羽佐間道夫 したコメ声優口演10年間皆勤賞「エイドリア~ン!」と雄叫び


映画情報どっとこむ ralph 今年も2017年9月15日(金)~9月18日(月・祝)「第10回したまちコメディ映画祭in台東」を絶賛開催しております。

水上音楽堂のラストを飾るのは、毎年恒例の人気企画、声優口演ライブ!!

今回は「没後40年チャップリン特集」を、羽佐間道夫さん、野沢雅子さん、若本規夫さん、山寺宏一さんら豪華ゲストによる競演で盛り上げていただきました!

日付:9月18日(月・祝)
場所:不忍池水上音楽堂
登壇:羽佐間道夫、野沢雅子、若本規夫、山寺宏一、田原アルノ、中野裕斗、たなか久美、大野裕之(日本チャップリン協会会長)ほか

映画情報どっとこむ ralph オープニングトーク

キャストの皆さんが登壇すると、まずは羽佐間さんからのご挨拶。

羽佐間さん:嵐でどうなるかと思いましたが、稽古中、野沢雅子が『あたしが心で晴れにするから!』の一言で晴れてしましましたね。

流石、神様とトモダチ悟空!前日は大雨の影響でどうなることかと心配されていた会場も当日はラストにふさわしい天気に恵まれました。

「したコメ」第1回から毎年かかさず開催されるこの名物企画も、今年でちょうどしたコメと同じく10周年を迎え、羽佐間さん・野沢さん・山寺さんの三人は皆勤賞。

山寺さん:こんなにたくさん面白い企画がある中で10年この声優口演が、このしたコメでやらせていただけるのはうれしいことですよね。

と感慨深げに喜びのコメント。今回初めて声優口演をお客様も多く、

羽佐間さん:初めての方は大変ですよ~、笑い転げて。

今回はお客様にガヤ(アニメーションなどで「その他大勢」のガヤガヤした効果音のこと。)をやってもらう、という参加型のパートもあり、会場にはたくさんの声優志望の方達もたくさん来場していたこともあり、会場は大盛り上がり。

羽佐間さん:声優の最初の仕事はなんといっても、ガヤです。ガヤを経て私たちは少しずつ役をもらっていますリトマス試験紙のひとつで、ここでいい声か悪い声か、いい声だと若本(規夫)くんみたいになっていくんです。(笑)。


そんなオープニングトークの途中で、総合プロデューサーのいとうせいこうさんが登場。なんと羽佐間道夫さんの「したコメ」の皆勤賞をサプライズで表彰するため!

したコメサポーターたち手作りの、メガネケースでできたトロフィーと、ロッキーのような手作りのチャンピオンベルトのプレゼント。ここですかさず、ベルトをして、

羽佐間さん:エイドリア~~ン!!!

一言いただきました。

羽佐間さん:本当にありがとう。これをまいたのはロッキー以来ですが、大事にさせていただきます。寝るときには巻いて寝たいと思います。今日はよかった。ここまで生きてて。ありがとうございます。

と感無量のコメント。そして『チャップリンの勇敢』がスタートしました。大勢の豪華キャストの競演により、会場は大盛り上がりでした。


映画情報どっとこむ ralph スペシャルトーク

『チャップリンの勇敢』の上映後の会場に、山寺さんがお一人で再び登場。

山寺さん:第1回の公演でも、この水上音楽堂でやらせていただいたんですよね。なのでしたコメのスタートから携わらせていただいており、非常にうれしく思います。その時も『犬の生活』をやらせていただいたんですが、ほぼ100年前の作品で、音楽もチャップリンがつけているので、本当は誰もいじっちゃいけないんですよね。声入れなくても面白いからやっちゃいけないのに、やっちゃってて(笑)今回は、チャップリン協会の大野さんにご尽力いただき、久しぶりにやらせていただきます!

今回の演目実現の裏話を披露。

山寺さん:チャップリン家の人がやっていいといってくださって…なのでプレッシャーを感じています。(笑)

と緊張のご様子。何人もの役を一人で演じるということで、

山寺さん:目について、やりたい、と思った人に声を当てていくので皆さんの見ている人と声を当てている人が違うこともあるかもしれませんが、頑張ってついてきてください!

と上演前の意気込みを語りました。そして山寺宏一さんによる『犬の生活』がスタート。“七色の声”で会場を魅了しました。

映画情報どっとこむ ralph ゲストトーク

山寺さんの呼び込みで、キャストの方々が全員舞台に登場。

羽佐間さん:これをライブでご覧になった方は本当にラッキーですね。チャップリンがもし生きていたら、見事だなぁと思うんじゃないかと思いますね。

と大絶賛。

山寺さん:やっぱりやっちゃだめだって言われませんかね?

と恐縮

羽佐間さん:ここにくるまで何度も訓練して、徹夜して昼寝して…。

と羽佐間さんのボケに対し、

山寺さん:はい昼間寝てます!

と息の合ったトークも垣間見せつつ、

山寺さん:見れば見るほど、奥深く素晴らしい作品だなと思います。

と、チャップリンの魅力について改めて語った山寺さん。

羽佐間さん:声優口演に、こういう役者がいて本当に助かっています。マコ(野沢雅子さん)はこの口演では女をやらせていて、僕は制作会社になんでマコに女役をやらせないんだ!と文句を言おうと思っている。だってオッス!ばっかりじゃおかしいじゃない!女性役もすばらしいんです。

と、野沢さんの声優としての魅力についても熱弁しました。

山寺さん:世界の悟空ですから。

と山寺さんがすかさずフォロー。

するとここで、羽佐間さんの呼び込みで、日本チャップリン協会の大野さんが登場。チャップリンについての裏話をたくさん披露いただき、『犬の生活』には山寺さんだけが声をあてることが許されていることについて、

羽佐間さん:本当に誇りに思います。これだけ大野さんのように頑張っている人がいるおかげで、山寺だけに声をやらせよう、と。本当は僕のほうがうまいんですよ。(笑)

とコメント。


映画情報どっとこむ ralph 最後に・・・

羽佐間さん:小さいこどもさんからお年寄りまで、劇場に来ていただきたいというのが発端だったんです。チャップリンをあるおじいちゃんおばあちゃんと、アニメが好きなお孫さんが会話できる、そういう劇場空間を作りたいなと思ったんです。私たちががんばれば、家庭の雰囲気が良くなる、そんな狙いがあったんです。そしてまた、お年寄りになったら、お孫さんを連れて見に来ていただければとおもいます。今日は本当にありがとうございました。

と感謝のコメントでしめたのですが・・・サプライズのQ&Aのコーナーが設けられ、最後まで大盛り上がりの中イベントは終了しました。

***********************************


関連記事:


良かったらランキングUPにご協力ください。
にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へにほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ