみのこと。
レミングは自殺しない。
レミングは新天地に向かうために、集団で移動して、必死に海や川を渡る。
アキラこと千葉旭、ナギこと南木秀平、それからモトオ、ミト、ヨーコら「レミングス」の仲間達は、中学2年の夏に大きな戦争をする。
その年、茨城県取手の街には、ハサミで小学生に切りつける「ハサミさん」が現れるという都市伝説が広がっていた。

6年前の小学2年生の夏の出来事を機に、二度と戻ることのない楽しかったあの日を取り戻すため、ナギは、人生を賭けて計画を練り上げ、仲間達を誘い、遂に計画を遂行する。

少年少女の固い決意の理由に迫っていく、青春ミステリー。

http://lemmings72.com/

***********************************

出演:前田旺志郎 菅原麗央 平塚麗奈 瑚々 桃果 遠藤史人
椋田涼 城之内正明 たくみ稜
中村ゆり スネオヘアー 田中要次 モロ師岡 渡辺裕之

監督・脚本:五藤利弘

原作:竹吉優輔『レミングスの夏』(講談社文庫)
©竹吉優輔/講談社

エグゼグティブ・プロデューサー:染谷明 宮本澄江
ゼネラルプロデューサー:城之内景子
プロデューサー:西田宣善
協力プロデューサー:狩野善則、小林良二
ラインプロデューサー:宮下昇
音楽:スネオヘアー
製作:『レミングスの夏』を応援する会
制作プロダクション:オムロ、OneScene
配給・宣伝:渋谷プロダクション
2017年/日本/DCP/カラー/ステレオ/97分/G
関連記事:


良かったらランキングUPにご協力ください。
にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へにほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ