チョン・ヒョンソク監督、イ・ソンウォン来日『ヨスの夜の海』したまちコメディ映画祭in台東


映画情報どっとこむ ralph 文化芸術の街「上野」と喜劇発祥の地「浅草」を舞台にコメディ映画の祭典「したまちコメディ映画祭in台東」(略称したコメ)。今年も2017年9月15日(金)~9月18日(月・祝)「第10回したまちコメディ映画祭in台東」を絶賛開催中。

したコメにてインターナショナルプレミアが実現した本作『ヨスの夜の海』。
上映後の舞台挨拶ではチョン・ヒョンソク監督から映画完成までの経緯や撮影秘話が飛び出し、イ・ソンウォンさんは最後に長渕剛さんの「ザ・ストライク・ドリーム」のワンフレーズを生歌で披露し、会場はアットホームな暖かい雰囲気に包まれました。

日付:9月16日(土)
場所:東京国立博物館 平成館
登壇:チョン・ヒョンソク監督、イ・ソンウォン
MC:奥浜レイラ

映画情報どっとこむ ralph レッドカーペット

したコメ恒例人力車での登場!

チョン・ヒョンソク監督
日本に来るのは2回目なんですが、来日してから本当に楽しい時間を過ごしております。日本の監督と共同製作している作品が11月に韓国で発表になるので、そちらも楽しみにしていてください。

イ・ソンウォン
(日本語で)このような素晴らしい映画祭に招待していただいて、嬉しくて、嬉しくて、楽しくて、楽しくて、仕方ないです!

映画情報どっとこむ ralph インターナショナルプレミア上映

制作されたきっかけについて聞かれて

チョン・ヒョンソク監督:最初は演劇としてシナリオを書いたのですが、友人に見せたらこれは映画にした方がよいとアドバイスをもらい、映画として作り始めました。途中で投資の話がなくなってしまい、当初の10分の1の予算しか使えなくなり、僕のクレジットカードで制作費のすべてを払いました。もっと有名な俳優に出演してほしかったが、予算の関係で自分が主演を演じることになり申し訳ないです。製作費を節約するために、撮影期間を短くして、ロケも半分にしました。役者にも裏方を手伝ってもらいました。(イ・ソンホンも棒マイクをもったりしたと告白)イ・ソンウォンの役は、当初なかったのですが、劇団の後輩の彼に出演してもらおうと思って、この役を作りました。

監督と役者を担うことについて

チョン・ヒョンソク監督:監督だけしてほかの役者に演じてもらうと、自分の思う通りのシーンになるまで撮り直さなければならないが、自分が演じると思い通りに撮影ができるから撮影時間も短縮できた。カフェを使うシーンでは貸し切りにしたので、終了時間が決まっていて、どうしても1回でOKにしなければならず、相手の役者と直前にチャミスルを一気して撮影に臨み、無事撮り終えることができました。今回は挿入歌の中の1曲も僕が歌っています。

イ・ソンウォン:(日本語で)今日は朝早くからこの映画を見に来てくれて本当にありがとうございます。日本の皆さんに見てもらえて本当にうれしいです。撮影中ずっと心の中で歌っていた曲があるのでちょっと聞いてください。(「ザ・ストライク・ドリーム」のワンフレーズを熱唱)ありがとうございました!

映画情報どっとこむ ralph
ヨスの夜の海
英題:The Night View of the Ocean in Yeosu

監督:チョン・ヒョンソク
出演:チョン・ヒョンソク、イ・ジヨン、イ・ホヨン
© JUNG Hyungsuk

ソウルで演劇演出家として活動中のジソク。友人と一緒に制作していた作品が突然頓挫、取立て屋から逃げることと、気持ちを切り替える旅をしようとヨス(麗水)に向かう。 ヨス海洋公園に赴くと、そこでジソクは、数ヶ月前ソウルの生活をやめヨスでコーヒー専門店を経営し始めたするミヒに出会う。ミヒが趣味として文章を書いていることを知ったジソクは、彼女がかつてジソクの演劇をみたことがあることも知る。ジソクは、ヨスで新作の構想のために来たのだが、ミヒに惹かれ彼女に文章の書き方の指導も始めていく。 ミヒはその礼にと、コーヒー専門店と一緒に経営しているゲストハウスに宿泊するようジソクに言う。しかしヨス市内でボウリング場を運営しているヨス地元人ドンゴンが、ミヒにほれ込み気持ちを自身に向けようとしている矢先の出来事で、ジソクととミヒを可能な限り遠ざけようとの画策を始める。 そんな中、ソウルからヨスまでジソクを追い、取立て屋がやってくる。ヨスは少しずつそれぞれの思惑で騒がしくなっていく-。

***********************************


関連記事:


良かったらランキングUPにご協力ください。
にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へにほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ