『BPM(Beats Per Minute)』が第90回アカデミー賞外国語部門・フランス代表に選出


映画情報どっとこむ ralph この度、第70回カンヌ国際映画祭において、FIPRESCI(国際映画批評家連盟)賞とグランプリをW受賞し話題となっている、ロバン・カンピヨ監督最新作『BPM(Beats Per Minute)』(原題)が、第90回アカデミー賞外国語部門・フランス代表に選出されました。

カンヌでの受賞後、アカデミー賞フランス代表の有力候補と言われてきた本作。

8月23日の公開以降、フランス全土で60万人を動員し、選定会議の直前にフランスの大手週刊誌Paris Matchが「BPMがフランス代表に選ばれるべき理由」という見出しの記事を出すほど、メディアでの高評価を得てきました。

CNC(フランス国立映画センター)のフレデリック・ブレディン会長は本作について、

「新世代の役者たちの素晴らしい演技が原動力となっている、野心的かつ情熱的な映画で、カンヌからトロントまで世界中に衝撃を与えてきた。ユニバーサルな問題を描いた格別な作品である」

とコメント。

日本での公開は、2018年を予定です。


映画情報どっとこむ ralph 【作品情報】
本作は、第61回カンヌ国際映画祭でパルムドールを受賞した『パリ20区、僕たちのクラス』の脚本・編集を担当し、監督作『イースタン・ボーイズ』では第70回ヴェネチア国際映画祭 オリゾンティ部門の最高賞を受賞したロバン・カンピヨ監督の長編第3作。

舞台は1990年代初めのパリ。
エイズの感染による差別や不当な扱いに抗議し、政府や製薬会社などへ変革に挑んだ実在の団体「ACT UP」(*)の活動を通して、若者たちの恋と人生の輝きを描く。

ACT UPのメンバーだったという監督自身の経験が物語のベースとなっている。明日も知れぬ命を抱える主人公の葛藤、感染者を一人でも減らしたい、友人の命を助けたいという情熱、恋人との限りある愛・・。生と死、理想と現実の狭間で揺れ動きながらも、強く生きる若者たち。彼らの生き生きとした表情や行動が、力強くエモーショナルな映像と共に綴られる、感動作。

*ACT UPとは?➡

正式名称:the AIDS Coalition to Unleash Power =力を解き放つためのエイズ連合

アクトアップ・ニューヨークは1987年3月にニューヨークで発足したエイズ・アクティビストの団体。

エイズ政策に感染者の声を反映させることに力を入れ、差別や不当な扱いに抗議して、政府、製薬会社などに対しデモなどの直接行動に訴えることもしばしばある。現在は全米各地やフランス、インド、ネパールなどにもアクトアップが作られている。

***********************************

出演:ナウエル・ペレ・ビスカヤー(グランド・セントラル)、アーノード・ヴァロワ、アデル・エネル(午後8時の訪問者) 他

脚本・監督:ロバン・カンピヨ
製作国:フランス
© Céline Nieszawer
関連記事:


良かったらランキングUPにご協力ください。
にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へにほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ