立川志らく師匠 シネマ落語 『素晴らしき哉、人生!』上映&落語『人情医者』


映画情報どっとこむ ralph 「第10回したまちコメディ映画祭in台東」2017年9月15日(金)~9月18日(月・祝)で開催。

「したコメ」とは、東京随一の下町(したまち)の魅力をコメディ映画を通じて存分に味わっていただくとコンセプトの映画祭。

今回、シネマ落語 したコメ亭では、映画はフランク・キャプラ監督の『素晴らしき哉、人生!』を上映
監督:フランク・キャプラ、出演:ジェームズ・ステュアート、ドナ・リード

と共に、立川志らく師匠の落語の演目は『人情医者』。
普段では味わえない映画と落語の両方を堪能出来る贅沢な組み合わせを堪能しました!

日付:9月18日(月・祝)
場所:雷5656会館・ときわホール
演者:立川志らく
MC:大場しょう太

映画情報どっとこむ ralph 志らく師匠:普段は、映画の上映をせずに(シネマ落語を)行うので、内容を丁寧に言いますけど、今日は前に映画を上映してるので、話さなくてもみんな知ってますね(笑)基本は同じですからね、でも話の先が読めないように、オチも変えてみたり、笑いがないところに笑いを入れてみたり。

MC大場:志らく師匠は映画も大好きで、日本映画監督協会に入っており監督もされてますよね

志らく師匠:自主映画で5本ほど制作しました、ジャンルは駄作ですけどね(笑)

MC大場:以前は別の映画祭でお会いし、舞台もされていて、多彩でありながら、シネマ落語をされるきっかけは何だったんですか?

志らく師匠:昔、映画監督になりたいという夢があったんですよね。それが今は落語をしていて。もし、自分が好きな映画を監督したらどうなるんだろうと思っていて、日本を舞台にリメイクするとしたら時代は江戸や明治にして、こうしてなど考えていたら落語でストーリーのベースは残しつつ、落語で挑戦してみようかなと。『スケアクロウ』で挑戦してみたんですけど、始めは評判が良くなかったんです。でもマニアックな映画だったんで、映画好きの人にしか分かってもらえなくて、わざわざその為に映画見てくださいっていうのも押し付けがましい気がして…それでお客さんを何とか、もう少し入れたいって思って、次回は『ダイ・ハード』の落語をします!と言ったらチケットがすぐ売れて、次の本番まで、1か月考えても何のアイデアも出てこない。苦し紛れで「姜馬」(落語の演目)がシチュエーションが『ダイ・ハード』に似てるなと思い、「姜馬」を一席した後、続けてしよう!徳川の埋蔵金を狙って、強盗が家に入り、妹が人質になって、天井裏に隠れながら進んでく。映画の中では、封鎖されたビルの中と外で無線でやり取りするシーンがあるのはどうやって、落語に置き換えようと考えていると「たぬきの恩返し」(落語の演目)のアイデアを使い、狸を無線代わりに使ってみたり、その為に「姜馬」の前に「たぬきの恩返し」も一席してから、『ダイ・ハード』のシネマ落語をしたのが受けて、そのあとからシネマ落語の前に一席、二席しておいて前振をするようになりました。そのやり方であれば『タイタニック』や『オーメン』、何でも出来ますね!でも『エクソシスト』は難しかったですね、30分やるほどのネタが出来ませんでしたね(笑)『ゴッドファーザー』も難しかった、登場人物が40人くらいいるので大変でしたね。『ジュラシックパーク』だけは、どう頑張っても恐竜は何に置き換えられるか、思いつかないですね(笑)


MC大場:話題作から、志らく師匠の好きな作品まで幅広く行っていて、皆さんが興味を持って落語を見るきっかけになればいいですね。

と、締めました。

***********************************


関連記事:


良かったらランキングUPにご協力ください。
にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へにほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ