大力拓哉&三浦崇志の代表作『ニコトコ島』 & 『石と歌とペタ』 遂に劇場公開!


映画情報どっとこむ ralph 10/14(土)よりシアター・イメージフォーラムにて公開される、知られ ざる奇才、大力拓哉と三浦崇志の共同監督による『ニコトコ島』と『石と歌とペタ』2作品の予告編、メインビジュアルが解禁です。

2007 年のデビュー作『タネ』からコンビを組み、以降旺盛に作品を発表し続けてきた大力拓哉と三浦崇志。

映画情報どっとこむ ralph イメージフォーラムフィルムフェスティバル2009で大賞を受賞し、第 62 回ロカルノ国際映画祭コンペティション部門に招待された『ニコトコ島』(08)は、細緻で大胆な構図によるモノクロームのビジュアルが印象的な作品。

監督ら自身が出演し、大阪弁の不 可思議なモノローグが続く中、、三人の男がフェリーに乗って謎の 島を旅するという物語である。この度は、解禁された予告編では、 登場人物たちが“山”とは何なのかを巡って一見、他愛の無い言 葉のやり取りをした後に「僕ら、もしかして何にも分かってない んちゃうん」というセリフが映画全体を貫く通奏低音のように聴 こえてくる。 続く『石と歌とペタ』は第 7 回ローマ国際映画祭で招待上映された作品。

映画情報どっとこむ ralph 『ニコトコ島』とは一転、軽快な音楽と、 ビビッドなカラー映像のセンスが光る。物語は「石」と「歌」、そして全く正体不明の「ペタ」と名乗る者たちが“ど こかへ向かう”ロードムービー。「石」「歌」「ペタ」と名乗ってはいるものの、やはり監督自身らがそのまま登場して いる。森に行き、草原を走り、まるで子供のように遊び続ける彼らはどこに向かっていくのか? 「死ぬときは死ぬも んなあ。もっと遊ばななあ」という劇中の言葉からも分かる通り、本作は彼らなりの青春映画なのかもしれない。 海外の高い評価にもかかわらず国内では映画祭以外ほとんど上映されてこなかった彼らの作品がついに一般公開と なる。世界でも類を見ないオリジナリティを発揮し続けている大力拓哉&三浦崇志の作品は、引き延ばされた無為の 時間に遊びながら、「ひとはなぜ生きるのか」「死とは何か」という根源的な問いを、いたって軽やかに問い続ける。

今回、解禁されたメインビジュアルを手がけたのは、80 代より「ガロ」「ヘヴン」「クイック・ ジャパン」「ユリイカ」など数多くの雑誌デザインの仕事も印象的な羽良多平吉氏。二人の作品をかねてより高く評価 してきた羽良多氏たっての希望で今回のコラボが実現。

映画情報どっとこむ ralph しりあがり寿先生、岡田利規先生からのコメントです

しりあがり寿(漫画家)
「デジタル」とか「パソコン」の時代に、すごく手作り感あふれる映像で、一つの画面の中にちっちゃーな事から、大き な事まで、くだらなーい事から、大切な深ーい事まで入っていて、それがユーモラスに語られて長い時間飽きさせな い。素晴らしいとおもいましたね。新鮮なスタイルの作品で、「オレもああいうの作ってみたい」と思う人がこれからどん どんでてきそうな、新しい可能性を感じました。(『ニコトコ島』へのコメントより)

岡田利規(演劇作家/小説家/チェルフィッチュ代表)
『ニコトコ島』も『石と歌とペタ』も、出てくる三人組は生半可なこどもみたい。もしくは、生半可な原始人。退屈さとたわ むれる、ということだけをしている。それだけをして生きているような、夢を造形した映画。わたしが彼らから目が離せ なかったのは、たぶん羨ましかったからなんだろう。 意味の無い、目的の無い、価値の無い、その自由。 彼らの生半可さは挑発的で、かつ魅惑的だ。


ぜひ映画公開を楽しみに!

『ニコトコ島』
Exif_JPEG_PICTURE

『石と歌とペタ』
シアターイメージフォーラムにて 10 月 14 日(土)より公開!以降全国順次

***********************************

『ニコトコ島』(2008/日本/47 分/モノクロ/4:3/DV) 大力・松田・三浦の3人は船に乗る。船に乗って、彼らは「どこか」へ向かう。とある 島に到着した3人は、どこへ向かうでもなく、おしゃべりしながら岩山や森を歩き続け る。誰か一人が死んでも、彼らは歩き続ける。 ◆監督・脚本:大力拓哉、三浦崇志◆出演:松田圭輔、大力拓哉、三浦崇志◆音楽:松 田圭輔、大力拓哉

『石と歌とペタ』(2012/日本・フランス/60 分/カラー/4:3/DV) 石と歌とペタの3人は、出会い、一緒に旅をする。目的地があるから迷う、ということ に気付いた3人は、目的を「いろんなところへ行く」に変更する。 話したり、遊んだり、歌ったり、夢を見たりしながら、3人の現実と非現実の狭間の 旅は、終わることを知らない… ◆出演:松田圭輔、大力拓哉、三浦崇志、中尾広道◆音楽:松田圭輔、松永康平、ラ シャード・ベッカー、大力拓哉◆サウンドエディット:大力拓哉◆タイトルデザイン: 橋本新◆協力:中尾広道、岡本珠希◆プロデューサー:岡本珠希(CaRTe bLaNChe)、 Dairiki&Miura◆監督・脚本:大力拓哉、三浦崇志

関連記事:


良かったらランキングUPにご協力ください。
にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へにほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ