『ネリー・アルカン 愛と孤独の淵で』初日決定!予告&ポスタービジュアル解禁!


映画情報どっとこむ ralph 『ネリー・アルカン 愛と孤独の淵で』YEBISU GARDEN CINEMA での公開初日が10月21日(土)に決定しました。

フランス文壇に彗星の如く現れ、36 歳の若さで去っていった実在のベスト セラー作家ネリー・アルカン。愛を求め、激情とともに生きた彼女の短い 生涯と、エロティックで過激な小説の世界を織り交ぜながら展開していく。

今回解禁となるポスタービジュアルは、マスコミから注目を集め、社交界 のセクシー・アイコンとしてふるまうネリーの分身<マリリン>をピック アップ。記者会見場でまぶしいフラッシュを浴び、マイクを向けられる人 気作家。美しいブロンド、胸元を強調したセクシーなドレスをまとい、大 きなサングラスで瞳を隠した姿は、華やかで強い女性を演出しながらも、 向けられる大衆の目に対しての精一杯の虚勢にも見える意味深なビジュアルになっています。

予告編では、美貌の小説家として名声を手に入れながら、ある日突然命を 絶ったネリーの深層心理に迫っていく作りとなっている。様々な分身<ペルソナ>を生み出し、結果的にその分身たちに苦しめられていくネリー・ アルカンの姿。SNS の複数のアカウントを使い分け、インスタ映えを気に し、知らず知らずのうちに様々な姿を「演じている」いまどきの社会生活 とも重なって見える。



物語・・・・
高級エスコートガールだった自らの過去をモデルに、美しくも残酷なエロスを描いた小説でデビューしたネリーは、一大 センセーションを巻き起こす。自伝的小説のヒロインが「性」に翻弄され、小説家として自らの「生」に苦悩するはざま で、男たちを虜にするエスコートガール、刹那的に愛を求めるジャンキー、社交界で注目を集めるセクシーアイコン…次々 と生み出した分身たちに彼女自身がやがて蝕まれていく。 【ネリー・アルカンとは】 1973 年生まれカナダ・ケベック州出身の女性作家。高級エスコートガールとしての経験を自伝的小説「Putain(原題)」 で描き、フランス語文学の世界に衝撃を与えた。2009 年に自身のアパートで首つり自殺をしているところを発見される。

映画情報どっとこむ ralph nelly-movie.com

10 月 21 日よりYEBISU GARDEN CINEMA 他にて全国順次ロードショー

top”>

***********************************

監督・脚本:アンヌ・エモン/プロデューサー:ニコール・ロベール
出演:ミレーヌ・マッケイ/ミカエル・グアン/ミリア・コルベ イ=ゴーブロー

2016 年/カナダ映画/フランス語/カラー/ヴィスタ/99 分
(C)FILM NELLY INC.2016

関連記事:


良かったらランキングUPにご協力ください。
にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へにほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ