『Faces Places(英題)』トロント国際映画祭 観客賞ドキュメンタリー部門受賞!


映画情報どっとこむ ralph 9月7日~17日に開催されたトロント国際映画祭で、アニエス・ヴァルダ(88歳)とJR(34歳)の共同監督作品『Faces Places(英題)』が、トロント国際映画祭の最高賞にあたるピープルズ・チョイス・アワード(観客賞)のドキュメンタリー部門を受賞しました。

本作は2018年、シネスイッチ銀座ほかにて全国順次公開予定となります。
「ヌーヴェル・バーグの祖母」とも呼ばれる女性映画監督の先駆であり、2015年にはカンヌ国際映画祭で史上6人目となるパルム・ドール名誉賞を受賞したアニエス・ヴァルダ。そして、一般の人が自分のポートレートをプロジェクトのホームページに送り、大きなポスターになって返送されてきた写真を好きな場所に貼る、という参加型アートプロジェクト『Inside Out(インサイド・アウト)』で知られるフランス人アーティストJR(ジェイアール)。

映画情報どっとこむ ralph 『Faces Places(英題)』は、そんなふたりがフランスの田舎を旅しながら、村々に住む市井の人々と接し作品を一緒に作り残していくロード・ムービースタイルのドキュメンタリー。

第70回カンヌ国際映画祭では最優秀ドキュメンタリー賞 (ルイユ・ドール L’Oeil d’Or:金の眼賞) 受賞しています。


ピープルズ・チョイス・アワード(観客賞)とは
非コンペティションであったトロント国際映画祭(現在はプラットフォーム部門のみコンペティションを行っている)の最高賞とみなされている。

観客賞には、ドキュメンタリー部門、ミッドナイト・マッドネス部門、それ以外の長編作品に対する観客賞の3種がある。


映画『Faces Places(英題)』
2018年、シネスイッチ銀座ほか、全国順次公開

***********************************

監督:アニエス・ヴァルダ&JR
出演:アニエス・ヴァルダ、JR
配給・宣伝:アップリンク
(2017年/フランス/89分)
関連記事:


良かったらランキングUPにご協力ください。
にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へにほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ